4人展 

仲良し4人組の仲間展。お近くの方、如何ですか?/INFM。

20170608-P4030038.jpg

20170608-P4030039-2.jpg
‘最高のお顔’です。(I さんは残念ながらご不在)

4人展・170603-2

4人展・170603-120170603-P4030023.jpg
俳句歴◯◯年の福島 彩さん。…「中の吐息」が効いてますね。

20170603-P4030022.jpg
「春の彩り」(岩手県・八幡平)/ 石井さん…ほのぼのとしたいい雰囲気…。(何点かの中の1点)

20170603-P4030025.jpg
永島さん:渋い、味わい深い作品ですね。

20170603-P4030026.jpg

森さん:和モダン風の品格のある作品。

20170603-P4030027.jpg
石井・森さん:

20170603-P4030024_201706042330058c6.jpg
福島さんの革画:特に右側は精緻です。縦約90cm。

次回:6/7 大庭城址公園/続き
次々回:最近の陶芸作品
その次:大塚遺跡


[2017/06/04 07:30] 個展・展覧会 | コメント(-)

国藝展 

国藝展チラシ今中さん

わたくしの友人、今中澄香さんが出品されています。今回は一寸変わった‘けったいな’(本人談)趣向。
しかし作品そのものは相変わらず、すばらしいものです。この展覧会は先生格の方ばかりですからレ
ベルの高さは折り紙つき。覗いてみたら如何ですか?すばらしい写真や特大の絵画も出品されています。

‘けったい’…関西の話し言葉。‘変な’とか‘おかしな’とかの意味で使われる。ぼくも関西なので使った
ことはあります。今中さんの調べるところでは‘希代’と書き、稀なこと…などという意味らしい。英語で言
うと‘Excellent!’か?謙遜で言った積りが、知っている人には自慢ととられるかも。
(右上の‘ブログ内検索’に‘今中’と入れて検索すると彼女の過去の作品が出てきます)

20161216-P3900025.jpg

右端:二頭の象さんがいます。真ん中:赤ちゃんを身ごもりました。左端:誕生しまた身ごもりました。
お盛んな象さんです。この‘像’の絵も‘甲骨文字’。千字文も古代の甲骨文字で書かれています。

20161216-P3900026.jpg

何故、象を取り上げたのか?…なんでも動物園で象が死んだ記事を見て、
象の衰退が哀れになりそれがきっかけになったと話されていました。その
感性に脱帽。

次回:12/19 ‘続・鎌倉の秋’の続き

[2016/12/18 07:30] 個展・展覧会 | コメント(-)

絵の仲間・6人展のご案内 

絵の6人(上西・小俣・近森・播本・山田・村野)展を下記の通り開催致します。お近くの方、散歩、お買い物の途中にでも
ちょこっとお寄りください。ぼくは3点出品。3点の内、1点は裸婦のデッサン。はじめてのことで胸はドキドキ、手はぶるぶる。
ここには恥ずかしくて出せません。現物を見て下さい。毎回、出品者の受付担当はありません。初日は11時頃に参ります。
T氏、H氏夫妻が来てくれるとのことで楽しみです。後はご連絡いただければできるだけ都合をつけて参上します…。
コーヒーを頂きながら歓談いたしましょう。(石田は今回お休み)

20161026124621adb_20161026152823133.jpg

20100101-SDIM0451(1)_20161026124653882.jpg 20161026-P3880030.jpg

左:‘追憶の百人番所/江戸城’(水彩)…参勤交代で大名の供侍が検閲を受けたところ。ノスタルジックで不思議な雰囲気?
    ここで起こったであろういろいろな出来事に思いを馳せて、多彩な色彩の交錯でそれを表現してみました。勿論、自分
    勝手な想像で、聞いてみなけりゃわからないことですけど…。だけど何となく寂しい絵になりました。

右:‘古民家’(油絵)…生活感を出すためにこの後、屋根からかまどの煙を追加しました。そして窓にほんのり灯りを。

習作・裸婦…推定40代前半?の豊満なモデル。黒シートにゴールド、シルバーのペンでスケッチ。
        それに少しパステルで色付け。

次回:ソロ充
次々回:上行寺東遺跡
[2016/10/29 07:30] 個展・展覧会 | コメント(-)

大妖怪展 

江戸東京博物館で開催中:夏休みで大混雑、並んで見ると遅々として進まず。全く動こうとしない人がいる。
せっかちの自分は駄目。仕方なく人の後ろから覗き見。40分弱で出てしまった。(写真はチラシからスキャン)

201607大妖怪展江戸東京博物館1-1
地獄にうごめくものたち:‘へきじゃえ しんちゅう’…邪を取り払う妖怪

201607大妖怪展江戸東京博物館1-2
中世にうごめく妖怪:

201607大妖怪展江戸東京博物館2_0001

201607大妖怪展江戸東京博物館1-4

201607大妖怪展江戸東京博物館2_0002

20160723-P3870005.jpg
ゾ~怖い~~。

真夏にぴったりの怖い絵ですね。同じタイプだから私もすぐに出てきそう(笑)」/ Yさん。
 …同じタイプ?Yさんって、そんなに怖い人?執念深いの?死んだ後出ないでね~お願いしま~す。
 アンジェリク頑張ってね。

ついでに日本の幽霊画を。

日記:庭の水撒きはつらい。蚊である。かなり樹木が多いので外に出ただけでわあ~と来る。上下の防虫ネットを着ても
    半袖だと上から刺されてしまう。それにうっとおしい。そこで使っていない二階の洗面所の立水栓蛇口にニップルを
    取り付け、‘伸びるホース’をつなげ、寝室を通し、ベランダから庭に散水。いや~調子がいい、楽ちん。東西南北
    植木の全部をベランダ・各部屋の窓からまんべんなく散水できる。但し近所の家から何をやっているのか…と丸
    見えになるのが一寸気になる。ホース長は5m、水が通って伸びると15mまでOK。(写真は10mもの。30mまで伸びる)
    100ft_001.gif


次回:8/12 暑中雑感…チョーお硬いお話。

[2016/08/08 07:30] 個展・展覧会 | コメント(-)