縄文の貴公子

7月から背景色をミッドナイトブルーに変えました。

P3180001.jpg

左は公田団地のバス停から少し下ったところ。左へ折れ真っ直ぐ進むと真中の写真の階段に出る。突き当りが畑。右端の写真が出土した場所(畑)。
今は野菜が一杯ですが当時は植物はほとんど無かったです。


横浜市栄区公田町、ジョウロ塚遺跡から出土。人面把手(じんめんとって)と言われています。把手とは
大きな壺の口の周辺についているものを言います。もしそうなら壺の大きさは高さだけでも1mを超す大
きなものでしょう。しかし確証はなく、土偶の頭かもしれません。いずれにしても4000年前に作られた

ものできわめて芸術性の高い作品です。古代人の感性に脱帽。…ということでそっくりさん造りに挑戦し
てみました。敢えて素焼(800度)のままとし本焼(1200度)はしません。1200度になると土の中の酸素が
還元されてもっと焦げ茶色になってしまうからです。古代の炉は野焼で1200度までは行かないこともあ

ります。幅:約20cm、高さ:18cm、奥行:15cmあります。近くの公田団地から天神橋の方へ歩いて行く
小道の脇にある畑から出土しました。2回ほど現地を訪問し発見した状況をおばあさんから聞かせても
らいました。しかし不思議なことに、人面把手なら土台になる筈の壺が一緒に出る筈なんですがね。どう

したんでしょう?本物は神奈川県立歴史博物館に展示されています。制作:延12時間。

人面把手-1
(これは本物)

P3170084.jpg
(そっくりさん。時代色を出すため少し汚してあります)
(本物の方が、ややつり目、こちらの方が何となく可愛い~と思いませんか?)

P3170085.jpg
(愛称:さぶちゃん)
(だけどほんとに男の子?髪をアップにして束ねている)

P3170080.jpg

DSCF7051.jpg
人面把手付土器…例えばこんな具合です。これはせいぜい40cm位の小さなもの。
‘把手’の形、耳の具合や顔が良く似ていますね。神奈川県立歴史博物館にて撮影。

公田から出たものは頭の中が空洞で首の下が丸くなっているため、この写真の土
器のようには取付られないのです。冒頭に説明したような取付方になるのでしょう。

P3170081.jpg
目の下、鼻の横の模様は刺青ではないかと考えられます。またはお祭りの時に顔に彩色を施したものかも
しれません。いずれにしてもこのような風習があったのでしょう。これからするとやはり男児なのか?

P3170082.jpg

P3170083.jpg

作陶の記録として長々と恐縮でした。明日は先々月行った山梨、西沢渓谷の後編です。よろしく。

 次回:7/3 西沢渓谷(Ⅱ)
次々回:パソコン・ホームシアター
[ 2013/06/29 08:00 ] 陶芸 | TB(-) | CM(-)

男の料理

月1回の料理教室/采遊会。途中、人面把手(縄文の貴公子)の出土場所を撮るためにカメラを持参。…と
いう訳でついでに‘料理作品’を撮影。料理教室は15年続いていますが中々上達しない。独り身になった
時のために始めたがまだ当分、二人身、なかなか家で作らないので叱られています。今回は、餃子、海老
チリソース、具だくさん中華スープ、杏仁豆腐など。お腹一杯!幸せ~。

これを契機にこれからメニューの内どれか一品毎月作ることにします。

P3180006.jpg
具たくさん中華スープ…白菜、きゃべつ、人参、水菜、絹豆腐、塩、胡椒、鶏がらスープの素。
餃子は難しい。皮は冷房で少し乾燥したのか、包んでいる時に破れてしまう。少し水をつけて
からやりました。余った中身は別に焼いて真中に置き、ひまわりのように盛り付けしてみました。
こんな盛り付けはお店では見たことない、おいしそうでしょう?

4人の優しい女性講師が4ツのテーブルを月交代で順繰りに回り、指導してくれます。楽しいので
毎月欠かしません。年1回、感謝の気持ちを込めて‘謝恩忘年会’をやっています。

一寸気になることが~。ごらんのように食べる前はお箸の先はきちんと揃っていますが、食べてる途中
にみて見たら1本の先が欠け長さが1cmほど短くなっていたのです。先は鋭利にとがっており斜めに折れ
たようです。噛んだ感覚もなく全く不思議。お腹の中に入ったのか?気のせいか何となく違和感が~一寸
不安。もし入ってたら自然に出てくれることを切に祈る、アーメン。→ その後、大丈夫みたい。安心。

次回:6/29 4000年前の貴公子

[ 2013/06/27 08:00 ] その他 | TB(-) | CM(-)

あじさい広場

今、栄区公田町453、通称‘あじさい広場’先週あたりが見頃だったようですがまだきれいです。90種、160本、
色とりどりのあじさいが公園の四方に咲いています。昨年に続いて何枚か撮ってきました。コーラス仲間M氏
や料理教室の先生Yさん、絵画仲間Oさんのご主人ら近所の方々が維持管理されています。場所は栄図書
館の近くから坂を上り1本目を右に、突き当り。(公園の右の路、1~2台路上駐車可)

SDIM0060.jpg
(ガク/額アジサイ。周囲の青い花、実はこれは萼で中にあるのが花弁)
(フオビオンブルー?きれい!)

SDIM0056-1.jpg
(ガクアジサイ)
SDIM0052.jpg
(渦アジサイ…まるで宝石のよう)

SDIM0059.jpg
(これは何アジサイ?)
(いつもの顧問お花博士Mさんから、‘紅てまり’との回答。毎度ありがとうございます。)

SDIM0061.jpg

SDIM0057.jpg


次回:6/27 男の料理
[ 2013/06/23 15:41 ] | TB(-) | CM(-)

第15回‘絵の仲間展’(記録)

P3170053.jpg
(会期:6/11~17、第15回仲間展。幹事:村野、播本)

P3170042.jpg
(並べ順についても絵の特徴を考えてのご指導いただきます)
(会場準備完了した後の先生による品評会)

(会場入り口から順次左回りに紹介して行きます)

P3170058.jpg
(鈴木先生の作品‘春色’、全員の合作コラボレーション…‘夏ひかる’さんていい名前ですね、って言
 われました。考えもしなかったコメントにびっくり)

P3170044.jpg
(上西さんの作品)…左より、初秋のイングランド、モーニング・テイー、スペインにて/お孫さん、一休み、今日もご苦労様。

P3170045.jpg
(小俣さんの作品…夕暮れ、マドモアゼル、日向ぼっこ、悠久の時、静寂/鎌倉浄智寺)

P3170046.jpg
(播本さんの作品…左より、一寸ひとやすみ、象さん象さんおはなが好きなのね、増殖Ⅱ、幽寂/高台寺、奔流(心の四季)、水緩む/いたち川)
P31700557573.jpg

P3170069_20130621155513.jpg
(村野さんの作品…鎌倉散在が池、ハマの教会、思い出のオルゴール、新緑の馬場/根岸、みなとヨコハマ、晩秋の川べり)

P3170047.jpg
(山田さんの作品…風香る、緑のそよ風、思い出の教室、出番は間近、散歩はまだ?テイータイム)

P3170049.jpg
(石田さんの作品…銅の器、メモリー、新緑の候/いたち川)

P3170071-1.jpg
(近森さんの作品…花は咲く、白昼夢、裏通り、ウエルカム、万緑の母子像)…パステル

P3170070-1.jpg
(上坂さんの作品…山下公園通り、散歩道/いたち川、冬景色/円覚寺、ピエロ、フランス人形)

以上ですべての作品終了。皆さんから「どれも優しい作品ばかりですね」とのコメントを頂きました。
「はい、皆、心優しい人ばかりなんで」…どうもありがとうございます。

P317000374.jpg

長い記事になってしまいました。これで終わり。次回は秋、本郷台駅前駐輪場ギャラリーで行います。
次々回は来年2月頃、桂台桜ギャラリーです。今後ともどうぞよろしく。

 次回:6/23 あじさい速報
次々回:6/25 男の料理
次々次回:6/26 縄文の貴公子…やっと完成
[ 2013/06/21 08:00 ] 個展・展覧会 | TB(-) | CM(-)

試写

新しいカメラの試し撮り。唯一このメーカーだけに使われているフオビオンセンサーがどれほどのものか
確認するためにその辺の風景を撮ってみました。。色彩・階調の豊かさ、画質は小さなコンパクトカメラ
としては満足のいくものでした。

SDIM0054.jpg

(庭の紫陽花…一寸こつぶですよね、何という種類?)→ 渦紫陽花でしょうか?(Kさんより)ありがとう!

あじさゐや 木漏れ日に映ゆ 浅みどり

SDIM0053-1.jpg

(この花は19世紀長崎に来たドイツの医学者・植物学者であるシーボルトが愛人の‘お滝さん’の名にち
 なみ「オタクサ」と命名したことは有名)

DSCF0035-1.jpg
(瀬上の池にて)

DSCF0038-1.jpg

瀬上の池に映った細かい枝一本一本がよく出ています。一眼なら当たり前ですがコンデジ(コンパクト
デジカメ)でここまで出ているのはすごいと思います。要はミラーレス一眼で使われているセンサー
とほぼ同サイズのセンサーを小さな躯体に封じ込めたということです。

DSCF0034-1.jpg

瀬上の池へ行く途中の畦道。今頃、この辺り源氏ホタルが沢山出ています。
(行った人の話だと、ホタルより何倍も人の方が多かったとか)

P3170002-1.jpg

(それなりに構えないと扱いにくいカメラ。便利な機能、手振れ防止など一切なし。画質・色調だけが取
 り柄。強みの画質はRAW現像が前提なので余り一般向けではありません。RAWからのJPEG出しで横
 6000ピクセル近くまで出るので写真展向けの大判ポジも大丈夫でしょう。/上の写真で横1000ピクセル
 。これの5倍ほどのPXL数があります)

DSCF0010-1.jpg

(これは何でしょう?→ 答:みなとみらいワールドポータース前の運河の水面です。カラフルなところは
  留まっていた遊覧船の側面の色。面白いでしょう?)

次回:6/21 絵の仲間展(記録)
[ 2013/06/18 08:00 ] 風景 | TB(-) | CM(-)

御礼。

6/11~17、‘絵の仲間展’やっと今日(17日)で終わりました。天候が悪いこともあってご来訪者数思った
より少なかったですが、お出で下さった方へ改めて厚くお礼申し上げます。ありがとうございました。
[ 2013/06/17 20:55 ] その他 | TB(-) | CM(-)

赤レンガ倉庫デジタルアート〔Ⅱ〕

注:これは30mほど離れたところから大型プロジェクター(全部で4台位使って)でデジタルの模様を壁面
に写しだすイベントです。模様が刻々と変化していきます。

P3150030.jpg

P3150031.jpg

P3150033.jpg

P3150028.jpg

次回:6/18 試写…Newcamera のテスト撮影
[ 2013/06/15 08:00 ] 夜景・ライトアップ | TB(-) | CM(-)

西沢渓谷〔1〕

花崗岩の川底を清流が激しく滑り落ちる西沢渓谷(山梨)。次々と目の前に現れる滝の眺めが壮観。
それにしても大したことはないと思っていたら意外ときつい。道はゴロゴロしていて歩きにくい。
至る所にチェーンが張ってありハイキングというよりやや登山に近かった。帰路、横浜駅の階段

が下りれない位、脚の筋が痛くなってしまいました。ああ、情けない、運動不足!
それでも夏セミの声を聴きながら清流を歩く気分、最高でした。

春セミってこんな感じです。



DSCF5036.jpg
(右側が七つ窯の滝…側面から)

DSCF5032.jpg

DSCF5017.jpg

DSCF5020.jpg

苦しい登りを上がり切ったら目の前、見事な眺望。←クリック

DSCF5063-1_20130612102048.jpg

次回:6/15 赤レンガ倉庫(Ⅱ)
[ 2013/06/11 08:00 ] 渓谷 | TB(-) | CM(-)

赤レンガ倉庫デジタルイベント「Ⅰ」

横浜みなとみらい地区の‘赤レンガ倉庫’で‘デジタル掛け軸’なるイベントが行われ撮ってきました。
約100万枚の抽象的な絵を数台の大型プロジェクターで映し出すデジタルアーテイスト長谷川章氏の作品。
新しく買い込んだ高画質カメラでRAW撮りをしたのですが見事に失敗。暗い壁面へのオートフオーカス

は不得意という評価だったのですが見事に実証。仕方なく別のカメラで撮ったものを。

P3150017.jpg

(19時スタート直後、ほんのうっすらと)

P3150027.jpg

DSCF0029-1.jpg

(新しいカメラでただ1枚上手く撮れたもの。精細で空にノイズがないでしょ?)

次回:6/11 西沢渓谷〔1〕

[ 2013/06/09 08:00 ] 夜景・ライトアップ | TB(-) | CM(-)

絵の仲間展:再お知らせ

P315001530.jpg

6/11(火)から愈々、開店。雨が心配ですが皆様、是非いらして下さい。今回は9名・42点の出品です。
一同心からお待ちしております。

(左は当日、会場の案内板に貼るポスターです。例年右のコラボの絵を大きくコピーして使うのですが
 今年は費用を節約してカラーペーパーを使ってみました。すずらんの花のところ3枚は‘貼り付け方式’
 で毎年入れ替えて使えるように…)

第15回すずらん絵の仲間展受付担当
初日午後は13時から、最終日は16時までです。

 次回:6/9 赤レンガ倉庫デジタル模様〔Ⅰ〕
次々回:6/11 西沢渓谷〔1〕
[ 2013/06/06 08:00 ] お知らせ | TB(-) | CM(-)

大船植物園のお花たち〔1〕

DSCF4058.jpg

いろいろに 咲き乱れたる 花の宴

DSCF4059.jpg
(大船植物園にて)

咲き満ちて 色とりどりの 和みかな

今日6/3、みなとみらい「赤レンガ倉庫デジタル掛け軸」を新しく購入した新兵器の試写もかねて撮って
きました。この写真は保険のためもう1台のカメラで手持ち撮影したものです。何台かのプロジェクター
で様々な模様を写しだすイベントです。模様は刻々変わり、結構サイケ調。6/7まで、19時~23時
皆さん時間が有ったら夕涼みがてら如何ですか?なお海ですから風が結構あって寒いです。沢山撮っ
てきましたのでいずれきちんと掲載します。今日は紹介だけ。(高感度で撮ってるんでノイズが少々)

P3150038_20130604123118.jpg
(幽霊屋敷 ホーンテッドマンション?何となく不気味)

赤レンガ 何やら妖し 冷気あり

DSCF4063.jpg
(西洋ハス…こちらはまあなんとお美しい / 温室内にて)

室咲の 花とりどりに 凛として

DSCF4061.jpg
(初々しい乙女たちの競演)

乙女らの 恥じらいがちな 色香かな

 次回:6/7 絵の仲間展再お知らせ…いよいよ11日、封切まじか!お願いしますよ~(宣伝担当より)
次々回:西沢渓谷(山梨)
[ 2013/06/03 08:00 ] | TB(-) | CM(-)