お役立ち情報 

インターネットでラジオが聴けます。災害の時などでラジオがない時、便利です。(もし聴けない場合、ポップアップは‘許可’にして下さい)
[2011/08/31 18:34] お知らせ | コメント(-)

Harryの言いたい放題 

ようやく学級委員選挙も終わった。我も我もここぞとばかりに名乗りを上げ、ほとんどの候補者が党員でもない影の実力者
にすり寄り、媚をうる。政策論争そっちのけ。とにかく数に頼むしかない。信念・信条は二の次。尤も信念があるかどうか
は保証の限りではないが。まあ、こんな調子でやっと野田さんに一段落。数を頼む大所帯の中にも良心派がいたのだろう。

「牢名主 反骨どじょうに してやられ」

本命の票が以外に伸びなかった。さてさてこれからどうなって行くであろうか?課題山積、少なくとも震災被害難民の
早期救済・復興、弱腰外交からの脱却、円高の緩和、この三つは早急にやってもらわねばなるまい。またぞろ野党が
新ターゲットよろしく足を引っ張りに来るか?もしそんなことやったら完全に国民からそっぽをむかれ二度

と浮上できなくなるだろう。新生民主党も新しい理念で野党の協力が得られるか、新党首・総裁は勇気をもってそれら
と相和し時には対決し内向きではなく国民サイドに立ったスタンスで突き進んで頂きたい。とにかく2年で3人目の
総理大臣である。またこけたら日本は沈没する。どうか‘ねじれ国会’の再来なきことを願う。今頃は人事の裏工作が

始まっていることであろう。要の幹事長ポストに誰がつくか、少なくとも大所帯グループからでないことは明白だろう。
多分、論功行賞的には決戦投票で支援に廻った本人またはそのグループまたは中間派からではないか。大グルー
プには党3役の一つと主要大臣をおすそ分け。これ次第ではボスが満足せず党内またや元のもくあみ。譲歩しすぎ
るとなんのことはない、かいらい政権となる。う~ん、難しいね。あれこれ推理するのも面白い。

最後に一つだけ。新党首の記者会見の施政方針の中には外交問題は‘普天間’のことしか言及されていない。所謂
尖閣沖の衝突など‘弱腰外交の脱却’については何ら触れられていない。残念な気持ちである。あれだけちっぽけな
北朝鮮やしたたかな中国外交に対抗するには余程、肝をすえた覚悟が必要である。生半可な表面をつくろう外交用語

の羅列では日本の国益はどんどん損なわれるだけである。円高や復興問題などは誰でも声高にものを言うので政策
課題として大きくとりあげられるが、この種の問題は直接個人の利害に影響を及ぼさないので地味なテーマになりがち。
問題が起こった時には‘弱腰外交!’などと叱責されるがほとぼりがさめるといつのまにか表から消えていってしまう
(ように見える)のはいかにも残念である。


真面目な話、今のうちに何とかしないと10年もたったら取り返しのつかないことになっている可能性が極めて大きい。
こうしている間にも、したたかな彼らは領海侵犯、日本の領土訪問、海底資源発掘など着々と実績をあげつつある
のだから。我々はいい。子供たちの世代のためだ。野田さん、外務大臣はきちんとその辺をわかった筋を通す人を

お願いしますよ~!(原理原則主義者の岡田さんなんか適任では?)ただ誰がなろうが法律を改正しなきゃどうにも
ならない。武器の使用、逮捕臨検を現場でやれるようにすることだ。いちいち中央にお伺いしてる間に逃げられて
しまう。また経済支援のストップも躊躇なくやればいい。国民の税金を使って敵に塩を送るようなことはぜひやめて
貰いたい。朝鮮学校への教育費支援もそうだ。教育して大きくなったらバリバリの反日家だ。冗談じゃないよ!
 

次回:9/1かながわシニア美術展
次々回:客船往来
[2011/08/29 16:00] 言いたい放題 | コメント(-)

八島ケ原湿原の花たち(3) 

221836八島ヶ原湿原
(枝の先の丸い形はなんでしょう?ここだけ剪定した筈もなく~自然にこうなるのでしょうか?葉っぱが違いますね、寄生?)
221836八島ケ原湿原
シモツケソウ)…白以外にもいろいろあるんですね。
221836八島ケ原湿原
(カラマツソウ…漢字, 唐松草. 別名, スズラン. 花期, 7月~8月上旬. 科, キンボウゲ科. 属, カラマツソウ属. 形態,
多年草.日本各地の山地の草原に生える。全体に無毛。高さ90cm位中空、緑色あるいは紫色を帯びる。)
221836八島ケ原湿原

次回:Harryの言いたい放題
次々回:かながわシニア美術展


[2011/08/28 08:00] | コメント(-)

お知らせ 

リンク(58番目)にサイト、‘NHK映像マップ みちしる’を追加しました。地図上のマークをクリックすると3分程度の動画が出てきます。
地図をずらしながら各地を旅することもできるので結構楽しめます。これから行こうとしている旅行の参考にもなりそう。
地図は左クリックしながら任意のところまで動かせる。縮尺もスライダーで。

また東京、小金井公園の一角に‘江戸東京たてもの園’がある。江戸から昭和初期までの文化的価値の高い建物27棟が移築・
復元されている。1993年の開園だそうで知らなかったです。折があれば行ってみたい。 行き方など。
ここは江戸東京博物館の別館だそうですね。これも初めて知りました。

もっと身近なところに日本最大の‘日本民家園’があります。前にニ度ほど行ったことがあります。涼しくなったら行ってみたいな~。
適度なアップダウンがあり運動にもよろしい。合掌つくりの中のとろろそばもおいしそうです。


次回:8/28八島ケ原湿原の花たち(3)最終回
[2011/08/25 08:00] お知らせ | コメント(-)

砂鉄を求めて幾千歩(2) 

面白くない記事もこれで終わりです。
221920砂鉄探し
(栄区いたち川の源流近くで採取中)
221920砂鉄探し
(採取した24地点の砂を乾燥させハンマーで粉々にして強力磁石で砂鉄を抽出中)
(重量比で最高25%程度の砂鉄を検出しました!/場所によってかなり幅がある。どこでも土の中には鉄分は含まれて
いるがその量、%が問題なのです)
(17,8%程度の含有量があれば人件費・運搬代いれても十分採算に合ったと考えられている)
221920砂鉄探し
221920砂鉄探し
(当時の絵図:砂鉄を含んだ砂を川で選り分けている/重い砂鉄が沈む比重選鉱法=銑穴流し/かんなながし)
(今回の場所では、昇龍橋~権現山~すぐ下の川あたりがその場所だと推定しています)
(砂鉄ハコビ、清メ砂鉄、砂鉄清メ場、仕役人小屋…などの文字が見える)
(田んぼに泥水が行かないように10月から3月の間に行っていた)
(鉄穴師/かんなじ、作業員の穴夫/あなふ、砂を掘る堀子/ほりこ…5~10人が1チームで作業)
221920砂鉄探し
(当時の絵図:溶解炉…‘たたら炉’と言います)
(同鉄ヲツク図…と書いてあるらしい。番子/ばんこ、と呼ばれる送風職人が天秤フイゴで炉内に風を送り、
村下/むらげ、と呼ばれる技師長が砂鉄をスコップで放り込んでいる)

(深田製鉄遺跡は南からの風がすぐ背後の山の斜面に当たり製鉄に具合がよかったのではないかと考えられます)
以上、取り敢えずのまとめ。以降、地点を磯子、港南、金沢、鎌倉岩瀬、今泉などに広げ更に検証を進める予定です。
最後まで余り興味のない話にお付き合いいただきありがとうございました。

(次回:八島ケ原湿原の花たち(3)…八島ケ原湿原最終回…その前に‘お知らせ’を)

[2011/08/23 08:00] その他 | コメント(-)

八島ケ原湿原の花たち(2) 

八島ケ原湿原
(手前は八島ケ池…空気が爽やかです、気持ちいい~)

(想像力のテストです。この写真の中に‘すう~っと’入ってみて下さい。さあ、現地にきました。小径を、愛する人と
そぞろ歩き。周りからはうぐいす達の鳴き声が~。おいしい空気。爽やかな風がやさしく頬をそっとなでる。草原の花
たちが風にゆらぎおいでおいでをして僕たちを招いているみたい。楽しい語らい。あ~幸せだなあ~。至福のひと時…)

(あっという間に現実の世界に戻りました。至福の語らいはありますか?/勿論、YESでしょう)

八島ケ原湿原
(上、下ともキンバイ草…梅のような形の黄色の花をつけるところから金梅草と名づけられた。いろいろな種類があるようです)
八島ケ原湿原
八島ケ原湿原
ヤナギラン
次回23日頃:砂鉄の最終回
[2011/08/19 08:00] | コメント(-)

砂鉄を求めて幾千里(1) 

続き、湿原の(2)の前に変わった出し物を~。歴史の会の仲間と研究しているテーマ「上郷深田製鉄遺跡で使われた鉄の原料は
どこから調達されたのか?」今から7~800年前ここ栄区で製錬炉が作られ製鉄が行われていました。当時近辺には松・なら・
くぬぎなどが沢山あり燃料にはこと欠かなかった筈。問題は原材料となる砂鉄をどこから持ってきたか?…ということ。三浦

海岸や七里ケ浜で砂鉄が一杯とれたということは周知の事実。しかしこんな遠方から重い砂鉄を運ばなくても近隣で砂鉄が採れ
たのではないか~というのが我々の仮説。それを確かめるべく暑い中を探索してきました。まだまだ活動は序の口で来年までか
かりそうですが過去3回の中間締めとしてまとめてみました。(言っておきます。はっきり言って超面白くないです。しかし
かっこよく云えば‘男のロマン’!。訂正、幾千里→幾千歩)

上郷猿田・深田遺跡
(この説明の下に‘この近辺の地層から砂鉄を…’と書いてあるがそれを実証した人はいないようです)
221841上郷猿田遺跡
(左側、現在の‘神奈中車庫’方面から入ってくる。右は‘瀬上の池’方面へ/昭和57年当時の写真)
(この遺跡は埋め戻されており、現在この上辺りを神奈中車庫から港南台へ行く道路が走っている)
瀬上の川底採取中
(瀬上の小川で仲間が砂を採取中)
旧白山神社跡の崖
(旧白山神社跡地の崖で砂を採取中/リーダーY氏)
(砂はこのように固定化されたところから採取するのが望ましい。砂はその後あちこちから運び込まれるので…)
22191910いたち川権現森
(途中、権現森近くの見事な‘さるすべり’白い花は珍しい?)
221910いたち川源流近く
(いたち川源流近く…川底が一面、鉄の赤さび色になっている。鉄を喰うバクテリアが出す
 排泄物の堆積か?錆びた砂鉄が付着したものなのか?この川底は固い岩盤になっています)

(2)8/24頃へ続く:ついに出た~!ばんざ~い

次回:8/19八島ケ原湿原(2)
[2011/08/16 08:00] その他 | コメント(-)

八島ヶ原湿原の花たち(1) 

221836八島ケ原湿原
山梨県、標高1650m、1万年の歳月を経て形成された湿原。500種類以上の植物が群生している。(八島ケ池)
221836八ケ原湿原
(エゾカワラナデシコ)
221836八ケ原湿原
(これは何だかわかりません…どなたかわかりますか~?)
(Mrs Mah Thank you!教えてもらった名前から調べてみましたがどうも‘ハナチダケサシ’ではないかと~どうでしょうか?
‘トリアシショウマ’と似ているが一寸違うような~葉っぱがほとんどないのです。写真にも写っていません)
221836八ケ原湿原
(あざみのつぼみ)
(2)へ続く

次回:八島ヶ原湿原(2)の前に‘砂鉄を求めて幾千里’
[2011/08/13 08:00] | コメント(-)

Harryの‘言いたい放題’ 

長崎の実写映像(10分):




今日9日は長崎原爆投下の日、また6日は広島に世界最初の原子爆弾が落とされた日です。6日の
NHKスペシャル「原爆投下~活かされなかった極秘情報」(21時~)を見ました。想定外の奇襲と思
われてきた原爆投下、実はその予兆は陸軍情報部の無線傍受によってキャッチされB29の特殊任

務機とみて、陸軍上層部(参謀本部、陸軍大臣)へ報告されていたのです。今までの米軍のコール
サイン(飛行部隊によって異なる)はV500,700台であったが新たにV600台が急遽出現。
陸軍情報部はこれを極めて強力な爆弾を搭載した少数編隊の特殊任務機と判断。直ちに報告を行っ

たが上層部はこれを黙殺。その結果、多くの広島市民が無防備に1000度の熱線にさらされることと
なった。参謀本部は米国はこれ以外の原爆は持っている筈がないと甘い独善的な判断を下してい
た。翌日にもまた同じコールサインを傍受。これも報告はされていたが無視。結果的に長崎も無防

備に広島の二の舞になってしまった。紫電改の元パイロットは証言している。「何故、警戒警報を
発令してくれなかったのか!」、「そうすれば建物、防空壕に逃れることもできたのに!」、「何
故我々に、出動命令を下さなかったのか!」、「時間的に十分原爆を搭載したB29を攻撃できた

のに!」、「返す返すも無念である」、「国民の皆さんに申し訳ない!」…と涙ながらに訴えてお
られた。もう80代後半や90代の方々ばかりである。広島・長崎市民の多くを悲劇に追いやった張本
人は当時の陸軍上層部の連中である。TVを見ていて誠に腹立たしく、無力感に襲われた。権威と

は何とおそろしいものか、人間とは上へ行けば行くほど‘黒を白と言い張る’、‘面子’、‘保身
’に凝り固まり「唯我独尊」に落ちいってしまうものだ。これは正に現在の原発事故に相通ずる現
象なんだなと…。証言者の言葉。「これが日本の姿。許していたらまた起きる」。やはり起きてし
まった。

軍の参謀本部に相当するのが今の‘経済産業省、原子力保安院、原子力安全委員会、電力会社’
である。原子力推進組織と規制・チェック機関が伏魔殿的に混然一体となったいわゆる‘原子力村’
を形成している。「俺たちのやっていることは絶対だ、間違いが起きるはずはない、余計な差し出

口は結構だ~黙っていろ」…ということだ。地震学者が過去に起きた津波情報を元に堤防の高さの
見直しなどを警告しても黙殺。また‘原子力村’の中の心ある人たちが‘安全神話’に水をさすこ
とを少しでも言おうものなら寄ってたかっていじめ抜く。内部告発者は生きていけない。自然に黙

ってしまう。かくして一部のボス達のやりたい放題。その結果が原爆被害にも匹敵するあの惨憺た
る震災を生み出した。今、その張本人たちはどう思っているのであろうか?相も変わらず、自分に
都合のいい言い訳で理論武装しながらのうのうとポストにしがみつき高給をはんでいることであろう

。形だけの一見‘左遷’とおぼしきカムフラージュも見え見え。お天道様はお見通し。再度、広島
証言者の言葉。「これが日本の姿。許していたらまた起きる」。さてどうなるか?二度あることは
三度ある。菅さんの云うようにやはり脱原発しかない。少なくとも極力減らして行くことだ。コス

トが安いなんて言ってるがこれも怪しい。推進派に都合のいい計算である公算大。50年に一回何ら
かの原発事故が起こると仮定してその後始末費用何十兆?をコストに反映させたりあるいは現在は
加えられていない原発廃材処理費用などを入れると火力、水力、風力、太陽などよりはるかに高く

なり一躍TOPに躍り出る。それでもやるか?大多数国民の利益・繁栄のために少数国民の不幸・
悲劇が起こっていいか?当然NO!である。月々の電気代が¥2000位あがっても我慢しますよ~
こんなことさえ起こらなければ!企業の経営者もエネルギーコストUPだとか言ってすぐに海外に

逃げないで欲しい。それって日本人じゃないですよ~。為政者もここ数年間はこの震災ショック忘
れないだろうから最高の安全策で原発を稼働させ、この間に代替エネルギーの実用化を推進して欲
しい。今後生まれる新政権で与野党結束して危機を打開してくれることを一庶民として切望します。

(お疲れ様。ぐじゃぐじゃいろいろ書きましたがこれで終わります。付き合ってくれてありがとう)


次回:13日八島ケ原湿原
[2011/08/09 08:00] 言いたい放題 | コメント(-)

夏の風物詩 

久しぶりです。来週は1枚持っていかなきゃいけないので、長く続く遠景の山並みを背
景に取り入れ、ひまわりを描いてみました。水彩+パステル。6号。
(太陽と横に山の稜線を取り入れたアイデア、気に入っておりますがいかがでしょう?)

太陽に向かって咲く野の向日葵、ところが、しっかりバスケットに納まっております。
この後、右の山すそから一本の川筋をぼやっと引き、左下の濃いブルーへつながる
イメージで修正を加えました。ワイフが冷やかし、「バスケットに桃でも入れたら~~」、
どんぶらこ~どんぶらこ~?

(9/26からの‘第10回絵の仲間展’として本郷台駅前に展示予定)

「向日葵や じっと見入られ おもかゆし」
 「向日葵や 山並みこえて 輝けり」 
「向日葵や 山並みはるか 咲き競う」

221916向日葵の絵

(次回‘いいたい放題’)
[2011/08/08 08:00] 絵画作品 | コメント(-)

車山高原 

(6/23の‘(続)五輪真弓’に‘潮騒’、‘恋人よ’の2曲追加しました。左の投稿写真記事一覧から見れます)

今日は最近買ったフイルムカメラでのポジ撮影が目的。(ここへ出すのはデジタルで撮ったものですが~)
いいのが撮れたらデジタル化して出しますね。
221836車山
(車山/山梨県茅野…涼しい空気に吹かれ気持ちがいいです。生憎青い空が少ない~~!)
221836車山高原
(日光キスゲ…非常に少なくなっています。鹿が味をしめて若芽をどんどん食べてしまうそうです)
221836車山高原
(このようにちらほらです。向うに見えるのは鹿よけの柵でしょうか?)(曇ってきました。あ~あ、残念!)
221836車山高原
221836車山高原
221836車山高原
車山神社御柱
(柵で囲われたところはこのように群生しています)
221836車山
221836車山高原
221836車山高原

次回:夏の風物詩
[2011/08/03 08:00] 山の風景 | コメント(-)