FC2ブログ







フイナーレ/2012

DSCF6048-1.jpg

今年1年どうもありがとうございました。1日65回も見て下さっている方々がいるということで
今日まで持ちこたえてきました。寄る年波に勝てず?、体力・気力も衰えてきていますので来年
は少しペースが落ちるかもしれませんがそこそこに頑張りますので、拍手クリックを含めてどう
ぞよろしくお願い申し上げます。

・今年1年のカウント(訪問)数:23,790 、1日平均:65回、最大:210回
・今年1年の投稿回数:132回、平均2.8日に1回、(目標:4日に1回)
・今年1年の投稿写真枚数:437枚、1.2枚/日、1回投稿当たり3.3枚
・今年1年の投稿句数: 42 (目標:48…1週間に1句)


感想:「年寄りにしちゃあ、頑張った~!」

雲占い:
毎年12/31のランドマークの空の雲で来年を占っています。2010/12/31の記事の写真では
暗雲ただよい何やら怪しい雲行き、果たして‘東北大震災’が~。2011/12/31の写真では
暗雲なし、大きな災害は無かった。2012/12/31のこの写真では真っ黒。これは不吉。関東
直下型大地震?備えをしておいた方が無難かも。Harryの雲占いは当たります!このブログ
の読者だけが助かります。


早速のYさんのコメント:
「今年一年もよく頑張って楽しませてくれました!!来年も万年青年で色っぽくよろしくお願いいたします」

(明1/1からブログの装い、新しいものに変えます…3カラム、ベース色:Dark Violet
(今の2カラムだと付帯項目はすべて右のカラムに集約せざるを得ず、縦にものすごく長くなって
 しまうから。小さいパソコンの画面幅を考え、左のカラムの幅は最少限度に抑えます))


(僕の仕事、玄関・外周り・浴室の清掃も終え、後は静かに‘紅白’、‘除夜の鐘’を待つのみ。
 しかし年末・正月という感じはない。正月と言ったって、昔のように、凧揚げ・コマ回し・羽根
 つき・カルタ・すごろく遊び…などすたれてしまい季節感なし。せいぜい手帳が新しくなる位か)
[ 2012/12/31 08:00 ] その他 | TB(-) | CM(-)

お知らせ

ブログの写真の右側がちょん切れて見えない(全部表示されない)という場合、
画面右下(多くの場合)の画面拡大・縮小を調節して100%ではなく75%くら
いにしてみて下さい。(以前の画面が4:3の15インチノートパソコンで見たら
そうなっていたので…)。最近の横長の画面のものでは多分問題ないと思い
ますが…。

[ 2012/12/30 21:49 ] お知らせ | TB(-) | CM(-)

横浜・タ・ソ・ガ・レ

12/24 17時 ‘飛鳥Ⅱ’大桟橋出航。ワンナイトクルーズ。大桟橋からでは大きすぎて全体が入らないの
で赤レンガ倉庫の方から。しかし出航15分前頃にはタグボートが後ろに張り付く。入れたくないが仕方
ない。待ってる間、海からの風、寒かった!三脚嫌いな人なんで手持ちで撮影したがやはり難しい。気を
付けていても微妙にぶれてしまう。荷物になっても持って行った方が確実だった~。

DSCF6029.jpg
(16時半頃…RAW撮り→ JPEG現像、ホワイトバランス:3波長蛍光灯(白色)でブルー調に。上には月が…)
(RAWとは…カメラの素子にそのままの生の状態で記録。色彩・輝度情報量が多く微細なニュアンスがす
 べて記録される。従ってフアイル容量は通常のJPEG撮影の5~6倍、1枚20~30メガと大きくなる。
 現像は専用ソフトで自分でやるしかない)、(通常はカメラの中で自動的にJPEG現像が行われるが)

DSCF6029-1.jpg
(同じ写真をホワイトバランス蛍光灯(昼光色)で撮った場合…こんなに変化します)

DSCF6026.jpg
(これが一番自然な感じ?)
DSCF6040.jpg

DSCF6042.jpg
(Cさんのコメント…「どういう人たちが乗ってるのかな~豪華で良いな!!」)
(これは1泊のクルージングだから普通の庶民だろうね。特にクリスマスイブだから若いカップルも多い
 んじゃない?多分7~8万?)

DSCF6043.jpg
(汽笛一声、17時出航、華やかだねえ~乗ってみたいなあ)

DSCF6023.jpg
(ぱしふいっくびーなす…飛鳥と同時停船中。少し小振り。これには何度か乗りました。客船クルーズ
 は荷物の移動がないのでいいですね、催し物も一杯あるし。少しお高いのと食べ過ぎが玉にきず)

次回:12/31 フイナーレ/2012…1年のお礼と総決算
次々回:1/1 新年のご挨拶
[ 2012/12/28 08:00 ] | TB(-) | CM(-)

リンクに追加

書籍検索サイト、‘ウエブキャットプラス’を追加しました。2000万冊の中から探します。見つけた本の購入もできるみたい。
大学図書館1000館の蔵書940万冊、新刊120万冊、洋書890万冊、国立国会図書館の467万冊から検索
できる。題名がわからなければ、大体の題名や内容のキーワードを入れて探すことが可能。またサイト
上に自分専用の‘書棚’をつくり検索した本を保管することもできる。また歴史上の人物など200万人
以上の人物データを収録している。無料電子図書館‘青空文庫’の本も読める。すごいの一語。
[ 2012/12/27 15:48 ] お知らせ | TB(-) | CM(-)

横浜山手・フランス山

デコパージュ展の後、山下公園、大桟橋、赤レンガ倉庫、みなとみらい地区へ。

DSCF6016.jpg

(途中、山手80番館遺跡、関東大震災で崩れた外人の邸宅…部屋を仕切る壁の厚さ、半端じゃないですね)

DSCF6020.jpg
(フランス山公園にはわずかながら紅葉が数本残っていました)
DSCF6021.jpg
(右側、少しグラデーション加工)
DSCF6019.jpg
(西洋館の庭にあった樹。葉っぱの真ん中にざくろのような赤い実が…これ何の樹でしょう?)

 (さっそくKさんから、「トベラではないでしょうか?」。調べてみたらジャストピッタリ。
 ‘トベラは本州の岩手県以南から台湾にまでの海岸に分布する常緑低木で樹高数mになる。海岸の崖地
  などに生育するが、乾燥に強いことから庭園や公園、道路の緑化帯などに広く植栽されている’)


次回:12/28 ヨコハマたそがれーホテルの小部屋~~♪ じゃなくて、客船出航
[ 2012/12/26 08:00 ] 風景 | TB(-) | CM(-)

2012山手西洋館Xmas展

2012山手デコパージュ展DSCF6014.jpg

DSCF6003.jpg

(山手西洋館234番館…JR石川町、元町商店街を真っ直ぐ行き、右へ、坂を上って行くと元町公園。
 その前。途中の外国人墓地にて‘生麦事件犠牲者の墓’に出会う)
(この墓は事件現場で絶命したリチャードソンを中心に重傷を負ったが助かったマーシャルとクラークの
 墓が近年ここに集められた)
DSCF6004.jpg
(及川久子氏の作品)
DSCF6007.jpg
DSCF6008.jpg
(実際の本を固めて作った作品とのこと)

次回:12/26 山手・フランス山
次々回:12/28 ヨコハマたそがれ
[ 2012/12/25 10:40 ] 個展・展覧会 | TB(-) | CM(-)

再び「心の四季」…聴き比べ

(昨日、来年2月に行う定期演奏会で歌う「心の四季」今年最後の練習で全曲歌ってきました。帰宅後改
めてYOUTUBEで調べてみたらすばらしい演奏を見つけました。豊中混声合唱団。作曲者、高田三郎氏自ら
指揮を執っています。特に‘風が’の何ともいえない見事さ)



♪風が桜の花びらを散らす 春がそれだけ弱まってくる ひとひらひとひら舞い落ちるたびに♪
♪人は 見えない時間に吹かれている 光が葡萄の丸い頬をみがく 夏がそれだけ輝きを増す♪
♪内にゆかしい味わいをたたえ 人は見えない時間に磨かれている 雨が銀杏の金の葉を落とす♪

♪秋がそれだけ透き通ってくる うすいレースの糸を抜かれて 雪がすべてを真っ白に包む♪
♪冬がそれだけ汚れやすくなる 汚れを包もうとまた雪が降る 私は見えない時間に包まれている♪



以下今年10月8日に行った我々「あすなろ混声」の演奏:

(曲を途中で止める時は、マウスのカーソルを動画の画面に持って行き、左下隅の四角い印
 □ をクリックして下さい)


全7曲の内、1番‘風が(4.5分)、5番‘愛そして風(2分)’、6番‘雪の日に(4分)’の3曲。全11分。

♪風が桜の花びらを散らす 春がそれだけ弱まってくる ひとひらひとひら舞い落ちるたびに♪
♪人は 見えない時間に吹かれている 光が葡萄の丸い頬をみがく 夏がそれだけ輝きを増す♪
♪内にゆかしい味わいをたたえ 人は見えない時間に磨かれている 雨が銀杏の金の葉を落とす♪

♪秋がそれだけ透き通ってくる うすいレースの糸を抜かれて 雪がすべてを真っ白に包む♪
♪冬がそれだけ汚れやすくなる 汚れを包もうとまた雪が降る 私は見えない時間に包まれている♪


♪愛の疾風(はやて)に吹かれた人は 愛が遙かに遠のいたあとも ざわめいている 揺れている♪
♪風に吹かれて 枯れ葦がそよぐ 風が去れば 素直に静まる 人だけが 過ぎた昔の 愛の疾風に♪
♪いくたびとなく 吹かれざわめき 歌いやめない 思い出を♪♪♪


(指揮:上田 勤 、ピアノ:關根 壽代)
♪雪が激しく降り続ける 雪の白さをこらえながら 欺きやすい 雪の白さ 誰もが信じる 雪の白さ♪
♪信じられている雪は せつない どこに純白な心など あろう どこに汚れぬ雪など あろう 雪が♪
♪激しく 降り続ける うわべの白さで 輝きながら うわべの白さを こらえながら 雪は汚れぬもの♪
♪として いつまでも白いものとして 空の高みに生まれたのだ その悲しみを どう降らそう 雪は♪
♪ひとたび 降り始めると あとからあとから 降り続く 雪の汚れを かくすため 純白を 花びらの♪
♪ように 重ねて行って あとからあとから 重ねていって 雪の汚れを 隠すのだ 雪が激しく 降り♪
♪続ける 雪はおのれを どうしたら 欺かないで生きられるだろう それが もはや 自らの手に負え♪
♪なくなってしまったかのように 雪がはげしく 降り続ける 雪の上に雪が その上から雪が たとえ♪
♪ようのない重さで 音もなく かさなってゆく 重ねられてゆく 重なってゆく 重ねられていゆく~♪♪♪

                              (カワイ出版/2012/3、83刷版より)

Sさんのコメント…「あすなろも良い勝負しています。もう少し丁寧にそしてダイナミックになると良い
ですね! → 成程、ありがたい!しかし微妙なとこが違うのね。‘この僅差’が中々埋められない。


そうか~抑揚のつけ方かな、彼の団の方が抑揚の幅が大きい、即ち、弱いところは弱く、強いところは
強く歌っているようだ。それと「人は~」などの発声、言い方がうまい。


次回:12/26 山手西洋館クリスマス展
[ 2012/12/24 08:00 ] 合唱 | TB(-) | CM(-)

いたち川の秋

横浜市栄区を流れる‘いたち川’。バス停、八軒谷戸下車。昇龍橋から逆に歩きながら撮影。
途中腹が減り近くのマクドナルドへ。ところが食べ過ぎてとうとう夕食は抜き。

風邪も治りましたので明日24日は横浜山の手、大桟橋、みなとみらい…の夜景などを撮ってきましょう。

いたち川の秋

いたち川の秋

いたち川の秋

いたち川の秋
(行ったのは1ケ月ほど前。紅葉は少し早すぎました)
いたち川の秋
(柿がいい具合に熟れていました。渋いかな?)
いたち川の秋
いたち川の秋
(光明寺…我々、地域史研究会会長さんのお寺です)

次回:12/24 「心の四季」…改めて聴き比べ
次々回:12/26 ヨコハマたそがれ
[ 2012/12/22 08:00 ] 残したい地元の風景 | TB(-) | CM(-)

那須の秋(Ⅱ)

P2980006.jpg

(‘紅のつり橋’…塩原門前/長さ58m)、 「虹の橋 はやる心で 浮きうきと」

    Mさんのコメント…「吊り橋の写真いいなあ~、ゆーらゆ~らと渡って、あの綺麗な紅葉の懐に
                包まれ、一句読んでみたいわ」

   「もみじ橋 そぞろ歩きぬ あの方と」 …告白:実はぼくがつくりました。ここに謹んで懺悔いたします。神よ許したまえ。

P2980009.jpgP2980028.jpg

P2980011.jpg

次回:12/22 地元の秋…いたち川風景
[ 2012/12/20 08:00 ] 風景 | TB(-) | CM(-)

那須の秋(Ⅰ)

昨年11/14記事に引き続き今年も‘那須の秋’です。少し延び延びになりましたがご覧ください)

P2980001.jpg
(那須塩原もみじライン)
P2980002.jpg

P2980003.jpg

P2980005.jpg
(道端に咲いてた早咲き桜…驚き!、種類が違うんでしょうか?)

(Yさんからのコメント…「綺麗な青空!!すがすがしい!!それは十月桜ではないかしら?秋~冬
 にかけて開花します。桜とモミジの紅葉って素敵だわね」)


調べてみました。なるほど~。‘開花時期は、10/20 ~ 翌 1/10頃。
             (二度咲き→ 3/20~4/10頃)。花弁は八重で白またはうすピンク色。
               つぼみの3分の1が10月頃から咲き、残りの3分の2は春に咲く。
              1年に2回楽しめる。秋や冬に、季節はずれに桜が咲いてるな~とい
               う時はこの十月桜であることが多い。他に冬桜というのもある。

「秋の空 点々に散りばむ 桜かな」

「秋天や 早咲き桜 点々と」

次回:12/20 那須の秋(Ⅱ)
[ 2012/12/18 08:00 ] 風景 | TB(-) | CM(-)