FC2ブログ







‘許す’ということ。〔Ⅲ〕

最後の一つ。15年位前のこと。大企業から転職。自分で云うのも何だが‘三顧の礼’で迎えられた。
社長は下にも置かぬ扱い。周りの幹部の嫉妬、嫌がらせ。暫くして社長の秘書(美人)とひょんなこ
とから二度ほど食事。これがいけなかった。良く云う‘社長と秘書の関係’。「私を裏切った、随分
悩んだがこうせざるを得ない」…という事で、降格、報酬も減額。今までの部下が上司に。幹部連

中の寄って集ってのパワハラ。この時は恨んだ。たかだか食事をしただけだ。呪い殺せないかとも
思ったことを憶えている。社長の思いつめる性格を考えたらこうなるかもしれない。盗られたと思っ
たのだろう。その後、数年して亡くなった。随分昔のことだ。許そう。しかし僕も不用意だったかも
しれない。社長秘書とは距離をおくべきだった。…この時のつらい経験でぼくは打たれ強くなった。

最後に。マッチさんの言われる‘自分を許す’。2つある。一つは40年前のこと。これはここでは
書けない。もう一つは妻がこうなってしまった半分の責任は僕にあると思っていること。本人に
は病床で謝った。許してくれていると思う。…以上、湿っぽい、面白くもない話が長くなりました。
瀬戸内寂聴さんの説かれる‘許す・許されること’で人間幸せになれるかもね。  おわり。

5/1 日記:上郷苑訪問 → リリス 福島さんの写真を拝見に。いい写真でした。‘道具’を新しく
      されて一層腕が上がったかな?石井さん、前田さん、伊藤さん、両井上さん、
      原さん、青木さんの写真もすばらしかった。ぼくもどこかへ撮りに行きた~い。
      明日は絶対に掃除をするぞ!

5/2 日記:上郷苑訪問、部屋に‘吊るし飾り’を飾る。自分との約束通り掃除実施。お掃除
     ロボットが欲しいがうちでは無理そう。あっちこっち引っかかって動けないだろう。
     明日も行く予定。僕の20号の絵‘秋のシンフォニー’を持ち込む。

5月1日 新・天皇即位:(クリックで拡大)

20190501-P4280021.jpg 20190501-P4280022.jpg

20190501-P4280023.jpg 20190501-P4280024.jpg

次回:闘病記…また湿っぽい、暗い話。他に無いんだよな~、どこにも行ってないし。
[ 2019/05/01 07:48 ] エッセイ | TB(-) | CM(-)

‘許す’ということ。〔Ⅱ〕

高校時代からの親友。家族ぐるみの付き合いだった。それが‘ひょんなこと’から断絶状態になって6~7年。
同じ高校の友人達4人夫婦と定期的に会合を持っていた。僕が幹事の時、日程調整のやりとりで余りの身
勝手さに頭にきてその会を退会。必然的に彼とも疎遠になっていった。来る年賀状も奥さんの代筆。こちら

から出さなくなった。来たら出そうと思っていたが来なくなったのでそれっきり。それほど深刻な理由ではな
い。まさに‘ひょんなこと’からである。相手もそう思っていたみたい。‘許す・許さない’…というほど大げさな
話ではないのだがいまだにどちらからも接触しようとしない。互いに意地っ張りなのである。何か大勢集まっ

た時にたまたま会うようなことがあれば「水に流そう」と言えそうだが、わざわざ表明するのは一寸…。他の
二人の友だちとは年賀状のやりとりは続けている。前にその一人の友だちから「もういいじゃないか」…と
仲裁の電話があったが断ってしまった。その時はまだ余程腹にすえかねていたのだろう。どうしたものか~。

以前にその話は聞いてますが、まだ気にしてるのですね。気にならないのだったら、そのままでよいと思うし
(他に友が居ないわけではないから)気になるなら、折れて連絡するのも良いと思います。ハリーさんがその
人を好きか嫌いかに掛かってると思います。そのことで、気に掛かるなら死ぬまでにご連絡をどーぞ!反対
の立場にたって、怒ってる友が連絡くれると嬉しいでしょ!?私なら、即刻連絡しますがね(笑)

/…こだわらない人より。

…なるほど、‘好きか嫌いか’…か~。半世紀以上の付き合いだから‘嫌い’って訳はない。‘好き’か?
 って言われても相手が女性じゃないし~そういう感覚ではないな。青春時代から57年間の付き合い
 、それがこんなことで‘ボツ’になってしまっていいのか…という思い。考えてみよ。ありがとう。

4/29 日記:昨日、今日(29日)と2日続けて訪問。今日は一寸ご機嫌斜め。‘触らぬ神に祟りなし’。
      今日もすりいちご、プリン、トマト野菜ジュース持参。その後すぐに出たおやつも含めて
      ぺろっと。食欲があるので安心。45分左腕の低周波マッサージを行う。帰り際、Sさん
      (ケアマネ)に今後3ヶ月のケアプランを頂く。また管理栄養士のTさんに介護食品につ
      いて教えて頂き、パンフを貰う。皆様、ありがとうございました。今後ともよろしく。

4/30 日記:平成最後の日。今日こそはと久しぶりに部屋の掃除をと意気込んでいたが、身体が
      だるくて延期。食欲もいまいち。ぐだ~っとしてこたつでビデオ三昧。情けない!
      誰かさんに「無理をしないで」と言われているんでまあ~いいか。

天皇陛下退位の儀式:

20190430-P4280006.jpg 20190430-P4280008.jpg 20190430-P4280009.jpg

‘深い信頼’と‘敬愛’を…のお言葉。今日で平成終わりか。感無量。平成元年に日産から転籍になった
仲間と‘元年会’を結成。創設者である僕が25年位幹事をやってきた。今は若手に交代。年2回集まって
31年。よく続いたものだ。その時はまさかもう一回、元年がくるとは想定外。

続く:もう一つ。5/1 〔Ⅲ〕

次回:闘病記(親しい方々への近況報告、…と、自分としてのまとめ、治療中の方への参考に)
次次回:相変わらずネタなし。考えます。
[ 2019/04/29 07:06 ] エッセイ | TB(-) | CM(-)

‘許す’ということ。〔Ⅰ〕

先日の新聞にこんな投稿があった。「人の言動に厳しい私はことあるごとに、この言葉に出会い、ハッと
させられることが多い。ある映画の場面で老父の「許すことを覚えよ」という息子への遺言、‘鏡の法則’
という書物には‘人を許すことが人生を好転させる’と説かれていた」。「また瀬戸内寂聴さんの談話で

健康の秘訣として挙げられた3つのうちの一つが「許すこと」だった。…「許す」は私の後半生を左右
する大切な言葉になると思う」。………… 自分の場合はどうか?!‘つまらないこと’で
仲違いしてしまったことなどないか、…振り返ってみよう。

許す」深い意味のある良い言葉ですね!努力したいと思います。自分に甘く人には厳しい私なので(笑)
 ハリーさんは何でもできるように努力する方なので、自分にも人にもきびしいと思いますが、まずは、
 自分を許してあげればいかがですか?
/ マッチさん。

 …‘自分を許す’という発想はなかったなあ、‘家族のこと’で言ってくれてる
  のだと思いますが…。じ~んと来ます、ありがとう!。まずは他を許した
  後、自分かな?(…と言ってもその他人は気持ちの中では許しては
  いるんだが…)
  
4/27 日記:昨日も今日も行かず。体調いまいち。無理して行ってこじらせても困るし。
      明日は行こう、お天気みたいだから。おみやげは盛り沢山。いつもの野菜
      トマトジュース+リンゴ酢、レモンヨーグルト、プリン、いちごのすりつぶし
      +練乳。いっぺんには食べ過ぎかな?

続く:4/29 〔Ⅱ〕
[ 2019/04/27 07:54 ] エッセイ | TB(-) | CM(-)

トランプ旋風

連日連夜、マスコミを賑わしているアメリカ新大統領。何から何まで異例の連続だ。アメリカの大統領と云えば品格・品性・教養に
満ちたバランス感覚のとれたゼントルマンというイメージであった。ところが今回は全くの正反対。一国の指導者というより手強い
ビジネスマンという振る舞いだ。ビジネスマンは自分(達)の利益のみを追求する。当たり前のことである。しかしアメリカの大統領
ということになるとどうであろうか。感覚・直感で政策を推し進める。例えばテロリストが紛れ込んでアメリカで悪さをするかもしれな

いからシリアやオーストラリアからの難民入国を拒否する。或いはアメリカ人の職を奪うからシャッタアウトする。言っていることは
一理ありそうだが、多方面に影響を及ぼす重要政策をそれだけのことで決めてよいものだろうか、全体のバランスを考えた決定
が求められている。兎に角、やりたい放題の状況だ。この先どうなっていくか予断を許さない。翻って日本にとってどうなるかであ
るが、国防を考え直す上で正に絶好のチャンスだと思う。彼は「日本のアメリカ軍事基地の費用負担を全部持て!」などと言って


いる。今、7割の費用を負担しているがこれでも足りないというのだ。日本は世界の各国の中でも最高の負担率を負っている。
それはともかく、昨日、安倍総理大臣は首脳会談のために訪米した。そしてゴルフ外交。「近づきすぎ!」との声も出ている。
「そ~れ、見たことか」…‘腰巾着外交’にならなければいいが、お手並み拝見…と行こう。さて本題の国防についてである。
「世界の警察官は辞めた。自分のことは自分でやれ」ということを言っている。本来的には至極当然のことである。

日米安全保障条約はどんな時にも機能すると思うか、思わないか…大統領が誰になろうとも、アメリカ国民の意識の如何に
拘らずだ。ぼくはかなり危なっかしい…と感じている。特に日本の為に大事な息子・親族を戦死させることによる米国世論の
動向である。そのような戦争事態が起これば、‘安保条約’を破棄せよという世論が沸き起こってくる可能性があろう。トランプ
支持の国民が半分いる。そんなことは絶対ないか?何とも言えないだろう。政治はあらゆるリスクを考えなければならない。


中国が尖閣に上陸したら、自衛隊が出て行って一発ぶち込みますか?中国がやり返したら、
 二発目ぶち込みますか?????戦争に突入しますか??????困ったもんです。
」/ NFさん。
…一発目、槍でつついたら相手は反撃してくる。更に槍でつつく?これは戦略としては素人。一発槍で
  突いた後、日米のネットワーク防衛網を効かせ、相手がどう出てきてもグーの音も出ないように広域に
  わたって叩き潰す総合戦力が求められている。この力を明示できれば強力な抑止力になり他の仮想敵国
  に対しても十分抑えが効くことになる。下手なことをしたら倍返しどころか十倍返しになって返ってくることを
  肝に銘じさせることである。

2/11日記:今日はモツレク初練習。某混声合唱団に臨時入団。大分進んでしまっていて途中からになるが
    何とか追いつくだろう。矢男の5/13発表会も特訓中だし大丈夫かな~?
    →フォーレのレクイエムに比べ格段に難しい。1年以上はかかる長丁場になりそうだ。

日本は世界でただ一つの被爆国であるが故に国民の心に‘核アレルギー’を醸成してしまった。あの小さな仮想敵国がとうとう
アメリカまで到達する核弾頭(ICBM)を持つに至る。突然何をしでかすかわからない国である。経済ではダントツの日本でも
1対1で戦ったら負ける。核弾頭を東京、大阪、名古屋などの都市、全国に散らばる米軍基地、原子力発電所などを一斉攻撃
されたら完全に‘日本沈没’である。これから50年、100年、アメリカとの同盟がどうなろうとも、こんなことは絶対ありえないか?


‘自分のことは自分で守る’…この基本的なことを全うするには核弾頭などの最新兵器を自前で揃えなければならない。その
ためには軍事費の増額や世論の理解を得なければならない、これは至難の技である。多分永久にできない。…だとすれば
‘米軍の傘’に守って貰うしか方法はない。…ということはアメリカの言うことはほとんど何でも聞くという従属的な関係はいつま
でも続くということを認めなければならない。‘守ってくれ、だけど対等だ’などという虫の良い話は通用しないと思うのだが…。

2/12日記:息子の美容室‘8hair’の決算、確定申告、消費税算出完了。4年間やったにわか税理士今回で終了。
       以降法人化移行に伴い、税理士事務所に依頼。源泉徴収、社会・雇用保険など一寸手に負えない。
        今回から‘マイナンバー’の記入が必要。これで所得一網打尽か。

次回2/15:大船観音…日々の散策
[ 2017/02/10 07:30 ] エッセイ | TB(-) | CM(-)