あすなろ混声合唱団第六回定期発表会 

2011/2/27、鎌倉芸術館。Ⅰ部:欧州の歌(ローレライ、アニーローリー、わかれ、庭の千草、ダニー・ボーイ)、Ⅱ部:ドヴォルジャーク作曲「自然の中で」、Ⅲ部:混声合唱美空ひばり作品集から、川の流れのように、港町十三番地、愛燦燦、お祭りマンボ(写真)、Ⅳ部:混声合唱組曲「水のいのち」(高野喜久雄作詞、高田三郎作曲)。この中からⅣ部の「水のいのち」とⅠ部の「欧州の歌」を紹介します。ご来場頂いた方々へ厚くお礼申し上げます。(テノールで参加/最後列、しっかり楽譜を持っております)
110227鎌倉芸術館
                (朝の鎌倉芸術館)…天気もよくすがすがしい朝です。さあ今日は頑張るぞ~~。
110227あすなろ公演
 指揮:上田勤 、ピアノ:関根壽代 、フメクリスト:福田朋子

(フメクリスト…透明な共演者。次のページをめくる寸前に上の方を斜め折をして次ページの最初を少し見せてからめくるなど忍者
のようなテクニックを駆使しているとのこと…3/7のN響アワーで説明してました。成程ねえ~)

混声合唱組曲  水のいのち  …(左の水色の文字をクリックすると音声が出ます/連続19分)

  ・雨…(ふりしきれ~雨よ~ふり~しき~れ…すべてたちすくむもの~の上に~♪…) (3.2分)
  ・水たまり…(わだちのくぼみ、そこのここの、窪~みにたまる水たま~り~♪…)  (3.3分)
  ・川…(なぜさか~のぼれないか、なぜ低い方へゆくほかはないか♪…)       (3.4分)
  ・海…(ううう、う~ううううう、そらをうつそうとして波ひとつなく~♪)           (3.2分)  
  ・海よ…(ありとあるあくた~汚れ疲れたみず~、受け入れてすべて受け入れて~♪…)(6.2分)

110227あすなろ

欧州の名歌…(左の赤色の文字をクリックすると音声が出ます/連続約14分)

・ローレライ …ドイツの作曲家ジルヒャーがハイネの詩に曲をつけたドイツ歌曲(3.8分)
・アニー・ローリー…17世紀スコットランドに実在した貴族の娘アニー・ローリーへの恋心を歌った曲(2.6分)/テノールソロは気田氏。
指揮者の右側にやや隠れています。
・わかれ     …ドイツの若者が職人を志しマイスターを訪ねる際の心情を歌ったもの。(2.1分)
・庭の千草    …アイルランド民謡。明治17年「小学唱歌」となる。(2.4分)
・ダニー・ボーイ …アイルランド民謡‘ロンドンデリー・エア’に歌詞をつけたもの。(2.8分)

110227あすなろ

110227あすなろ発表会
                   (Ⅲ部が始まる前の上田先生の挨拶)


                (夕暮れの鎌倉芸術館)…首尾上々。無事終わりました。心地よい疲れです。

この後、大船の中華料理屋で打上げ。大いに盛り上がりました。またご招待したチェコ大使館の方々も大いに喜ばれ、近々大使館で行わ
れるパーテイーに大勢招待して下さるとかのおまけもつきました。次回の発表会は2年後、横浜シテイシンフオニエッタオーケストラとの共演
でモーツアルトのレクイエムが有力候補に挙がっています。こんなすばらしい曲が歌えたら感動ものですね。
入祭唱:カール・ベーム指揮、ウイーンフイル、ソプラノ;Gundula janowitz


最後に‘美空ひばりの曲’を音声のみ紹介します(左の緑の文字をクリックして下さい)

追記:5月の‘絵の仲間展’、‘県シニア展’向けに‘水のいのち’をモチーフにした20号(縦80cm、水彩、パステル、アクリル混色)を予定しています。(イメージ構想→「曇った空、よどんだ灰色の雲から雨が降りしきっている。古木のこずえからしずくが、しっかり張った根っこや大地に滴り落ちる。そこには泥がはね、水溜りができ、そして多くの水溜りから一筋の水の流れとなって川に注ぐ。切り立つ峰から下へ下へ

と流れ落ちてゆく川はそれらを集め次第に大きくなりところどころには流れの淵が苛立つように渦巻いている。やがて大地の恵みを身ごもった川の流れは海に注ぐ。そこには‘くらげ、ひとで、魚’達がその恩恵を受けようと集まっている。あたりに夕闇が迫る頃、周りには海ホタルの幻想的な青白い光が満ちて来る。やがて一夜が明け暖かい太陽が射してくると‘水の魂’は海のみな面からあたかも恋こがれるかのように

天空に昇り帰って行く。澄み切ったきれいな青い空はあたかも水のいのちに感謝しているかのようだ~~
」)
→一応こんな勝手な自己流解釈でイメージデッサンのメモを描いてみました。さてどうなることでしょう~。こんな大それたアイデアが湧いたのも合唱に参加させて頂いたお蔭です。

次回:続・モーツアルトレクイエム
次々回:カワセミ3態
[2011/02/28 08:00] 合唱 | コメント(-)

サイトの紹介 

右側のリンクに‘幕末写真館’(引用)を追加しました。幕末の志士達の写真集。よくこれだけ集めたものです。
前に出した‘謎の集合写真’の人物をこれで確認してみて下さい。歴史好きな方には結構面白いかもしれません。

雑記:昨日の読売夕刊にこんな記事が出ていました、‘後悔のない人生考えて’。患者の苦痛を和らげる‘緩和医療医’のO氏は1000人
以上みとった経験からの著書「死ぬときに後悔すること25」からの抜粋。①健康を大切にしなかったこと②自分のやりたいことを
やらなかったこと③故郷に帰らなかったこと④仕事ばかりで趣味に時間をさかなかったこと⑤会いたい人に会っておかなかったこと
⑥結婚をしなかったこと⑦自分の生きた証しを残さなかったこと⑧愛する人に‘ありがとう’と伝えなかったこと…などが挙げられ
ています。まだ後17項目あるそうですが~。今日本屋に行って探してきましたが見当たりませんでした。皆さん自身はどう思いますか?


こんなのはどうでしょう?‘人(家族、他人)への優しさが足りなかった’、‘自分の楽しみばかりで人様のお役にたてなかった’

(‘緩和医療’とは生命を脅かす病気にかかっている患者およびその家族のQOL(人生の質、生活の質)を改善するアプローチ。苦しみを
予防したり和らげたりする医療。 緩和ケアとも呼ばれる)

次回:あすなろ混声合唱団定期公演からⅣ部‘水のいのち’、Ⅰ部‘欧州の歌’を紹介。
[2011/02/25 08:00] お知らせ | コメント(-)

皇居の風景 

所要にて東京へ。少し時間があったので皇居東宮園を見学しようと行ってみたら生憎、月・金は休園とのこと。仕方なくその周りを~。
110117kokyo
(ところどころに薄氷が…)(寒そうだなあ~~可愛そうに)
110117kokyohakucho
(お堀端 身にしむ寒気 なに想う )
110117kokyo
(われ孤独 凍える水面 ひとり行く)…(かっこいい~~!‘ひとり’ってちょっとおかしいかな?)
(白鳥に みなもの鏡 乱れけり)…(白鳥は冬の季語になってました)

(俳句遊びも丁度4か月経過、22ケの駄作を創りました。約1週間に1編のペースです。
 いずれまとめて掲載予定。これは僕自身のまとめ記録としてです。決して皆さんに改め
 て見て貰うのが目的ではありません、おこがましいです。)

27日のコーラス発表会、いよいよ最後の追い込み。‘美空ひばりの曲’だけは楽譜持たない
で行こうと今ダメ押しをしております。お祭りマンボのバラバラパーフオーマンスお楽しみ
に~(来てくれる方々へ)。

皇居関連記事としてすぐ下の右にある‘歴史建造物’のところをクリックしてみて下さい。
皇居参観(1)~(3)やその他の投稿記事が出てきます。


次回:25日、サイトの紹介(幕末写真館)
次々回:28日、あすなろ混声合唱団発表会
[2011/02/21 08:00] 歴史建造物 | コメント(-)

田浦梅林 

110213田浦梅林
(横須賀線田浦駅から徒歩20分。標高120mですから少し坂があります)
110213田浦梅林
(ご覧のようにまだ二分咲きで早すぎました。ここは下より少し寒いので開花が遅くなるとのこと。2/末から3/中までが見頃)
110213田浦梅林
(それでも樹によってはこんなにきれいに咲いています)

(展望塔からのパノラマ:のところにかすかに墨田区に建設中のスカイツリーが見えます。わかりますか?拡大鏡でどうぞ)
110211田浦梅林
(休憩所広場から望遠で)、(今日の時点で高さ584m。450mのところが第二展望台の空中回廊
110213田浦梅林
110213田浦梅林
(観光マップ上で帰路、田浦小学校のすぐ下にある‘御嶽稲荷大明神’)

(‘講’…楽しみの少なかった昔、講は村人たちの待ちかねていた行事だった。田浦地域にも念仏講、稲荷講、庚申講、
恵比寿(えびす)講などいろいろな講が江戸時代からあったという。現在ではこれらの講はほとんどはなくなって
しまっているがここ御嶽(ミタケ)稲荷神社の講は今でも続けられている)


(梅情報:三溪園の臥竜梅/がりょうばい…は2/末頃から、緑萼梅/りょくがくばい/花弁を支える部分が緑色
…は丁度今頃が時期とのことです)

 次回:皇居
[2011/02/17 08:00] 風景 | コメント(-)

謎の集合写真 

幕末の志士46名が一堂に会した記念写真だと言われています…いわゆる「フルベッキの写真」と云われるもの。明治28年7月雑誌‘太陽’に初めて掲載され以降明治40年大隈重信編集‘開国50年史’、大正3年12月朝日・日経・毎日新聞に複製写真の販売広告(額入りで¥10万円)が載りました。それぞれの人名入りです。以来学者、歴史家の間で物議をかもしその内、世間から忘れられてしまいました。皆さんは真偽のほどどう思いますか?大いに興味をそそられる写真ではありますね。

上下の活字の人名はこの写真に書き込まれていたもので果たして本当に本人かどうか真偽のほどは定かならず。その後非公式関係者の精査によってほぼ間違いなく本人であろうと判定されたのは23名。その内、主だったものを写真の中に黄色の数字で表示しておきました。従って活字番号の人物と黄色の番号の人物は合っていないものがあります。写真だけは間違いなく本物です。特に13の西郷隆盛、43の坂本竜馬、32の高杉晋作などはどうでしょう

か?西郷隆盛は一般に言われているものとは大分違っています。銅像の除幕式で奥さんが‘うちの人はこんな顔じゃなか~’と言ったとか…。だから意外と本物かも?。不思議なのは一宣教師に過ぎないフルベッキが何故これほどの大物達と一緒にしかも堂々と中央に写っているかです。何だかまゆつばだな~?!(考察は次回)

なにも知らない者がおこがましく‘考察’などと云うより このサイトを見て下さい。専門家・学者が否定していても何十年かの周期で蘇って来るようです。確かにロマンがあって面白いのですが…。ああだ~こうだあ~言ってる内はいいがこれが金銭で売買されるようになると一寸ね~。

僕の感じでは、これはフルベッキが長崎から江戸の移る時の英語塾‘敬遠館’の送別記念写真だと思います。子供もいますし~。この中には岩倉具視の次男具定、三男具経ほか数人、本物がいるようです。いずれも裕福な上級武士の子息たちです。それにしても真っ直ぐ見ていない人が多いのはどうしてでしょう?魂が抜かれると思ったのでしょうか?当時のカメラ技術では少なくとも5分位はこのままの姿勢でじっとしていたのでしょう。

110113フルベッキ写真
110113フルベッキ写真
110113フルベッキ写真

昨日は‘あすなろ’の強化練習&ゲネプロで15時~21時半までたっぷり。疲れました。…が今日は久しぶりの晴天、お昼から梅林を
撮りに出かけます。→田浦の梅林に行って来ましたが残念ながら全体としてはまだ二分咲き。今月末から3月中位までが見ごろとのこと。
110213田浦梅林
(次回:田浦梅林)
[2011/02/12 23:30] 歴史 | コメント(-)

陶芸 

抹茶茶碗です。出来はどうですか?土は‘赤1号’、上くすりはベースが‘黒釉’、流れているのは‘茶流紋釉’。
110205陶芸
(これから大作、‘縄文火焔土器・深鉢’に着手。土台/(下の写真)は一応できましたがこれからが大変。表面に装飾を、
トップに火焔飾りを取り付け約1.5倍位の高さになります)(縄文人の心になって作りたいナ~/縄文人の心って??)
110204縄文土器ベース
(お手本:新潟県中里村森上遺跡出土の火焔土器…すごいですね!5~6千年
前の縄文人の作品ですよ!現代人の我々がこれを超えられますかね?)
110203縄文火焔土器
(先生の作品:縄文土器、高さ40cm…一寸部分的に焼けていますが~)
110208縄文土器

(今月一杯、27日の‘あすなろ混声合唱団’発表会(鎌倉芸術館)の練習準備・暗譜で陶芸・絵は一時休止)
(曲目紹介。欧州の歌:ローレライ、アニーローリー、わかれ、庭の千草、ダニーボーイ、ドボルザーク
:‘自然の中で’/チェコ語で、美空ひばり曲集から:川の流れのように、港町十三番地、愛燦燦、
お祭りマンボ(パーフオーマンスあり)、水のいのち/高田三郎作曲。いずれ本番の模様をUPしますね)
(参考:‘水のいのち全5曲’から3番‘’:‘あすなろ’前回みなとみらいホールでの出演から:演奏時間6分)

今日8日は田浦に梅を撮りに行く予定でしたが曇り空のため延期。空が真っ青でないと梅との対比が
今一で写真がさえません~。


(今日11日は明日のゲネプロに備えて自宅練習。途中中断して急遽、雪景色の写真を撮りに
 出かけたのですがまだ積もるほどにはなっておらず残念!)

(次回:幕末謎の集合写真)
[2011/02/06 23:00] 陶芸 | コメント(-)

鬼平一家参上 

110203鬼人形
(絵の教室仲間が描いてくれました/6号。左からCさん(パステル)、Kさん、Y氏、Uさん、M氏の作品。それぞれに特徴があって面白いですね)
101214鬼の人形
(鬼平・鬼絵・鬼花…‘鬼は外~!’で追われる前の幸せそうな一家の記念写真です)

哀れなり 豆もて追われ ちりじりに…馬笑)

110201鬼平の娘
(鬼平にこんなに可愛い‘隠し子’がいました。
 若い時の放蕩三昧?)
(次回:2/7陶芸…寄る年波、寒さに勝てず出不精に
 なっております。そろそろ梅でも撮りに行かなきゃ!
 田浦、曽我梅林、三溪園、根岸森林公園、大倉山辺り?)
[2011/02/02 23:00] 手工芸作品 | CM(0)