竜馬暗殺考(2) 

(河原町の醤油商近江屋古写真…暗殺の現場。一寸わかりにくいですがこの床の間を背にして土佐陸
援隊隊長中岡慎太郎と歓談中に襲われる。長刀が使えないほどに天井が低く右から左方向の斜め天井
となっており窓際近くでは頭が天井につかえてしまう高さです。竜馬は斬られた後この部屋の手前側
の6畳の部屋まで這って行きこときれていた)、(掛軸が掛かっていたのは丁度真ん中の壁かその右
側です。右の方が当たりかも~)
100701近江屋古写真

竜馬は掛け軸の掛かった床の間を背に座り中岡と火鉢にあたっていました。風邪を引きぶ厚い丹前を着込んでいたよう
です。8畳の部屋には行灯1ツで非常に暗くよく知った顔でないとすぐには判別できなかったでしょう。下の写真のように
掛軸の下の方に血痕が左から右側に飛んでいることが判別できます。(紙の上に水を飛ばして検証してみました。確か
にこの形になる!)
100728竜馬暗殺掛軸
次にこの血痕がどのようにして付着したか…です。
まず家人が刺客からの‘十津川郷士○○’の偽‘札名刺’(今の名刺に相当)を持って竜馬に取り次ぐ。
十津川には竜馬の仲間が大勢いるので警戒心は全くない。そこへ二人の刺客がふすまを静かに開き入っ
て来る。行灯の明かりでは誰であるかはまだはっきり見えない。竜馬の前まで進み、型通りの挨拶。

‘ごめん!’片ひざついていきなり居合いで小太刀を横に払う。額を割られた竜馬は瞬間左斜めを向き
後ろの刀掛けに手を伸ばす。この時、額から流れ出ていた血潮が左側から掛軸に飛ぶ。片方の刺客は
中岡を襲撃している。大体こんな感じではないかと~。そうだとすると刺客は‘右利き’の‘居合い、
小太刀’の名手ということになります。寺田屋の二の舞は踏みたくないので手錬を選んでいる筈。

何故小太刀かというと京都の町屋は天井が低く、部屋も長細いので大刀だと使いずらいし乱闘で仲間を傷つ
けてしまう可能性があるからだと思います。右利きか左利きかを特定することはかなり重要な要素になります。
(続く)

皆さんも暇があればTV番組‘相棒’の‘杉下右京’張りにあれこれ推理してみては如何ですか?
え~そんな暇ないって?

100728竜馬暗殺掛軸
[2010/07/31 16:00] 坂本竜馬 | CM(0)

地域史跡めぐり(1) 

横浜市栄区小菅ヶ谷の史跡を訪ねて来ました。石仏だの古墳跡だの皆さんには多分興味のない
写真・内容ばかりだと思います。適当にすっ飛ばして下さい。(10年来の地元の歴史を勉強する
‘地域史研究会’の活動イベントです)
100716小菅ヶ谷散策
(‘往古横死諸霊塔’といい昔この辺りで行き倒れで亡くなった人達の供養塔。この辺りは
宿場外れの寂しいところで無念の思いで死んで行ったことでしょう。供養する人たちがいた
ということは何よりの救いです)
100716小菅ヶ谷散策
(数年前まではこのような横穴が小高い山に沢山有りました。今は宅地開発で少なくなりこの
ように向こう側が貫通されてしまった状態のものが残っています。有力な地位の人たちの
お墓です)
100716小菅ヶ谷散策
100716小菅ヶ谷散策
(暑い炎天下、途中いたち川に出たところで出会った白鷺君。一服の清涼剤です)
(次回…‘竜馬暗殺考(2)’)
[2010/07/29 08:00] 石造物 | CM(0)

お礼 

100726絵の仲間展
(8名展としては延480名の多くの方のご高覧を頂きました。感謝。)

(追記:左の20号を神奈川県のシニア展に応募しましたら思わないこと
 に入選しました。8/26~29県民ホールで展示中。ご報告です。8月27日)

[2010/07/26 18:00] その他 | CM(0)

彦根城(2) 

100621彦根城
(どっしりとした‘牛蒡積’/ギュウホウズミ と呼ばれる石垣の上に三階三重の天守閣がそびえる)
100621彦根城
100621彦根城
(玄宮園…城の北東に位置し近江八景を模して造られた大名庭園)
100621彦根城
(天守閣を望む)
[2010/07/22 08:00] 歴史建造物 | CM(0)

改めてご案内 

100709絵の仲間展
[2010/07/20 13:00] お知らせ | CM(0)

火事だ~!? 

正に今、玄関から外を見てみると今までにないすばらしい夕焼け。パジャマ姿に
構わず外へ飛び出し撮ってきました。いつもの公田のスポットへ行けばすばらし
い情景が撮れたものを~とまことに残念!
100719夕焼け空
100719夕焼け空
[2010/07/19 19:27] 風景 | CM(0)

彦根城(1) 

姫路城、松本城。犬山城とともに国宝4城の一つ。大津城から移築され慶長12年(1607)に完成。
天守閣は小ぶりですが広大な坂の多い敷地に汗だく。付属の大名庭園‘玄宮園’はすばらしい!
     (‘汗だく’の後、彦根のレストランで昼食。ここの‘冷え冷え’がこたえた。
      帰宅後発熱、風邪で3週間棒に振ってしまいました。現在やっと回復。
      これからの季節、お互い冷房には気をつけましょう)
100621彦根城
(左:‘いろは松通り’よりお城の‘佐和口’へ。手前右方面、‘埋木舎’)(左右にスクロールして下さい)
101109彦根城古写真
(幕末古写真)
100621彦根城
(埋木舎/うもれぎのや…井伊直弼が‘生涯花咲くこともあるまい’…と青春時代過ごした舎。
 船橋聖一の小説‘花の生涯’で取り上げられました。40年振りの訪問でしたが生憎の休館日。)
100911埋木舎古写真
(幕末~明治初期古写真)
100621彦根城
(藩主用の馬屋/重要文化財…彦根城だけにある珍しいもの。当時の馬は相当小さかったようです。
 今の馬ならこの奥行きでははみ出してしまいます)
[2010/07/16 06:00] 歴史建造物 | コメント(-)

京都御所 

約1200年前、桓武天皇の時代、都を奈良の平城京から京都の長岡京へその後更に平安京に移され、
幾度かの火災を経て現在の里内裏(さとだいり/貴族の屋敷/土御門東洞院殿)の場所を皇居に定め
られました。東西250m、南北450m、築地塀(ついじべい)に囲まれた面積11万㎡の広大な敷地。
(参観は宮内庁へ申請/一般公開日以外)
100619京都御所
(築地塀…‘ついじべい’とは泥土をつき固めて作った塀。塀の上には簡便な小屋組を設け、瓦や板などで葺いた
 ものが多く古くより貴族の邸宅や寺院、官舎などに使われ現在でもここ京都御所や諸寺院などに見られます。)
100619京都御所
(建礼門…一番格式の高い門。天皇か外国の元首の来訪以外開かれることはありません)
100619京都御所
(朱色の承明門/じょうめいもん、越しの紫震殿…皇族の即位礼などの儀式を行う時にのみ使われる
 最も格式の高い建物で京都御所の象徴です)
(紫震殿の前の樹:向かって左は‘右近の橘’、右は‘左近の桜’)、(正面の階段は‘18階段’)
100619京都御所
(紫震殿の横にある宜陽殿/ぎようでん…天皇家累代の宝物、御物を保管する建物)
100619京都御所
(小御所と蹴鞠の庭。昭和29年の花火大会にて火の粉を浴び全焼。昭和33年に復元)
(皇太子元服の時などに使用される)(写真には半分位しか写っていませんが立札のあるところが蹴鞠の庭)

小御所(こごしょ)と言えば慶応3年12月9日朝、明治天皇によって‘王政復古の大号令’が発せられその日の夜、
‘三職会議(小御所会議)’(総裁:有栖川宮熾仁親王、議定:岩倉具視など公族公卿10名、参与:西郷隆盛、
大久保利通、山内容堂ら諸藩代表20名)が開かれ徳川慶喜の辞官、納地が決定された記念すべき建物です。
しかしこの決定が佐幕派に不満を与へ鳥羽伏見の戦いへとつながって行きます。

100619京都御所
(御池庭…小御所と御学問所の前にある白砂敷きの回遊式庭園)
(次回は彦根城)
[2010/07/12 08:00] 歴史建造物 | コメント(-)

五箇山(ごかやま)合掌集落(1) 


山あいに佇む日本の原風景、現在9戸の合掌造家屋が残っています。富山県南砺市菅沼。世界遺産。
(同じような集落に白川郷がありますが観光地化され過ぎて世界遺産の維持が危ういという話を聞きました)
100606五箇山集落
(栗原峠の合戦で敗れて生き延びた平家の落人集落)
100606五箇山集落
100606五箇山集落
(観光客が来ない裏手の方へ回るとこんないい田園風景が見られます)
100606五箇山集落
(静寂そのものです)
100606五箇山集落
(民芸品のお店)
100606五箇山集落
100606五箇山集落
(次回は‘京都御所’)
[2010/07/08 07:00] 世界遺産 | コメント(-)

能登金剛巌門 

一帯の海岸は日本海の荒波によって浸食された。名称は朝鮮半島有数の景勝地、金剛山に因んで命名されました。
100606能登金剛
(左右にスクロールして下さい)(視界140度位)
100606能登金剛
(水のブルーがほんとにきれいです)(こんなとこで潜ってみたい!)
(昔若かりし頃…といっても30~40代、浜辺に手作りのテントを張って心行くまでもぐり
 疲れたら寝そべり、食べ、飲み、また潜る、こんなこと好きでした。今やってみたいけ
 ど中々そのフアイトが湧いて来ない…これが歳をとるいうことなんだ~とつくずく実感)

‘知に働けば無理がいく、情に掉させば流される、とかく加齢は困りもの’…(夏芽僧籍)…なにー?~これ!
…(翻訳)‘やりたいことを無理してやれば体をこわす。惰性で過ごせば何も残らず’さてさて~。

100606能登金剛
(一枚目の写真の反対側、海側から撮ったもの。水の色がほんとにきれいでしょう?)
100606能登金剛


(次回は8日世界遺産‘五箇山集落’です)
[2010/07/02 20:00] 風景 | コメント(-)

見附島 

珠洲市(すずし)の海岸に立つ通称‘軍艦島’。高さ28m、珪藻土でできており極めて柔らかい。いずれは無く
なってしまうと言われています。この土は食べられるそうで戦時中はパンの粉代わりにしたとか~。
100605能登見附島
100605能登見附島
[2010/07/01 06:00] 風景 | コメント(-)