東海七福神探訪

品川神社(大黒天…農耕の神)、養願寺(布袋尊…家運安泰、平和の神)、一心寺(寿老人…不老長寿の神)、荏原神社(恵比寿…笑いの神)、品川寺(毘沙門天…財産、勝負事の神)、諏訪神社(福禄寿…子孫繁栄、財産、長寿の三徳の神)、磐井神社(弁財天…唯一の女神、音楽・学芸の神)。京急‘新馬場’10時出発。大森海岸15時。途中、坂本竜馬の銅像、土佐藩山内家下屋敷跡、山内容堂墓所、鈴ヶ森刑場跡などに立ち寄る。約12000歩。因みに‘東海’という名前に違和感があったので聞いてみると昔からこういう呼び名だそうで東海道に沿った七福神の意味だそうです。(戸塚歴史の会の行事)
110109東海七福神探訪
(上の地図で立会川の‘なみだ橋’は罪人が鈴ヶ森に連れて行かれる時、周りの人がここで憐れんだと云う、身内は涙を流したかもね~)
鈴ヶ森刑場跡は一寸見にくいですが左上の大森海岸駅のすぐ下のところ)
110109鈴ヶ森刑場跡
八百屋お七とは?)(さぞかし熱かったでしょうね~日本残酷物語ですか~?)
110109鈴ヶ森刑場跡
(生きたまま焼かれたなんて~可愛そうに!町の大火につながる火付けは大重罪でしたからね)
(家光没後に起こった幕府転覆‘由比正雪の乱’の丸橋忠弥などもここで処刑された)
110109東海七福神探訪
(竜馬はここで異国の脅威に目覚めた)        (山内容堂の写真/幕末写真館・引用…で見てみて下さい)
1101091品川寺
110109品川寺
110109品川寺

(上の写真の上にマウスのカーソルを乗せてみて下さい),(樹も歳をとると人間と同じですか~?)
‘たれ乳や よくぞここまで 生きにける’
110109東海七福神
(屋台も沢山出ていてすごい混みようでした)
110109東海七福神探訪
次回:鬼平一家只今参上
[ 2011/01/25 08:00 ] 寺院・神社 | TB(-) | CM(-)

及川久子氏デコパージュ作品展(2)


(上の写真の上にマウスのカーソルを乗せてみて下さい…別の作品が出ます)

(上の写真の上にマウスのカーソルを乗せてみて下さい…ゆりの拡大です)
次回:東海七福神(一寸日にちがたってしまいましたが…)

[ 2011/01/22 23:00 ] 個展・展覧会 | TB(-) | CM(-)

及川久子氏デコパージュ作品展(1)

日本とロシアのコラボレーション展:
110117oikawa
(会場はごらんのようなサロンでお客さんがいますので一般の画廊
 のように自由にそばに寄って鑑賞するという訳にはいきません。
 また鑑賞するにはお客としてお店に入ることになります)
(及川久子氏:横浜栄区在住のデコパージュ、フイルムステンド作家。
詳しい紹介は一番下の‘参考’を)
110117oikawa
110117oikawa
(額の中央部の拡大
110117oikawa
(光の写りこみあり/ご容赦)
110117oikawa
(右はエルミタージュ美術館学芸員イリヤ・アンドレツオフ氏の作品
…掲載許可がとれていないので1点のみぼかしをかけて紹介)
110117oikawa
(お客がいたため近寄れず手持ち望遠で撮ったため手振れ気味)
(参考:2009年掲載の及川さんの個展、連絡先など)
(次回:1/23続きその2)
[ 2011/01/20 08:00 ] 個展・展覧会 | TB(-) | CM(-)

長慶寺の残りもみじ

110107長慶寺
(徳川家康ゆかりの寺、長慶寺裏山のもみじ。靴の中の足が完全に寄ってしまうほどものすごく急な坂です。
色の褪せかかった終わりに近いその姿もなかなか乙なもの)

もみじ葉の 消えゆく風情 悲しけり 

110104長慶寺裏山
(次回1/20:日露コラボレーション作品展/及川久子・イリヤ・アンドレツオフ氏)


[ 2011/01/18 09:00 ] 残したい地元の風景 | TB(-) | CM(-)

新春鎌倉散策(3)

110107鎌倉
(写真に見えるように真っ直ぐな長い参道は心落ち着く散策みち)
110107鎌倉寿福寺
(槇の一種で市の天然記念物に指定されている)(参考:建長寺のビャクシン)

(上の写真の上にマウスのカーソルを乗せてみて下さい)
(新春鎌倉散策シリーズこれで終了)(次回:長慶寺残りもみじ)
[ 2011/01/16 08:00 ] 寺院・神社 | TB(-) | CM(-)

新春鎌倉散策(2)

化粧坂から源氏山公園を経て銭洗弁天~佐助稲荷辺りの雰囲気は大好きでついつい足が向いてしまいます。毎年お札を洗っても一向にお金が増えないので今年はパス。佐助稲荷は赤い鳥居が沢山ありひなびた感じがとてもgood。以前は可愛いリスが餌をもらいに寄って来たのですが行ってみたら外国種が生態系を崩すということで餌場などは撤去され台湾リスも姿が見えませんでした。
110107鎌倉
110107鎌倉
110107鎌倉
110107鎌倉
(上の階段を上った正面にあるご本尊)
110107鎌倉
(‘佐助’とは源頼朝のこと)
110107鎌倉
(こんにちわ。そんな怖い顔してにらまないで~!)
(大きくした場合、右上の‘吹き出し表示’のチェックを外して下さい)
(次回:新春鎌倉散策(3)…最終回、もう1回だけ我慢して下さい)
[ 2011/01/14 08:00 ] 寺院・神社 | TB(-) | CM(-)

新春鎌倉散策(1)

地域主催の‘鎌倉七福神巡り’に参加しようと大船駅に集合したのですが心境の変化を来たし急遽とりやめ一人で行って
来ました。七福神すべてにはには行けなかったですが‘北鎌倉、円覚寺、浄智寺、長寿寺、海蔵寺、源氏山、銭洗弁天、
佐助稲荷、寿福寺’約12000歩を自由にマイペースで歩きました。一番寒い日だったらしく風が冷たかったです。
110107鎌倉
110107鎌倉

次回:新春鎌倉散策(2)
[ 2011/01/12 08:00 ] 寺院・神社 | TB(-) | CM(-)

古民家

本郷フジヤマ…横浜市栄区、富士がよく見えるということで江戸時代からそう呼ばれ山頂には富士塚があり‘富士講’が行われていました。
正式には‘水口山(みなくちやま)’と云います。‘富士講’とは、富士山に登ることで神に近づけるとする信仰。実際には富士の見えるとこ
ろからも行われた。近年、富士登山はレジャーと化し次第に衰退して行きました。
110104フジヤマ古民家
横浜市栄区のふじやま公園にある旧小岩井家住宅、馬屋門。164年前の建築。
110104古民家
当地は川越藩の所領で黒船来航などに備え海防を司っていた。この部屋は藩の武士専用で畳も黒縁の付いたもので
居住用とは違うものになっている。
110104古民家
110104フジヤマ公園
(寒天に 紅白梅の 競いかな)
110104フジヤマ公園
110107フジヤマ古民家
(冬晴れに 館のかおり 身にしむる)
おはようございます。寒いですね。今日は歴史研究会の散策で早起きです。‘東海七福神・竜馬ゆかりの地探訪’。
後日掲載しますね。それでは~。(9日朝7時)
(次回:1/12新春鎌倉散策)
[ 2011/01/08 09:00 ] 残したい地元の風景 | TB(-) | CM(-)

陶芸

作品2体。土は赤7号。いびつなところが~また?…釉薬のつき具合は?~。10年ほど前にロクロを備え少しやったの
ですが長らく中断していました。やっと再開。1年後(11月)の目標は高さ45cmの ‘縄文火焔土器’です。4,5千年も前に
こんなすばらしい芸術的なものを作っていたなんてほんとに驚きです。
101212湯呑
正月や 利九碗茶の 旨さかな …馬笑)
(一服のお茶が格段においしいです。‘利九茶碗’○○○年後、‘お宝拝見’?)
(解説:あやかりて‘利九碗’と命名、ようやるよねえ~。孫に‘おじいちゃん!おふざけはやめなさい’…といつもいわれ
ています)(偉そうにタイトル陶芸としましたがまだ‘芸’の内に入ってません)

次回:古民家…栄区の本郷ふじやまにあり、江戸時代の庄屋の家。あたりは静かな雰囲気でgood。第一水曜日が休み。
[ 2011/01/04 10:00 ] 陶芸 | TB(-) | CM(-)

新年のご挨拶

110101ぼけの花
我が家では地元の桂公田神明社への参拝が元日の恒例行事になっています。途中、可愛いボケの花
を見つけました。

 さむ空に 木瓜の花咲く 寒日和…馬笑

(森村誠一の‘写真俳句サークル’に投稿しております)
 (2日、一家全員が我が家に揃いました。子供たち曰く、‘うまわらい’って何?…がっくり。
  不肖、芭蕉の末裔、‘馬笑’だよ~説明してやりました。皆さんまでまさか~~)
 (言葉はやさしく、心は深く…が目標です)

次回:陶芸作品 
[ 2011/01/01 14:56 ] その他 | TB(-) | CM(-)