瑞泉寺

(背景色を濃いブラウンから濃い紫系に変更しました)

晩春の瑞泉寺。シーズンの賑わいはどこへやら、ほとんど人もいない静けさ。
221633瑞泉寺
門へ行くまでの石畳の階段
221633瑞泉寺
221637瑞泉寺
門から境内を。
221633瑞泉寺
雨に洗われた、緑一色のもみじ。きれいです。この下で一服。うぐいすが鳴いています。廻りには誰もいません。我一人。
そこでおもむろに一句。「瑞泉寺 我と鶯 刻(とき)ながれ」…如何?ぴんとこない?
221633瑞泉寺
(苔むした黄梅の幹、可愛い紫の花は何でしょう?どなたか教えて下さい。紫草?→紫露草だそうです。ま~ちゃんありがとう)
(苔むす樹、黄梅や、むらさきの、寄り添いて、そっと…などの言葉で一句できないかな~~)

221633瑞泉寺
(岩盤を削り岩庭に創り上げた鎌倉時代唯一の庭園…夢窓国師作)
(大きな洞(天女洞)を掘って道場とした。池は貯清池という)
221633瑞泉寺
(緑と紅の対比がきれいでしょ?)(こんな時期に紅葉してるんですね~驚きです)
221633瑞泉寺

昨日の絵画展初日、13時からのご来場者数65名。どうもありがとうございました。
6/3(金)は95名のご来場を頂きました。6/4(土)は87名のご来場でした。

次回:6/5及川久子デコパージュ展
次々回:6/8最近腹のたつこと(‘最近’シリーズ、4/28感動したこと。5/1泣けたことに続く第三弾)
[ 2011/05/31 06:45 ] 神社・寺院 | TB(-) | CM(-)

作品‘S’

今まで小生作は‘小物’ばかりでしたが、初の‘中物’作品(デザイン:100%、制作:fiftyfifty)やっとできました。(幅50、高さ20、奥行15cm)
これを今ある古くなった門灯照明にすっぽりかぶせてコンクリ・モルタルにビス止めします。取り付けはこれから。
建物本体と相当にアンバランス?派手派手。
221633門灯
221633門灯
221641門灯
(仮置きですが、実際はもう少し左に寄ります。それほど派手でなくてよかったです)
(中の古い照明カバー迷っています。取ってしまって蛍光灯むき出しの方がいいかも)
(それでも結構面倒です。コンクリ用のビス埋め込みやら虫の侵入対策やら…)

次回:5/31‘瑞泉寺’…季節外れで森閑と~

追記:Harry Jr達(美容師)が福島へボランテイアに。24日早朝、おやじ宅出発(車貸し、若干資金援助)、14時から
‘お助け美容室’開業。いろいろやって来たみたいです。放射能が心配なので帰路、車を洗車、無事帰還。写真入りで
ブログに書いていますのでついでがあったら覗いてみてやって下さい。

追記:今日(30日)は桜ギャラリーコンバーニア展からの撤収。明日はリリスへ搬入です。5/31の午後から6/6まで
本郷台駅近くのリリスで仲間との絵画作品展やりますのでよろしくね~。
[ 2011/05/27 08:00 ] 手工芸作品 | TB(-) | CM(-)

戸塚~東戸塚の古道を訪ねる

JR戸塚駅を10時に出発して東戸塚駅15時半、約15キロを歩いてきました。‘戸塚歴史の会’の散策です。旧東海道、淡島道、
星野谷道、二俣川道、奥州道など。東海道以外は余りなじみのない名前でしょう?皆さん、余り興味はないかもしれませんが
一応解説しておきます。(地図参照)

・淡島みち…大善寺(写真掲載)にある‘淡島明神’に詣でる道
・星野谷みち…座間の星谷寺観音に詣でる道
(昔は今と違って地域信仰が盛んでした。娯楽が少なく一種の旅行気分もあったのでしょう)

・二俣川みち…交易、助郷(すけごう:役所からの荷役仕事の義務)など日常的に使われていたみち

・奥州みち…鎌倉時代、御家人(武士)達が領地と鎌倉間を馬で行き来に使ったみち、洪水などにさらされない比較的
高い尾根伝いにつくられている。奥州から武蔵の国経由、名瀬・川上・舞岡を通って鎌倉に至る。地図で‘そとごう遺跡
(弥生時代、ここらに大集落があったそうです。‘三殿台遺跡’、‘大塚歳勝土遺跡’などとは違い出土品を保管した後、

住宅地になってしまいました)の下に‘奥州みち終点’とメモ書きしていますが、ここが東海道からの分岐出発点。
ず~っと上へ行って戸塚カントリーの中を通り奥州へ至る道があった。現在は戸塚カントリーのところで行き止り。
地図で見ると複数の道が重なって表示されていますがこれは途中までは同じ道で、先でそれぞれに分かれていくのです。

前半は石碑、お寺(大善寺)、庚申搭などの写真数枚撮りましたが後半は‘みち’だけなので撮っておりません。昔‘古道’
とは言っても今は舗装された車の行きかう何の変哲もない現代の道路がほとんどです。
221528戸塚散策
今の環状2号、鎌倉街道なども200年後にはこうやって‘古道散策’が行われているかもしれませんね。
221528戸塚淡島大明神碑
(淡島大明神の碑…大善寺裏にある‘粟島さま’への道標。
 柏尾川大橋を入った左沿いにある)
221528戸塚‘石神’碑
(石神…‘しゃくじん’と読む。豊作・安産・病除けの土俗信仰。治ったら
おしゃもじを奉納した。東京の石神井なども同じ由来。形のそれらしい自然
の石を信仰するいわゆる‘石神信仰’。何でも信仰しちゃうんですね~)
221528戸塚大善寺
(大善寺…和歌山の加太神社の神座を背負い行脚していたお坊さんが病気になりここへ神座を預けたのがここ大善寺
に祀られている‘淡島社’(淡島様と呼ばれた)の由来)
221528戸塚大善寺にて
(大善寺の花桃)
221528戸塚大善寺にて
(歌舞伎道祖神…寛政6年。云われは不明。横浜新道料金所の横)
戸塚歌舞伎道祖神説明板
221528戸塚歌舞伎道祖神
221528戸塚小坂石造物
(小坂の石造物群の一つ、‘二十三夜塔’、道標を兼ねる。
右面:‘北二又川みち’、左面:‘南とつか道’とある。
二十三夜のほの暗い夜、ご婦人たちが集まって酒宴を張っ
たとのこと。いつの時代も女性は強い!)
…以上で地味な話は終わり。
次回:‘作品S’…ステンドグラス
次々回:猿島風景
[ 2011/05/23 08:00 ] 石造物 | TB(-) | CM(-)

第三回矢沢男声合唱団発表会

2011/5/14横浜市栄区公会堂で無事開催致しました。ご来場頂きました皆様に厚く感謝申し上げます。出来はどうであったかは
ともかくとして年齢に関係なく広く楽しんで頂けたようで我々一同大変喜んでおります。辛口のご批評はありがたくお受けし
今後の糧に致したいと思います。しかしほっと一息、やれやれです。

今日5/19の練習日は反省会で小生が録音したものを皆で聴き、また皆様から頂いた‘甘口コメント’、‘辛口コメント’
はすべて団長の方からご披露させて頂きました(勿論氏名伏せて)。皆しんみり聞き入っておりました。ありがとうございました。


(録音品質が少し悪いかもしれません。いろいろ調べてパソコンの設定は問題ありません。どうも録音時のレコーダーの設定に
問題があった可能性大です。目下メーカーに問合せ中)

以下のような回答がありました。やはりレコーダーの設定でした。以下抜粋。(‘どうぶつメドレー’をメーカーに
添付して聴いてもらいました)「MP3はファイルサイズ優先で録音を行うため、その数値が小さいほど、実際の音と比較
して音質が損なわれる傾向にあります。今回のようにダイナミックレンジが広く、音域も幅広い録音をより高音質で
残したい場合には、少なくともMP3 320kbps、(VBRもあまりオススメできません)可能であれば44.1kHz 16bitで
録音を行うことをお奨めいたします」
 

…それは承知してるんだけど、なんせサーバーの容量が無いもんでね~考えよう!
221625栄公会堂
221625矢男発表会
第一部:まずは日本の歌5曲の中から‘上を向いて歩こう’。
以降第二部:世界の歌3曲の中から‘Then Christmas Comes’を、第三部:‘中山晋平の詩情を訪ねて’から‘東京音頭’、
‘どうぶつメドレー’を紹介します。
221625発表会
(Then Christmas Comes )
221625発表会
(東京音頭…振付指導、東光菊先生。何回も練習しました。…が?、ピタ!とは行きませんよね~そこはご愛嬌。かえってその方が
矢男らしくてよろしい、なんて負け惜しみ)、(僕たちには高級な歌よりこういうのが合ってるかもね~)
221625発表会
(老輩の はなやぐ気持ち いまこそと) …‘老害’、‘老廃’にあらず。(ひょっとして、そうかも~?)(季語なし)
(老輩の はなやぐ気持ち いまここぞ) …どっちがいいでしょう?
221625発表会
(動物メドレー)…登場人物?たぬき、カエル、うさぎ、こがね虫、最後は動物たちの大宴会で幕を閉じる。ね、面白いでしょ?
221625打上げ会
(打上げ記念写真:前列左2人目より踊り振付指導東先生、編曲岩河先生、指揮者湊先生、ピアニスト山本先生、前指揮者久野先生
/奄美から駆けつけてくれました…を囲んで)(右端:幹事:手塚、播本)
(和気あいあいの楽しいひと時でした)(皆さん、お疲れ様でした。先生方、ありがとうございました)
(この写真を参加者にプリントしてお渡しします)
(今年の予定:10/22(土)栄区秋の音楽祭、11/17ヴィサン(みなとみらいホール)

次回5/23:戸塚の旧古道を歩く(柏尾川にかかる吉田大橋は当時、鎌倉江の島、座間・八王子へ向かう交通の要衝。
ここを起点に旧東海道、淡島道、星野谷道、二俣川道、奥州道などを辿り道々の史跡を訪ねる)…内容が超地味だから
余り面白くないかもね。
[ 2011/05/16 23:00 ] 演奏会 | TB(-) | CM(-)

コンバーニア展のご案内

221621コンバーニア展
所属する陶芸教室の仲間展です。陶芸に限らず絵画、鎌倉彫、写真、手工芸ほかなんでも有り。
お近くの方、お時間ありましたらお立ち寄り下さい。私は絵画と陶芸を出品します。5/27~30
まで。翌日31日から先にご案内したリリス展です。作品が一部重なりますがご容赦下さい。
(会場:‘さくらラウンジ’…栄区桂台西、神奈中桂台中央バス停前)

次回:矢男発表会の写真、録音
[ 2011/05/13 20:30 ] 個展・展覧会 | TB(-) | CM(-)

「絵の仲間展」のご案内

第9回「絵の仲間展」を開きます。皆様お忙しいとは存じますが足を
お運び頂けると光栄です。各人5点、小生は6号4点の他、2/27に鎌倉
芸術館で歌った‘水のいのち’をモチーフにした20号を出品する予定

です。色合い、雰囲気が難しく修正に苦労しております。
5/31pm、6/1am、6/3pm、6/6pmが小生受付当番日です。これ以外の
日にも行きますがひにちは定かではありません。どうぞよろしくお願いします。

221531絵の仲間展
(追記:先般ご紹介しました‘縄文火焔土器’、当日花瓶として使用する予定です)
[ 2011/05/12 08:00 ] 個展・展覧会 | TB(-) | CM(-)

科学と技術について

(5/1投稿の愛海ちゃん記事、写真追加しました)

(またこんなに長いのかあ~とお思いでしょうが…)

先日(5日)の‘NHKニュースウオッチ9’でノーベル賞科学者の野依さんがキャスターと対談していました。
「科学は‘真理の探究’でありこれは非常に大切なことです。もう一つはそれを実際の場面に応用する
‘技術’でこれがうまく運用できないと大変なことになる」…と言われ更に「今回の震災の中で‘原発’は

正に人災である」と言われました。そして‘原発は将来なくしていくべきものでそれに代わる太陽とか自然
エネルギーの応用技術を強力に開発しなければならない’とも言われました。正に‘我が意を得たり’の感
です。おこがましいですが‘科学と技術’の他にもう一つ大事なことがあると小生は思っています。それは

‘心構え’の問題です。この欠如が今回の未曽有の原発事故を引き起こしたのだと思うからです。
具体的に云うならば‘リスク(与件)への備え、津波に備えた防波堤の高さの想定と冷却水循環ポンプの
設置位置について’などです。前者は震災前、既に地震学者達のリサーチにより平安時代の貞観津波分

析結果より福島原発の防波堤高さでは不十分で要対策との助言がなされておりました。しかし原子力関
係者達はそれを無視または傍観、放置。学者の世界は一種の‘たこつぼ社会’。外界の云うことは聴かな
い、自分たちだけで決める。その結果がこの惨事を引き起こしました。これは‘リスク(与件)の想定’以前

の‘心構え’の問題です。更に冷却ポンプも津波に乗り越えられたら使い物にならなくなってしまう海側に
配置している。これなどはコスト上の問題からでしょう。正に‘想定外’だらけの安心しきったノー天気の
スタンスです。悲劇が起こった今はコスト度外視でどんなことでも試行錯誤でやってるじゃないですか!、

先日、原子力安全委員会の元委員長がTVで懺悔的に謝罪をしていました。また現M原子力安全委員長
は先日のTVで「設定条件はある種の‘割り切り’が必要でそうでないと設計などできません」…と発言。
それはその通りでしょう。そんなことではなくその‘割り切り’が適切かどうかという問題ですよ。1000年

に一回起こるかどうかわからないものに対してそんな備えはできません…ということなら‘千年後に子孫
が何万人死んでもそれは仕方がないこと。これも一種の割り切りと致しましょう」ということになりますね。
どう考えればいいでしょう?一握りの人間の‘思い込み’、‘割り切り’がかくも大勢の人間を不幸のどん

底に追いやってしまうこと、戦時下に於けるナチズムの強烈な反ユダヤ主義の結果や、平和時に於ける
唯我独尊的排他主義の結果の大量の死傷者・難民の発生。これ、根っこは本質的に同じようなものじゃ
ないですか~。対談の最後に野依さんは、「これからの学者は自分たちの世界だけで一方的に判断しない

でもっと広く外界とのコミュニケーションをとるべきだ」と言われました。しかし今後このような方向で進んで
行くとは勿論信じておりません。一時は頭を垂れて反省しても暫くたつとケロリンとしてまた同じことを繰
り返します。過去を振り返ればすぐわかることです。人間とはある種、馬鹿な生き物です。相当数の犠牲者

が出て初めて対策に動き出します。生肉ユッケでもそうでしょう。何とかならんもんでしょうか?!一番い
い方法は、関係者達に2か月間臨時避難所で生活させること、ガレキの処理、死者の捜索にあたらせること、
高額の報酬を返上させること。‘人の痛み’が身に染みてわかることでしょう。東京の高級住宅やマンション
でぬくぬくやっていてはどうしようもありません。まあこれは想定外の無理な注文ですがね~。

(辛口論評おわり。お粗末。長文お付き合い頂きありがとう。次回は‘絵の仲間展’のご案内です)
[ 2011/05/09 08:00 ] その他 | TB(-) | CM(-)

第三回矢沢男声合唱団発表会

ゲネプロ*も5日に終え、いよいよ次週14日(土)本番です。目下最後の追い込み中、後3回の特訓。チケットお持ちの方、
どうぞお忘れなきようよろしくお願いいたします。なお当日は13時半開場、14時開演、16時終了。その後20分ほどホワ
イエ(ホール)で各自のお客様にお礼を申し上げます。
(*…ゲネラルプローベ,Generalprobe[独]の略。 舞台上で本番通りの衣装、本番通りの進行で行われるリハーサルのこと。
General:総合、Probe:稽古)(詳細は4/16投稿記事をご覧下さい)(お蔭様でチケット完売いたしました。ありがとうございます)

次回:5/9‘科学と技術について’…かたいなあ~。辛口の話ですんません。
[ 2011/05/07 08:00 ] お知らせ | TB(-) | CM(-)

横浜赤レンガ倉庫フラワーガーデン

「栄美記念展」を見に行った時に撮ったものです。風が強く花がじっとしていませんでした。
221537フrワーガーデン
221537フrワーガーデン
221537フrワーガーデン
221537フrワーガーデン
221537フrワーガーデン

次回:5/7矢男発表会のお知らせ
[ 2011/05/03 08:00 ] | TB(-) | CM(-)

最近、泣けたこと

岩手県宮古市を襲った津波で両親と妹を失った4歳の昆愛海(こんまなみ)ちゃんが避難先の親戚の家のこたつで1時間
近くかけて一文字、一文字丁寧に書いたママへの手紙。「ままへ。いきてるといいね。おげんきですか」…ここまで書
いて疲れたのか寝入ってしまった(以上新聞情報)。涙が出ました。孫と同じ齢頃です。何とむごい。言うべき言葉
を見つけることができません。愛海ちゃんのこれからの人生はどうなっていくのでしょうか。しっかりと、強く
生きて行って欲しいと心から祈らずにはおられません。… 頑張れ、愛海ちゃん!
221530愛海ちゃん

愛海ちゃんのその後:5/10の讀賣新聞より。
いい子にしてれば、みんな帰ってくる…と信じているのだという。
両親、妹の安否はまだわからない。(愛海ちゃんは岩手県宮古市の
漁師の家に育った。高台の家になだれ込んだ津波にさらわれたが
身体が漁具に引っかかり一人だけ助けられたという) 
111621その後の愛海ちゃん
(母・由香さんの写真を手に取り、「ママ、かわいいね」とささやいた)
(この写真をじ~っと見てるとまた涙が出てきた)

111621その後の愛海ちゃん
111621その後の愛海ちゃん
(すべて忘れて夢中になれる楽しい時間)
(しかし時として突然泣き出し、寝る時は布団の中でおばあさんの首にしがみつくという)
111621その後の愛海ちゃん
「ママへの続き。…おりがみと あや?とりと ほんよんでくれてありがと」
「ぱぱへ。あわびとか うにとか たことか こんぶとか いろんなのお(を) と(っ)てね 」

愛海ちゃんのような子は他にも沢山いることでしょう。大人はともかく
として、こんな幼気な子供が…と思うとほんとに悲しいことです。


次回:赤レンガフラワーガーデン
[ 2011/05/01 08:00 ] その他 | TB(-) | CM(-)