神楽坂散策 & 元年会

寒風の中、昔の色街を地図を片手に歩きました。連れは元年会の仲間。残念ながら色気なし。JR飯田橋15時出発、
2時間ほど。中々風情があって、迷いながらも面白かったです。かくれんぼ横丁→毘沙門天(善国寺)→光照寺(牛込
城跡)→赤城神社→再度、かくれんぼ横丁→飯田橋駅。

神楽坂案内2_0002

P3520001.jpg P3520002.jpg
かくれんぼ横丁…明治から昭和初期にかけての花街。だんな衆が芸者を連れてどこかへ雲隠れするのをお内儀の命でこっそり後を
付ける番頭さん。込み入った路地でついつい見失ってしまうことから、そう呼ばれたとか。

左:電柱のところの人物は一緒に散策した藤原さん。

P3520003.jpg
左:料亭

神楽坂通りから東にのびる神楽坂仲通と本多横丁の間のエリア。扇形に組まれた石畳が目印だ。

P3520004.jpg

狭い路地には坂道、階段も多くまるで迷路のよう。

P3520022.jpg

周囲には黒板塀の老舗の料亭や小料理店などが点在、粋な雰囲気が漂う。

P3520023.jpg

「神楽坂の写真、素晴らしいです。写真撮影技術が高いんですね!」/ 藤原さん
…いいえ、そんなことはありません。撮った後の画質調整ですかね~。

P3520024-2.jpg

当日の‘元年会’(品川にて)。…平成元年にできた同じ会社・同じ職場のOBグループ。半年に1回の集まり。

次回:3/7 創作VEST
[ 2015/02/27 07:30 ] 風景 | TB(-) | CM(-)

男の料理教室 / 菜遊会

P3530010.jpg P3530011.jpg

                                                            (クリックで拡大)(パウンドケーキは、バターケーキの一種。 小麦粉、バター、砂糖、卵をそれぞれ1ポンドずつ使って作ることから「パウンド」ケーキと名づけられた。 フランスのブルターニュ地方のケーキ。料理中話題になりましたが誰も‘パウンド’の意味がわからなかったので調べてみました)

今日は主に‘イカ飯’と‘菜の花の辛し和え’を担当。イカ飯としてはかなり大きいイカでした。中に詰めたごはんの量がやや
多すぎたためか出来上がりは少し硬かった。多いと中でもち米が踊らないので固くなってしまうとのこと。
菜の花の和え、練りがらしの量が少し少なかったみたい。箸でやらずに手で和えたら怒られました。

201502菜遊会レシピ1 201502菜遊会レシピ2
(クリックで拡大)

次回:2/27 神楽坂探訪


[ 2015/02/24 07:30 ] 料理 | TB(-) | CM(-)

さかえ春の写真展

横浜市栄区、春の文化祭、写真展のご案内です。皆さんのすばらしい作品が一杯あります。ぼくは‘サークル写和’から
出品しています。ご都合よければお散歩がてらぷらりとお立ち寄り下さい。

2015さかえ春の写真展

ぼくの作品は「嵐影湖光」…少し大げさですが‘山と湖の美しい風景’という程の意味です。写真と額のマットの色がうまく
マッチしていますね…と写真屋さんから言われました。

「今日、時間がとれたら、写真展行くかも知れません。適当に一人で見せて頂きますのでおかまいなく(笑)」/ Kさん。
…ありがとうございます。当方も4月の絵の展覧会の打ち合わせでリリスに行きます。時間が合うかな?

次回:2/24 男の料理教室
[ 2015/02/22 07:30 ] お知らせ | TB(-) | CM(-)

嵐影湖光

P3530009-1.jpg
(クリックで拡大)

2/25から始まる‘春の写真展’の出品作品、装丁できました。マットの色、写真は明る過ぎ。実物の方が深みがあって渋いです。

次回:‘さかえ春の文化祭:写真展’のご案内
[ 2015/02/19 07:30 ] 写真作品 | TB(-) | CM(-)

富岡製紙場 〔Ⅱ〕

富岡製紙場1
(クリックで拡大)

P3500009.jpg
(繰糸場…まゆから生糸をとる作業場/明治5年の建物)

P3500012.jpg
(繰糸場内部の機械…当時の物は既になくこれは日産自動車/旧プリンス自動車製の自動織機。昭和62年まで使われて
 いた。日産は長年勤めた会社で合併してからは織機部門は‘繊維機械事業部’となりました。なつかしいです)

P3500013.jpg  …「検査記録用紙」/機械全体がビニールカバーで保護されています。
記録する前に生産中止になってしまったのでしょう。

P3500014.jpg
(プリンスの銘板)

P3500015-1_20150218175404571.jpg
(NISSANの銘板)(この美しいお手ては?…ビニールの皺を伸ばして平らにしています)(皺のばしは無理!)

生糸の生成工程:
生まゆ→乾燥(中のさなぎを殺す)→貯蔵(倉庫)→選まゆ→合併→煮まゆ→繰糸→揚げ返し→仕上→完成
ざっとこんな感じ。難しい説明は省きます。
そう云えば、昔、中学生の頃、近所の友達らとかいこを飼うことがはやっていて自分もやった記憶があります。
…ということで‘富岡製紙場’はこれで終わりです。

次回:2/19 写真展作品
次々回:さかえ春の写真展ご案内
その次:神楽坂探訪
[ 2015/02/13 07:30 ] 世界遺産 | TB(-) | CM(-)

富岡製紙場 〔Ⅰ〕

富岡製紙場2
世界遺産、富岡製紙場。現役の時、すぐ近くに会社の工場があり出張でよく行っていました。当時はまだ一般公開され
ていませんでした。なつかしい思いで上州富岡の街を歩きました。

P3500007.jpg
正面入り口にある東繭倉庫(乾燥したまゆを保管していた。建物は‘木骨レンガ造り’で木で骨組み(写真に見える
縦横の枠)を作りその間にレンガを埋めていく構造。レンガに直接、重さがかからないので耐久力があるとのこと。
明治5年。長さ104m)

富岡製紙場3
(クリックで拡大)

P3500021.jpg
(北側から)

P3500008.jpg
(女工館:フランス人女性教師の住居/ 明治6年)

出張、遠いところまで行ってたのですね~ご苦労様でした。昔の建物、立派で素敵ですね。人間の力は素晴らしい!」/ マッチさん
…自動車関係の会社です。富岡製紙場、歴史的には勿論価値はあるが、世界遺産ほどの物かなあ~というのが正直な感想。

P3500006.jpg
(検査人館…フランス人検査技術者の住居)

P3500018.jpg
(左:寄宿舎  右:ブリュナ館)

P3500019.jpg
(乾燥場…昨年2月の大雪で屋根が崩壊。修復中)

続く:後1枚

次回:Ⅱ

[ 2015/02/09 07:30 ] 歴史建造物 | TB(-) | CM(-)

節電・省エネ(手間)

東京電力提供の‘電気家計簿’なるWEBサービスがある。これで見てみると我が家の診断はかなり、!。昨年2月の
電気使用量は800KWHで同じような条件の家庭は約500ということだから「え~?!」だ。古い電気器具は省エネにな
っていないからよく喰う。またホットカーペットなるものはものすごく喰う。そこで少し対策を実施。結果は最近の結果

は480と下がった。これでも同条件の家庭444KWHより少し高い。省エネ上手の家庭は267KWHだそうだ。これは最
新の省エネ設備で固められた新しい家のことだろう。しかしこの‘電気家計簿’は結構面白い。皆さんの家庭も登録
(無料)して調べてみたら?


家の中には電気器具の類があふれかえっている。これは皆さんのところでも同じでしょう。最近のものはほとんどすべて
何がしかの待機電力を消費しています。一個一個は大したことはなくても数が多くなれば無視できません。そこでタイマー
の登場。拙宅では以前からデジタルタイマーを5ケ使って省エネ&省手間をやっております。対象は、DVDレコーダー、

コンポ、電話機、ホットカーペット、パソコン、ルーター、光TVチューナー、アンテナブースター、トイレ暖房機などなど。エ
アコンは構造上できません。え~とそれから何泊かの旅行の時、防犯のため夜中の明かり用に。ONの時刻は朝7時と
8時半の2種類。OFFの時刻は深夜0時と1時半。月曜日から日曜日までの毎日の起床スケジ
ュールと夜更かしスケジ

ュールに合わせて設定。デジタルタイマーのいいところはこんな細かい芸当ができること。それにも増して最も便利なのは
決まりきった毎日のスイッチ入り切り操作をしなくても自動でONにし、自動でOFFにしてくれるので省手間になることです。
設定時間外にONにしたい場合はタイマーのAUTOをONに、OFFしたい場合はタイマーのAUTOをOFFにするかテーブル

タップの個々のSWをOFFにする。タイマー自体の消費電力は1W。皆さん如何ですか?え~?こんな面倒なことできない
??‘無駄の効用’ってのはわかるが、寝ている夜間にONにしておくのは100%無駄。‘無駄意識’が強いのは現役時代、
社内や関連会社の‘総コスト低減’に携わり徹底的な‘無駄の撲滅活動’をやってきたことが意識に残っているからかもし

れない。(因みにタイマー個体の値段は¥1240/アマゾン。タイマー代の方が高くつく?…こういうの面白い。朝2階から降
りてきた時には下の部屋のこたつや他の電気機器すべてがONになっている。寝る時はエアコンだけ消せば後は自動で
OFFにしてくれる。楽ちん)

P3530002.jpg

P3530004.jpg
蛸足配線のようですが1個1個のアンペアは少ないので大丈夫。

次回:2/9 世界遺産/ 富岡製紙場(Ⅰ)…次回に出さない写真を下記に。

富岡製紙場1 P3500011.jpg
右: クリックで拡大
P3500004.jpg P3500016.jpg
右:クリックで拡大

P3500017.jpg P3500023.jpg
左右:クリックで拡大

[ 2015/02/05 07:30 ] その他 | TB(-) | CM(-)

写真展に立候補します

春の写真展に出す写真、どれが当選でしょうか?‘どれ位、じ~っと見入ってくれるか?’が選択基準。
良かったら皆さんのご意見知りたいです。下の手の形の‘拍手マーク’をクリックして書き込んで下さい。
無記名でも結構です。(できたら1番、2番、3番手位まで) (クリックですべて拡大できます)

暫くの間(何日か)このままにしておきます。どうぞよろしく。

SDIM0343-2.jpg
(クリックで拡大)(額に入れたイメージ/ 半切)
題名:「嵐影湖光 / 金鱗湖 (湯布院)」 → 皆様のご意見も勘案しながら写真展作品これに決めました。

P3460014.jpg
「黄金(こがね)の絨毯」

SDIM0343-1.jpg

「嵐影湖光 / 金鱗湖 (湯布院)」 → 皆様のご意見も勘案しながら写真展作品これに決めました。
左上の空と左下の湖面光はカットします。

P3450007.jpg
「晩秋の金鱗湖 2」

SDIM0362.jpg
「蒼の世界」

P3460026.jpg
「華麗なる空間」

SDIM0282.jpg
「神護寺の秋」

私の好きな写真 ? 晩秋の金鱗湖(以前、湯布院に行き金鱗湖を訪れ、あま感動を受けませんでしたが、  
早朝にはこんなに美しい景を為すのですね、見直しました) 、華麗なる空間(私的には緑と赤の濃淡が少
し効いていると超Goodとか思います) →こんな感じ?(クリックで拡大)
P3460026-1.jpg

蒼の世界(手前の石がもう少し小さい方がとか・・・)手前の石と木
の幹が同じ大きさでそこに目が行ってしまいがち・・)あくまでも素人の感想です悪しからず
」/ かもめパリさん。

…貴重なご意見ありがとうございます。大いに参考になります。

1、黄金の絨毯2、晩秋の金鱗湖3、蒼の世界」…です。/ マッチさん。
…サンキューです。1は今日(3日)に出したものです。迷うな~やはり大方は「金鱗湖」かな~?。

次回:2/5 節電・省エネ

[ 2015/02/01 07:30 ] 個展・展覧会 | TB(-) | CM(-)