あやめ科特集 

090613フラワーセンター
以下10点の花菖蒲を紹介します(1点だけあやめ)。それぞれに名前がついていますが創られた方の命名でしょうが由来をあれこれ想像するのも面白いですね。

‘秋の錦’:
090613フラワーセンター

‘舞子の浜’:舞子の浜はよく知っていますがどういう関連かな~?
090613フラワーセンター

‘友鶴’:白鶴のイメージですかね?
090613フラワーセンター

‘沢辺’:これは?創作者の名前??
090613フラワーセンター

‘神子神楽’:
090613フラワーセンター

‘墨絵の竜’:
090613フラワーセンター

‘深芳野’:(あやめ)
‘「あやめ」の語源は「網目状の模様」~変化して「アミメ・・・アヤメ」の説もありますとか’…及川氏コメント。
090613フラワーセンター

‘五月雨’:
090613フラワーセンター

‘紅の糸’:
090613フラワーセンター

‘雪嵐’:ぼくはこれが一番すばらしいと思います。華やかですね。
090613フラワーセンター
[2009/06/30 21:00] | CM(0)

フイルムステンド・デコパージュ作品展 

横浜市栄区の及川久子さんが‘さくらラウンジ・ギャラリー’(045-895-4321)で個展を開いておられます。6/18~29(月)10時~16時。お近くの方は如何でしょうか?輝かしい経歴に裏打ちされた技術で大変に手のこんだすばらしい作品ばかりです。(尚、多少の周囲の写りこみご容赦下さい)
090625及川久子氏作品展

090625及川久子氏作品展

  「アミー・ドウ・デコパージュ」教室案内:
    ・本部教室(栄区野七里)…第二火・水・木、10時~12時、13時30分~15時30分
    ・横浜市老人福祉センター‘翠風荘’…第二・四土曜日10時~15時(60歳以上)
    ・問い合わせ先…045-893-5920(及川)

090625及川久子氏作品展

‘花とリボン’:
090625及川久子氏作品展

‘バラ’:
090625及川久子氏作品展

‘カラー’(左)。‘花瓶’(右)…細かい模様は‘転写の技法’が使われています。:
090625及川久子氏作品展

‘宝石箱’:この中に大切な宝石沢山入れたいところですね~。
090625及川久子氏作品展

‘窓辺の花’:デコパージュに合わせて額を特注、更にそれに合わせてフイルムステンドを作成。大変に手のこんだ作品です。(デコパージュを含めた額の厚みは感じで20cm位でしょうか?)
090625及川久子氏作品展
[2009/06/25 15:33] 個展・展覧会 | CM(0)

三渓園(2) 

三渓園(あやめ)

聴秋閣:
三渓園聴秋閣090610

三重塔:
三渓園三重塔090610

月華殿:
三渓園月華殿090610
(参考:昨年11月の紅葉の時の写真

大銀杏の木:
三渓園大銀杏の木090610

臨春閣:
三渓園臨春閣090610

今後の三渓園の主なイベント予定:
・夏の古建築全棟一挙公開8/1~16
・観月会10/2~6(建物のライトアップあり)
・紅葉の古建築公開11/21~12/13
・紅葉の夕べ11/21~23、27~29、12/4~6、11~13(ライトアップあり)
[2009/06/20 08:00] 風景 | CM(0)

書画展 

090613麗筆書遊会鎌倉芸術館

横浜栄区の鳴島幸三氏が‘30周年記念麗筆書遊会展’に書画を出品されましたので関係者にご紹介します。
(なお額のガラスの反射を避けるために多少斜めに撮っています。左より鳴島氏、中山麗光先生。その隣の人は付録。)

‘見上げてごらん夜の星を…’はコーラスで一緒によく歌いました。何とか?という字体だそうですが覚えていません。
090613麗筆書遊会鎌倉芸術館

‘悠々として急げ’この開高健の言葉が大好きだそうです。具体的にはどういう意味ですかね?‘おたおたせずきちっとしたスタンスで前進せよ!’ですか?かっこいい!
090613麗筆書遊会鎌倉芸術館

千利休百首NO27~28:幸三氏、絵もなかなかのものですね~。
090613麗筆書遊会鎌倉芸術館

般若心経:

『般若心(プラジュニャーパーラミターフリダヤ)経』は、日本では天台宗・真言宗・臨済宗・曹洞宗・浄土宗などで広く読まれるお経です。全600巻という膨大な量の『大般若経』から、いくつかの文章を抜き出して独自の解釈でまとめたものです。ですが、『般若心経』は観自在菩薩が「般若波羅蜜多」の真言を説くという点で特殊です。
 日本で一般的に知られている『般若心経』は、西遊記の三蔵法師のモデルである玄奘三蔵が翻訳したものである言われていますが、鳩摩羅什の翻訳とほとんど同じでもあり、確かではありません。(引用)

090613麗筆書遊会鎌倉芸術館

最後に中山麗光先生の十数点の出品の中から‘若山牧水 酒の歌 二十首’を~。透明な紙に透明な墨で書き裏に黒い和紙を貼ると字が浮き出てくる(?)そうですごい大作です。(横幅約2m)
090613麗筆書遊会鎌倉芸術館
[2009/06/14 08:00] 個展・展覧会 | CM(0)

三渓園(1) 

三渓園(あやめ)
生憎の曇り模様で空が青く写りませんでしたが2回に分けてUPします。なお今週金、土、日と19時頃からホタル鑑賞会が行われます。ホタルの量は多いですか?って聞いてみたら‘昔ホタルを見たご年配ならあ~こんな程度か。そうでない方なら結構感激するかも~’とのこと、うまい説明ですね~。

合掌造・旧矢の原家住宅(岐阜県白川郷にあったものを御母衣ダムの建設で湖底に消える前に移築。重要文化財)
天井裏
はこのようにいろいろな当時の生活道具などが保管されています。
三渓園矢の原住宅

囲炉裏のある部屋から:しっとり、ひんやりした‘たたずまい’がなんとも気持ち良いです。他はこんな感じで暗いですがなんとも言えない独特の‘匂い’があって時代を感じさせます。
三渓園矢の原住宅

旧東慶寺仏殿:室町時代に建てられた鎌倉東慶寺の仏殿で明治40年に三渓園に移築されました。(重要文化財)
三渓園旧東慶寺仏殿

境内のアヤメ(?):(これは‘アヤメ’でしょうか?‘かきつばた’でしょうか?花びらの基のところが黄色ですから‘花菖蒲’ですかね?多分。→花菖蒲に確定!見分け方はこうだそうです。一つ勉強しました。)
三渓園(あやめ)

こんにちわ~~!:(何という鳥?エイリアン?)
三渓園(あやめ)
[2009/06/10 19:30] 風景 | CM(0)

ホタル 

今日、近くの荒井沢に源氏ホタルを撮りに行きましたが一寸まだ涼しいためか乱舞とは程遠い感じでもう少しむしむしした日がいいようです。最初の出始めはゆっくりと飛んでいますがその内お目当てのメスを見定め突進します。この時が狙い目。そして卵を産んで2~3日が寿命とのこと。できたら日曜日にまた行ってみたいです。時刻としては20時、21時頃が最もいいですが蚊が多いからそれなりの対策を。6/中位がピークじゃないですか?7月に入ると小ぶりになりますが平家ホタルです。
荒井沢ホタル090609



[2009/06/09 21:24] 風景 | CM(0)

ブツブツ独り言。 

   ああ
      無残!
          怒りを
              見せない
                    柔和なお顔

約1年振りのブツブツです。‘足利事件’、‘菅家さん釈放’、‘逮捕から17年「謝ってほしい」’…新聞の見出しです。最近の世相・政治にはややあきらめムードでいましたが久しぶりに怒りで驚愕・愕然としました。皆さんも多分同じ気持ちではないですか?とにかく犯人らしいと目星をつけ、拘引して、

自白に追い込み、逮捕。証拠は後から追っ付け。昨日の朝日TV‘サンデープロジェクト’に弁護士共々出演されていましたが、とにかく‘自分がやりました’と言うまで何回も繰り返し‘ほんとうのことを言え、ほんとうのことを言え’と言われ‘今まで言ってきたことはほんとうのことでは無いんではないかという心理状態

に追い込まれとうとう‘自分がやりました’と言ってしまいました…とのことです。世の中精神的に強い
人間ばかりではないです。人間の弱い面を心理的に突く恐ろしいやり方です。その後の新しいDNA鑑定結果での再審請求も宇都宮地裁は6年か7年放置し時効を迎えた後に‘却下’!…なんという鬼畜の如き所業で

しょう。田原さんも憤り‘こんな裁判長は逮捕だ!’と言ってました。裁判所としては絶対に釈明・謝罪はしないような‘制度’になっているそうです。要するに‘権威主義’です。兎に角、当時の警察・検察・裁判所、雁首揃えて菅家さんの前に土下座して謝れ!と言いたいです。仮にそんなことしてもらっても失われた17年は戻って来

ない、先立たれたご両親、子供さん達の無念心労いかばかりか…。世の中どんなおかしなことがあっても
仕方ないですがこういうことだけは許されることではないです。自己の職務に絶対的なプライドがあるのならそのような断を下した責任者は潔く‘自決’位したらどうでしょう?。他人のことには断を下せても自分のことに

なるとそんな勇気のかけらも無い連中でしょう。‘二度とこの様な事が起こらないように反省すべき
は反省し…’などと常套句を並べても多分その場限り。現在今拘留中のケースでも表に出てないだけで実際問題は恐らく??!!本音を言えばこんな当事者にはなりたくないものです。えらい目にあわされ人生無茶苦茶にされてしまいます。


最後に今後、国が菅家さんに対してどのような賠償保障を行うのか共に見守りましょう。(長文・表現、乞許)
(今週は本牧三渓園、荒井沢の源氏ほたる、N氏の書道展の写真を撮る予定です)
[2009/06/08 12:18] 言いたい放題 | CM(0)

金沢自然公園 

P1720008-3.jpg

 こんな
     近くに
         こんな
             いいとこが…
                   ありがとう!


今日は動物園もお休みで人にもほとんど出会うことなく静かな自然のたたずまいを満喫。その前に回り道をしてボランテイアさん達が維持している近くの‘お花畑’に立ち寄りました。歩数トータル約1万歩です。

‘デイル’:変わった名前ですよね、皆さん知ってました?(dill、セリ科)
金沢自然公園にて

‘ガウラ(白蝶草)’:これも珍しい?(gaura、アカバナ科、山桃草)
金沢自然公園にて

‘ののはな館’から‘しだの谷’辺りの風情はしっとりとしていてすばらしいです。生憎の曇り空でしたが木立の間から光が射し込んでいれば味のある絵になったと思います。秋の紅葉はすばらしいようですよ。
金沢自然公園‘しだの谷’へ向かう道

最後にアルパカ君の仲良く寄り添う姿を(氷取沢牧場)。口先をムニョムニョ動かながら餌を貰います。こちらの指がくすぐったくなる位~。臆病だけど人懐こくって可愛いです。
氷取沢牧場アルパカ09/6

‘距離測’を二つに分けているのはその間は車で移動したため。

(大きな画面で見る場合は縮尺1/8000位で右にある‘吹き出し’のチェックを外して見て下さい。
地図をスクロールするにはマウスを左クリックしたまま自由に動かして下さい。)

[2009/06/01 21:09] | CM(0)