思い出の風景 

100524奥只見湖風景

雲の架け橋/奥只見湖:

100606能登金剛

能登金剛:クリックで拡大

20100810-DSC01495.jpg

20100810-DSC01487.jpg
吹割の滝:
20100810-DSC01490-1.jpg

吹割伝説:
滝つぼは昔から竜宮へ通じているといわれており、村で祝儀などの振舞ごとがある度に竜宮か
ら特別な‘膳椀’を借りていた。必要になるとお願いの手紙を書いて滝に投げ込むと渦に巻き
込まれて深い竜宮へと届けられる。前日には頼んだ数の膳椀がちゃんと岩の上に置かれていた。

お礼の手紙をつけて岩の上にお返しするといつの間にかなくなり竜宮へ届けられた。ところが
ある年のこと借りた膳椀の数を間違えて一組だけ返し忘れてしまった。竜宮では貸した膳椀が
不足していることを知り以後いくら丁寧に頼んでも借りられなくなってしまったとか…。

今でもこの返し忘れた膳椀は‘竜宮の椀’と呼ばれ大切に保存されている。

次回:夏休みのお勉強

[2017/08/12 08:11] 風景 | コメント(-)

思い出の写真 

20091122-P2120014.jpg

いい雰囲気ですね。川のせせらぎを聞きながらのんびりと歩きたい。

20091122-P2120037.jpg

養老渓谷:

091122養老渓谷

20081218-P1260015.jpg20081218-P1260014.jpg

高千穂峡 真名井の滝:
(神話によれば天村雲命(あめのむらくものみこと)という神が降臨の際に、この地に水が
 なかったので水種を移した。これが湧水し滝となって流れ落ちているといわれている。)

20090828-P1890031.jpg

天空の楽園/ 弥陀ヶ原湿原

20090828-P1890041.jpg

続く:
[2017/08/03 07:30] 風景 | コメント(-)

思い出の写真 

20080924-P1100001.jpg

熊野古道を往く平安美女二人:
(この写真は和歌山県からホームページに使わせて欲しいとの依頼がありました)

7/28 日記:秋の‘栄美展’向け20号デッサンやっと出来。「秋のシンフォニー」。これから色づけ。
       これが勝負。 この手のアブストラクトな絵はデザイン(バランス)と色彩で印象が決まる。
       とくに色彩は派手な原色をふんだんに使い、遠近を濃淡で使い分ける。さてどうなるか?
    20170727-P4050009.jpg20170303-P3960017.jpg
完成が楽しみ~!暑いときは何かに集中していることが、暑さを忘れる秘訣かも。熱中症には気をつけてくださいねー!」/ Mさん。
…ありがとう!秋の展覧会観に来て下さい。
はい、行きますよ!明日はめでたい誕生日です。肺炎球菌予防接種受けてきました」/ Mさん。
…よろしく~。55歳ですか?57歳ですか?僕とそんなに違わないですね~。警告:再接種は5年以内に受けないように。

20090420-P1590012.jpg

函館夜景:

7/31 日記:7/30 元年会暑気払い
    20170730-P4050011.jpg

20141121-20141121-P3460026.jpg

清水寺本坊庭園:




[2017/07/27 07:30] 風景 | コメント(-)

印象深い風景〔Ⅱ〕 

20090829-P1900028.jpg

ブナの大樹/ (白神山地)…‘燭台の木’。左端Uの字のところ、ニンフの腰掛けと呼ばれている。
どうしてこんな奇妙な形になったのでしょう?→ これは雪の積もった冬、きこりが雪の表面から出ている木を切ること
の繰り返しでその部分から奇形、こぶができたとのことです。この様は‘あがりこ’と言われていてお母さんの膝から
子供がよじ登っていく言葉だそうです。幹別れしているあたりまで雪が積もるのですね。なんだか可哀想。

DSCF1108-3_20130317220800.jpg

「偉容」:千畳敷カール(宝剣岳)…霧の合間に撮った1枚。その後、あっという間に姿を消す。堂々たる迫力。


DSCF5039-1_201410241701435fc.jpg

西沢渓谷:七ツ釜五段の滝。聞こえるのは滝の音だけ。神秘的。

20170303-P3960017.jpg

「秋のシンフォニー」:大峰高原の林道にて‘百葉繚乱’。この小さな空間にあらゆる色が詰まっている。

次回:7/21 便利GOODS

[2017/07/14 09:12] 風景 | コメント(-)