モーツアルトについて〔Ⅲ〕 

死の前日義兄フランツ・ホーフアーや友人、妻コンスタンツエたちとレクイエムの「ラグリモーザ」
を演奏している絵が残っている。「レクイエム」はやはり本人自身のレクイエムになってしまった。
この「ラグリモーザ」はほんとに悲しみがよく表現されていて1番の出だしと共に一番好きな曲だ。

「レクイエム」第8曲 「ラクリモーサ/涙の日」…本人の作曲は、合唱部は6小節のみ、管弦楽部は2
小節のみ。残りは弟子のジェスマイアーが創る。死の前に、モーツアルトが補完をしてもらうための自
分の考えを説明したとの記録が残っている。

最後のひと時の寛ぎ/F.シャムスの原画から、リトグラフ。

mozart-in-the-bed.jpg s-de30-002.jpg

臨終について:
死の前、妻の妹ゾフイーに「明日は1日そばにいて欲しい」と頼んでいる。何故、妻ではなく妻の妹なのか?これも謎。
…臨終の時に傍にいたのは妻のコンスタンツエ、妹のゾフイー、医師のクロセットの3人であった。最期の時、ゾフイー
がモーツアルトの身体を抱きかかえるように看取った…ということがゾフイーの回想記に残っている。妻のコンスタンツ
エはどのような気持ちでそこにいたのであろうか?

s-de30-003.jpg
ベッド脇の子供は息子カールか?枕の側はコンスタンツエかゾフィーであろう。毛布の上にレクイエム
の楽譜が置かれていたとのこと。
A3B1A3B9A3B6A3B4B9E6.jpg

12月5日の午前1時に亡くなって、翌日早々と埋葬。これは少し異常。埋葬規定では伝染病など
急を要する場合は認められているが‘急性粟粒疹熱’は伝染病ではない。恐らく誰か(複数)が何
らかの理由で埋葬を急いだとしか考えられない。有名人の死が一般市民にも告知されなかった。
埋葬日は記録では7日になっているが、葬式当日は雨まじりの雪でしかも風が強かった。7日の
気象記録には該当しない。

*…粟粒熱(ぞくりゅうねつ)はイングランドと後にヨーロッパ各地を襲った、重篤な疾患。
1485年に登場し、1551年以降現れていない。急激に発症し、数時間のうちに死に
いたる場合もあった。現在でも原因は不明である。

出棺には数人の友人と3名の女性(妻はいない)が同行したが荒天のため途中で引き返す。墓地へ向かった
のは馬車だけ。そして貧民用の共同墓地(大きな穴が掘られ袋に入れて石灰と共に投げ込まれる)。
未だ正確な場所の特定はできない。大作曲家がこのような形で葬られる例はない。やはり死因がミステリー
なのである。


grave04.gif
(雪のサンクトマルクス墓地/ウイーン。左;入口 、右:この辺り?)

コンスタンツェはその後1809年デンマークの外交官ゲオルグ・ニコラウス・フォン・ニッセンと再婚。
1842年、80年の生涯を閉じた。


781A1A1AR1A1A1AX1A5E1A1A1Ac1AF.jpg
右は夫、ニッセン(家族の記念写真だろうか?コンスタンツエの身体と顔のいち関係が
おかしい。後から付けたのか?)

それでは16日のコンサート、モツレクをお楽しみに!

7/13日記:最近体調すぐれず。今日は病院のはしご。三つ。頭痛、微熱がとれない。耳も痛かった。
       噛むと奥歯が痛い。耳鼻科、歯科、脳神経内科どれも特に問題なし。じゃあ何でだ?
       やはりストレス性緊張型頭痛か??暫くロキソニンの服用でしのぐしか無い。
[2018/07/12 20:28] その他 | コメント(-)

モーツアルトについて〔Ⅱ〕 

続編。興味のない方には申し訳ないです。体調良くないし外に出ておりません。

1791年、秋口から急速に健康が悪化。12月5日に亡くなった。余りに早い死に多くの死因説が浮上。

・公式死亡診断…急性粟粒(ぞくりゅう)疹熱:これは正式な病名ではなく症状(水泡)を説明したもの。
        当時、ウイルス性感冒が流行っていた。インフルエンザの症状には水泡状の症状が出
        ることがある。

主な死因説:
①…友人ヴァン・スヴィーデン男爵の父親(高名な医者。梅毒主治医)による水銀投与、
中毒死。この友人が葬儀を取り仕切り、妻のコンスタンツェと相談し、あたふたと
共同墓地に埋葬してしまった。あたかも検死解剖を恐れるかのように。(未だに埋
葬場所は不明)このことがひっかかる。

②…死亡の年1791年ウイーンで大流行。5000人近くが死亡。インフルエンザウイルス。

③…死の44日前に豚の生肉を取り寄せ食す。潜伏期間約50日。近所の女性も同じような
症状(発熱、発疹、関節痛)で死亡。症状同じ。生肉を食べる食生活があった。

④妻コンスタンテェによる毒殺説…埋葬を急いだこと、葬儀に参列しなかったこと、モ
ーツアルトの借金をやめさせたかったこと、夫の浮気を快く思っていなかったこ
と、借金の返済期限は1792年10月1日。返せないと家族、身内にまで累が及ぶ(契約)。
金になる楽譜を手に入れる立場にある。死後に手紙の類は一切破棄している。死の様子
を一切話さない。葬儀に出ない。毎日少しづつ毒(トフアナ遅効性)を入れられるのは一
緒に生活している妻だけである。…状況証拠からかなり怪しい。(コンスタンツエの母ツエ
ツィーリアも関与している可能性は多分にある)

⑤モーツアルトの弟子(ピアノレッスン)マグダレーナの夫、フランツ・ホーフデメール
による毒殺説。妻の不倫に対する恨み。12/5モーツアルトの死を知ったその日、妻をカ
ミソリで殺害後、自殺。

⑥サリエリ毒殺説…現在の通説では否定的。サリエリはモーツアルトより各上で富も名声
も名誉もあった。当時のモーツアルトは銀食器を売らねばならぬほど生活に困窮していた。
またサリエリはモーツアルトの曲を進んで指揮もしている。あり得ないだろう。これは多分に
ロシアのプーシキン1830年の戯曲「モーツアルトとサリエリ」の筋書きが影響しているのでは
ないかと思われる。サリエリがモーツアルトの才能に嫉妬した(映画アマデウス)なんてこと
はないであろう。よしんば嫉妬があったにせよ、それで殺すなんてことは考えられない。

以上、説明してきたがどれも確証はない。


モーツァルト 交響曲 第40番 第1楽章

以前お弟子さん達のピアノ発表会で私ともう1人の教師とで連弾したことが思い出されました。懐かしい曲です」/ Yさん。
…すごいね。Yさんのピアノ一回聴いてみたいな~。

7/10 日記:頭痛が治まらないのでマッサージ(港南台バーズ3F)へ。45分間やってもらった。確かに直後は
       気持ちいいし身体が軽くなった感じはするが頭痛はとれず。何が原因かな?困った~。こんなこと
       は初めて。本来、頭痛持ちじゃないんだけど。どうもストレス性緊張型頭痛ってやつらしい。

いつか、ピアノ聴いてください。ソロの物は不得手ですが、伴奏は好きなので。頭痛嫌ですね。私も頭痛持ちでない
ので、肩凝った時のあの感じ嫌ですね。ストレッチしたり体操したり、発声真面目にやると肩ほぐれますよ。お大事に。
冬は肩こりがひどいので、以前は週1のテニススクールを習慣にしていました。どうぞお大事にね!!
」 / Yさん。

[2018/07/07 12:49] その他 | コメント(-)

モーツアルトについて: 

7/16 鎌倉芸術館での‘あすなろ混声’の発表会が近づいてきました。チケットお渡しした方、忘れずによろしくお願いします。
今日は発表会のメインの出し物‘モーツアルトレクイエム’のモーツアルト、特に不可解な死因について少し解説します。
(わたくしは湘南モーツアルト愛好会の会員です)

モーツアルトmozart02_e.jpg

モーツアルトの死因にはさまざまな説がありその数は155にのぼっています。定説は皆さんもご承知の
‘サリエリ毒殺説’。映画アマデウスで一躍有名になりましたがこれはどうも怪しいです。

・モーツアルトは1756/1に生まれ、1791/12/5、36歳で亡くなりました。
・人生の約1/3は宮廷楽長の地位を求めての家族との長い長い旅生活。回数は17回にも及びました。
・音楽に関しては天才の中の天才。没後220年たった今でも衰えない人気。しかし日常の彼は奇行、蛮
 行、下品(引用)、粗野、不倫、浮気(妻の姉
アロイジアとも)、買春、およそあのすばらしい曲を作る人間とはかけ離れたものでした。
その大きなギャップが魅力なのかもしれません。

小さい時から音楽一辺倒の英才教育を受け、天賦の才能と相まって突出した音楽家に成長した。しかし
反面、日常生活のことや、常識、自分を抑える理性など音楽以外のことについては大きく欠落していた。
いわば一つの傑出した才能だけ持ってそのまま大人になったような‘子供大人’。従って、聞くに堪え

ないような卑猥な冗談を言って人を笑わせその場を楽しませるエンターテイナー、決して本人には悪び
れた気持ちはない。そのような天衣無縫な人物であったようだ。ひとたび依頼があって作曲にかかれば
寝食を忘れて没頭し常人ではまねのできない短期間ですごい音楽を創ってしまう。はやり天才。

・また彼は梅毒にかかっており、あばた顔で肖像の絵のような‘イケメン’ではなかったようだ。

死の1年前、パトロン的存在であった皇帝ヨーゼフ崩御の年には膨大な借金問題が深刻化。翌年亡く
 なる年は超多忙。多くの舞踏曲、ピアノ協奏曲27番、弦楽五重奏曲、アヴェ・ヴェルム・コルプス
二つのオペラ「皇帝テイトの慈悲」、魔笛、クラリネット協奏曲、そして最後のレクイエムなどを作曲。


アヴェ・ヴェルム・コルプス
 

最後のピアノ協奏曲第27番

   
弦楽五重奏曲      

秋口から急速に健康が衰え12月5日に亡くなった。余りに早い死に多くの死因説が浮上。

・公式診断…急性粟粒(ぞくりゅう)疹熱:これは正式な病名ではなく症状を説明したもの。当時、ウイル
      ス感冒が流行っていた。インフルエンザの症状には水泡状の症状が出ることがある。

・その他の主な死因説…梅毒治療のための水銀中毒、連鎖状球菌咽頭炎、寄生虫病、恨みによる毒殺説
           (妻コンスタンチェによる毒殺、不倫相手の夫ホーフデーメルによる毒殺)、
           腎臓疾患、リューマチ性炎症熱、尿毒症、甲状腺腫、フリーメーソンによる暗殺
           医療ミス他多数。
[2018/07/03 11:11] その他 | コメント(-)

あずきのチカラ 

首筋・肩が凝っていて頭痛がとれない。たまたま娘の家に行ったらこれがあって試してみたら楽になった。早速購入。
いつも肩に乗せておけるので便利。こんなものが有ったんだ~。皆さん知ってました?(宣伝ではありません)
電子レンジで2分加熱、使用時間は大体20~30分。繰り返し加熱可能。

あずきのチカラ

20180701-P4180023.jpg

[2018/07/01 16:07] その他 | コメント(-)