最近の陶芸作品

記事の文字サイズを大きく(110%)しました。

20170926-P4060019.jpg

手びねり作品:ぼくとしてはイマイチの出来。陶芸は釜から出してみないとわからない…。織部にした方がよかったかも。

20170926-P4060020.jpg

鉄絵、右は少し薄い。上の方はカーブを付けると持ちやすい、軽く引っ掛けるだけでいいので指が熱くならない。

素晴らしい夫婦茶碗をありがとうございました。いただいた茶碗を手に持った瞬間、これで焼酎のお湯割りを
飲むとうまいだろうな と思い、即刻使用させていただきました。大変口当たりがよいのと、上部が少し開いて
いるので、手に持った時の安定感がとても素晴らしいです。毎晩愛用させていただきます
」/ Mさん。
…左利きのMさんには湯呑みならぬ、ぐい呑でしょうか~。手びねりのいびつさが日本酒に
合っているかもしれませんね。

過去の陶芸作品はここをクリック。

次回:10/4 絵画展のご案内…過去の展覧会はここをクリック。
[ 2017/10/02 07:30 ] 陶芸 | TB(-) | CM(-)

最近の陶芸作品

20170606-P4030028.jpg

20170606-P4030029.jpg

20170606-P4030030.jpg

孫のために作った茶碗とカップ:古信楽の土に透明釉。本焼き後、らくやきマーカーでお絵かき。その後、オーブンで220度、20分。

可愛いですね~!!二人の孫ちゃん、喜んで使ってくれそうですね」/ Mさん。
…ありがとう!これは小5の女の子用。もう一人はまだまだ。もう落ち着きましたか?その内に。

20170606-P4030031.jpg
コーヒーカップとドリップ。
20170606-P4030032.jpg

20170606-P4030033.jpg

20170606-P4030036.jpg
自分用の‘襟元ブローチ’。シャツの襟の間の寸法を測って型紙を作りやってみたが一寸大きい感じで未使用。
20170606-P4030037.jpg
ピンは接着。

次回:6/14 大塚遺跡
[ 2017/06/11 07:30 ] 陶芸 | TB(-) | CM(-)

最近の陶芸作品

20170328-P3970009.jpg

‘タンパン’…とは陶芸用語で硫酸銅を含んだ釉薬のこと。織部とまた違った淡いグリーン色が出る。胆礬と書く。

胆礬(タンパン)という用語、言葉初めて知りました。淡くて渋く美しい青ですね。ここの所、豊洲移転・森友学園・そして
昨日の雪崩の悲しい事故と、あらゆる紙面で取り上げられている時に、素敵な陶器のお湯のみを見て何故か心がほっ
としました
」/ かもめパリさん。

 …コメントどうもありがとう。‘社会現象’への文句ばかりが続く中、タイミングよく出来ました。中々満足の
  行くものになりません。本焼きしてみないとどうなるかが分からないのが陶芸。そこがまた面白いのですが…。
  左側のもの、中の底の方に少し‘ひび’が入ってしまった。素焼きの段階では出てなかったのに~、使う分
  には支障がないとは言え、プレゼント用だから一寸…。仕方ないね。

‘しのぎ’とは縦に筋を入れること。ヘラで削り取る。こうすることで軽くなることと、厚みが残るので
   持つ手が少しは熱くなりにくい。


20170330-P3980002.jpg

20170330-P3980003.jpg

上の方の縁を少し広げると持ちやすくなり、軽く持つだけで落ちない。
               今、僕のシャツの襟元に付ける三角形のピン留めブローチ(ブルー、グリーン)を作成中。
                                                その次は門柱に取り付けるシーサーを予定。

20170328-P3970010.jpg

ハリーさんらしい優しい色ですね~飲み口が朝顔のようで飲みやすそうですね!」/まっちさん。

次回:4/1高級ステーキつくりの凄技教えます(エイプリル・フールにあらず)
[ 2017/03/29 07:30 ] 陶芸 | TB(-) | CM(-)

最近の陶芸作品

20170309-P3960019.jpg

片口酒器とぐい呑(土/赤1号、鉄絵、土灰釉)。差しつ差されつ…いいねえ~。…とはいうものの、当方下戸。残念!悲し~。
プレゼントばかり。一個も残らない。そろそろ秋の陶芸展用を準備しなくては~。門柱用にシーサーなんかいいかな~?

赤1号…鉄分を多く含んだ赤色をした陶芸土
鉄絵…素焼きしたものに,鉄を含んだ顔料〈鉄絵具〉で絵文様を描くこと。
土灰釉(僕たちは‘どばいゆう’と呼んでいる)…薪を燃した後の灰を入れた釉 (うわぐすり) 。
表面に灰のブツブツ痕が出ている。

片口は失敗。注ぎ口の形状が悪くて少し尻漏り。接着剤を盛り付けて修正。注ぎ口のあるものは難しい。
もう一つは指先で挟んで持てるように側面を凹ましたが傾斜が悪くて滑って持てない。
「何回か失敗しないと満足の行くものはできないですよ~」(先生)

3/15 12,000歩。自宅~岩瀬~大船高校~六国見山~明月院~北鎌倉。

20170316-P3970007.jpg

20170316-P3970008.jpg

フリーカップ

次回:3/18 鎌倉散策〔Ⅲ〕
[ 2017/03/14 07:30 ] 陶芸 | TB(-) | CM(-)