鎌倉・妙法寺〔Ⅱ〕 

20100101-SDIM0448_20160527154049d6d.jpg
法華堂:文化年間、水戸家による建立。長い階段を登りきると正面にこのお堂が。
            涼しい風がそよと吹き、周りの静寂さと相俟って、誠に気持ちがいい。左へ進むと形のいい鐘楼が待っている。

20150513-DSCF2083.jpg
鐘楼:

20150513-DSCF2079.jpg
化粧窟:日蓮や日叡はこのようにして修行したのであろう。

20100101-SDIM0449.jpg
仁王門:徳川十一代将軍、家斉はよく妙法寺に参拝していた。朱塗りなのはそのため。
                       明治中期までは境内に将軍御成の間が置かれていたが今はない。(苔の石段から下を見る)


妙法寺


苔の石段のところで写真を撮ってあげたのがきっかけ。余り時間はなかったが若い女性と
話ができて若返った気分。

「「彼氏は?」、「まだいない…」、「そう」、「おじさん、歳いくつくらい?」、「いくつに見える?」、
「う~ん、65位?」、「ありがとう、実は○○」、「え~うっそ~」。「いい彼氏はやく見つけてね、
くれぐれも悪い男に引っかかっちゃ駄目だよ」、「ありがとうございます」、「じゃあ、おじさん
が途中まで一緒に行ってあげる」、…なんて調子。純真な明るい、いい女の子でした。時間
があれば夕飯位ご馳走してあげたのに…」

俳句はずいぶん詠んでいらしたのですね。拝見いたしました。感情がのびやかに表現されていて佳句も沢山ありますね。
 私は29年前から(昭和天皇ご崩御された年)作り続けていますから駄句ですが膨大な数となっています。句作に苦しむ時
 も多々ありますが、これは頭の体操と思い多分作り続けていく事でしょう
」/ Fさん。

…語彙の貧弱さに嫌気がさしてやめていましたが、Fさんのきっかけで、これからは時々やってみましょう。先生よろしく。

次回:6/2 男の料理教室(麻婆豆腐、春雨スープ、生春巻、パウンドケーキ)…毎月1回15年続けていますが、
    今では家で作ることはほとんどありません。いざとなればやれる自信だけはつきました。しかし月1回
    位は家庭サービスで腕?を振るうのも悪く無いかな?

次々回:6/5 最近の絵画作品(追憶の百人番所)…何となく寂しく、ノスタルジーの漂う雰囲気。
その次:老骨矯正器

[2016/05/29 07:30] 神社・寺院 | コメント(-)

鎌倉・妙法寺〔Ⅰ〕 

鎌倉・妙本寺の続きです。妙法寺は1253年日蓮が千葉阿波より鎌倉に来て開いたお寺。入り口で拝観料¥300を
払うと火をつけたお線香をくれ、少し先の本堂でお参り。右の方へ進むと仁王門、その先に苔石段がある。

20150513-DSCF2086.jpg

20150513-DSCF2072.jpg
本堂:文政年間、肥後藩主 細川家による建立。

20100101-SDIM0446.jpg

木漏れ日の 苔石段に 落ち葉散り
(俳句のF先生、添削して下さい)

「木漏れ日の 苔石段に 落ち葉散り」情景が見えて素晴らしいです。
でもねぇ、言わせていただければ落ち葉は秋の季語ですし、季語が無いです、
そして写真と同じにどこにピントを合わせるのか、三つがばらけていて、欲張りすぎ! 残念!

だれ?私の事じゃないわよね・・・でも私が添削するとすれば。
→いや、あなた!ピンポーン。

落ち葉に夏をつければ、夏の季語になります(俳句では5、6月は夏) 交通整理をします 

 木漏れ日や苔石段の夏落ち葉・・・・「や」と切字にすると木漏れ日にピントが絞れます。

 木漏れ日さす苔石段に夏落ち葉・・・上5 は字あまりでも良いです。

                  こうするとハリーさんの句に近いです。どれでもお好きな方を!

私ならこんな句に 木漏れ日や苔石段は艶めきぬ

         木漏れ日や苔石段の息づかい 2点に絞ってみました、ハイお粗末でした。


最終結論:「木漏れ日や苔石段の夏落ち葉」…はい、ぼくの句になりました。

…いやあ~無料のご指南、ありがとうございます。さすが!おととしまでは写真俳句出してましたが
  なんだか毎回同じような語彙しか出てこなく、また歳時記見て引用するのも嫌だしやめてしまい
  ました。時々出して先生の診断を仰ぐことにしたいです。よろしく。

因みに過去の写真俳句集

バック、パープルも素敵ですよ。いつも有難うございます。…これもありがとう。

日記:・25日、13500歩(房総)
    ・秋の絵の仲間展用2作目スタート。
    ・来年5月の矢沢男声第五回発表会チラシデザイン基本構想出来。
お知らせ:6/6(月)20時、テレビ東京「医者のいらない診療室」で横浜並木男声合唱団出演。‘腹式呼吸法’

妙法寺150513

次回:5/29 〔Ⅱ〕
[2016/05/27 07:30] 神社・寺院 | コメント(-)

第46回午後のシャンソン 

ブログの背景色を変更してみました。今度のパープル如何でしょう?(前の方がいい?…なら戻しますが)

6名の女性グループによるシャンソンコンサート。今日の総合司会は金○さん。
(パソコン可能な方=blog見られる方のみ録音。福○さん、森○さん 聴いてみて下さい)
(最初の動画だけ視聴終了後、画面に沢山の動画が表示されます。すべてわたし
 がアップしたものです。気が向いたらどうぞ)

20160520-DSCF5099.jpg
今回から新しいメンバーが加わりました。右から二人目。森◎さん。「ユーもどうですか?」…と誘われましたがチョットどうも~。
シャンソンの歌い方、難しいし、愛やら恋やら…照れくさくてとてもとても~。








サン・トア・マミーの意味:男性が恋人に対して「君がいなくては」ってことみたいです。
Sans=Without 、toi=きみ 、m'amie=恋人(女性)

20160520-DSCF5101_20160524111214f22.jpg 20160520-DSCF5106_20160524111215aeb.jpg
左:北○さん(ナポリは恋人) 、 右:金○さん(リリー・マルレーン)。

20160520-DSCF5107_201605241112160a0.jpg   20160520-DSCF5114_20160524111217fa1.jpg
左:森◎さん(ラストワルツ)、右:高○さん(雨傘)

Topics:栄区にお宝鑑定団来る!陶芸の先生が人間
国宝の陶芸作品で応募するので我らも応援団として近々観覧を申し込む予定。
当選しますように~。
     
次回:5/27 鎌倉・妙法寺…受付の女性、少し話をしました。魅力的でした。爪のマニキュアもすごくおしゃれで。また行ってみよう。
次々回:男の料理教室…今回の主担当は麻婆豆腐。
その次:最近の絵画作品…今までと少し違った雰囲気(幻想的?)で仕上げました。
[2016/05/23 07:30] シャンソン | コメント(-)

鎌倉・妙本寺 

鎌倉駅前から大巧寺、本覚寺を経て妙本寺へ、約15分。境内は広く落ち着いた雰囲気。人影もまばら。ここへくると何だかほっと
する。日蓮宗最古の寺院、妙本寺のここ比企谷は比企一族が住んでいたが1203年、北条一族によって滅ぼされた悲劇の場所。
境内の向かって右側にそのお墓がある。

20100101-SDIM0438.jpg

仁天門…以前より朱色が落ち着いてきた感じ。しかしこの題材は写真にとって苦手。
(画面の中に軒下などの超暗い部分と空や空間の明るい部分が混在。このような場合はできたら明るい部分を極力
 カットすればいいのだが、このように屋根が斜めになっている場合はお手上げ。画質調整で白とびをできるだけ抑え、
 暗部を明るくした。カメラは久しぶりのSIGMA。RAW撮り)

20100101-SDIM0441.jpg

20100101-SDIM0443.jpg
祖師堂

どの季節に行っても癒されるお寺ですね。私もよく行きますよ。人が少ないのも魅力です。
                                  ついでに八雲神社やぼたもち寺も近いので、お参りします
」/ Mさん。

20100101-SDIM0444.jpg

次回:5/23 6名の女性グループによる午後のシャンソン
次々回:鎌倉・妙法寺
[2016/05/20 07:30] 神社・寺院 | コメント(-)

人の思い〔Ⅱ〕 

新聞の‘人生相談’欄をよく見る。先日こんなのがあった。正直驚き、正に‘びっくりぽん’だ。真面目な投稿なんだろうな、
と思いながら読んだ。大体はこんなところだ。「若いころに離婚して今は独り身。以来、女性との交際はず~っとある。現

在彼女との年齢差は50以上。年齢に見合った女性とは中々合わず。このまま朽ち果てていくことに不安を感じている。
どうしたらよいか」…というもの。驚いたのは男性の年齢。なんと78。…いやあ~世の中にはすごい人がいるものだ。余

程金があるのか、男っぷりがいいのか、喜ばす術を心得ているのか、‘羨ましい!’をはるかに通り越してしまった。70過
ぎての色恋は‘あんた、好きねえ~’、‘色キチガイ’の烙印を押されかねない。正にご立派という他ない。年齢に見合った

ご婦人となら、まあそういうこともあるだろう。しかし普通では孫のような20代の女性が相手にしてくれる筈もない。新聞
に投稿するほどだから余程まじめに悩んでいるのだ。こんな悩みを持ってみたいものだ。1000%無理だが。


うらやましいと思っている事が可愛いですね!ハリーはまだまだ気持ちが若いのですね!?というかエネルギーがまだ
 一杯ある!!良いことですね。ただ、お金がある、男っぷりがよい、喜ばす術をもっている、すべて揃っていても、78歳
 ではねー。気持ち悪いでしょ?私は、段々仙人みたいになっていきたいな~その方がかっこよくない!?まず、その新
 聞投稿「ほんまでっか?」おもしろおかしくするための「やらせ」では?いろんな悩み相談の記事もいい加減に思ってみ
 ています
」/ Yさん。

…コメントありがとうございます。回答者も「真剣な質問であるという前提で真剣にお応えします」…と書いています。
 よく言うじゃないですか~そっちの方の興味がなくなったら人生終わりだと。まあこれはオーバーとしても、仙人に
 はまだまだ程遠いなあ~。「かわいいハリー」より。→キモイ。

…「その年齢の普通の人が持つ悩みは、生活の不安とか健康上の不安ですよね。そっちの方は気にならないんで
  すか?中身は若い(愚かな)ままで外見だけが衰えて行き、若い女性から見向きもされなくなる…というのが普通
  の男性です。しかしあなたは違うようですね。自信をもって自分の道を貫いて下さい。なぜそんなにもてるのかそ
  の秘訣をみんなに教えてあげてはどうでしょう」…回答者の談をかいつまんで書くとこんなとこ。

…ぼくが想像するに、この人の職業は芸能関係など柔らかい場所で若い女の子が沢山出入りしていて、そちらの方
 の倫理観も世間一般のものと少し違う、そんな環境に長くいた、今もいる。そんな感じがする。末永く頑張って~~。

日記:昨日(18)の歩数:15,800かなり歩いた方。足が痛くなった。

次回:5/20 鎌倉・妙本寺
[2016/05/18 07:30] エッセイ | コメント(-)

人の思い〔Ⅰ〕 

テレビを見ていたら熊本震災被災者のお話が、また同日の新聞の人生相談欄の記事が対比的
に気になった。例によって余計な感想・分析かもしれないが…。

・「早く以前のような普通の生活に戻りたい、平凡だけどそれが一番だ」…熊本震災被害者談。
・「毎日が平凡で退屈、つまらない、どうしたらよいか」…何不自由なく暮らしている人が人生相談へ。

…この二つ、どうだろう。人間はおかれた環境の中でしかものを捉えられない…ということだ。震災
 被害でどん底に落ちれば当然のことながら、一刻も早く抜け出したいと思うのは自然の摂理。しか
 し以前の落ち着いた生活に戻れたとして5年、10年経てば多分、今のありがたい生活を忘れてしまう。

 何も50年、100年に一回起こるか起こらないことを基準にすることはないが、何か「BASE」というも
 のを気持ちの根本に据えておく必要があるのかな~と思った。


 贅沢はできないが一応、三度の食事の心配はない、ささやかだが住む家もある。一つ二つの病
 はあるが病院できちんと治療が受けられている。また趣味の一つ位は持っている。多くはないが
 友達もいる。夫(妻)とも特別仲がよい訳ではないが家庭内別居という程でもなくごく普通だ。

 …これを人によっては‘平々凡々’というかもしれない。実はこれをず~っと続けられているという
  ことは大変なことではないのか?以前何かの本で読んだ。「幸福は非日常の中にあるのではな
  く、ごく身近な身辺、日常生活の中にある」。正にこれかもしれない。

 …不平不満を持たず、‘足るを知る’。自分への戒めである。
                  分をわきまえず偉そうなことを書いたが果たしてできるか??う~ん。

色々な人がいて、色々な考えがありますね。そのときの環境で考えも変わるでしょうね。今置かれている立場や環境の中で幸
せが何かを感じれば良いのでは。おそらく、ハリーさんも私も幸せと感じていると思います。それを平凡と感じるかそうでないかも人  によって違うのでは?私は今の生活を自分だけで作り出したわけではないと思っています。周りの方々にささえられて今があるので、何事にも本来は感謝しなければならないのですが、そこが凡人なので、その気持ちが薄い。困ったものです
」/ Yさん。

…そうですね~我々凡人はすぐ忘れてしまうからね~。…ということは心底そうは思ってないということかも。
  考えれば、そうだ…と思うけど、しっかり身に付いていないということね。身につけましょう。

次回:5/18‘人の思い’〔Ⅱ〕
次々回:5/20 鎌倉・妙本寺
その次:鎌倉・妙法寺
[2016/05/16 07:30] エッセイ | コメント(-)

20周年記念・陶芸展〔Ⅲ〕 

〔Ⅱ〕の続き:

P3840054.jpgP3840055.jpgP3840062.jpg
左:料理教室の先生方、絵の仲間Mさん
中:地域史研究会のSさん
右:A混声合唱団のAさん、Hさん

P3840063.jpgP3840065.jpgP3840066.jpg
左:A.N混声合唱団指揮者Uさん夫妻                                  
中:孫と娘。絵の仲間Uさん。
右:料理教室の仲間Mさん夫妻

P3840068.jpg P3840074.jpg
左:Tさん
右:打ち上げ会

20160501-DSC_1526-2_20160509162715d71.jpg
土の会メンバー(6名欠席)

次回:5/16 ‘人の思い’
次々回:鎌倉:妙本寺、妙法寺
[2016/05/12 07:30] 個展・展覧会 | コメント(-)

20周年記念・陶芸展〔Ⅱ〕 

お客さまとの記念写真:
(極力わたくしのすべてのお客様と撮るように心がけましたが、日にちが合わなかったり、タイミングを逸したものもかなりありました。残念)

P3840003.jpgP3840038.jpgP3840040.jpg

P3840041.jpgP3840042.jpgP3840049.jpg

P3840051.jpgP3840052.jpgP3840053.jpg

続く:5/12 〔Ⅲ〕へ

5/10日記:昨日(9日)インストールしたウエブ・ブラウザ、グーグルChromeの調子まあまあだが、特別にいいという感じはしない。
       どうもメモリーを相当喰ってるらしい。タスクマネジャーで確認できる。そこで拡張機能としてアドオンの‘Tab Hiberrna
       tion’を入れてみた。常に開いているタブ10ケの内、今見ているタブだけメモリーを使い、他の物はお眠りしていただき
       メモリーを消費しないようにするプラグイン。少しは良くなったようだ。もう少し様子見だ。こういう試行錯誤も面白い。
[2016/05/10 07:30] 個展・展覧会 | コメント(-)

20周年記念:陶芸展〔Ⅰ〕 

‘土の会’第20周年記念、陶芸展。今回は陶芸だけでなく書・絵画・写真も含めての展示会になりました。
壁面にも賑わいができて良かったと思います。お客さんからも好評でした。ご来場頂いた方々へ厚くお礼
申し上げます。〔Ⅰ〕は会場風景。〔Ⅱ〕はお客さんとの記念写真。(487名/5日間。2016/4/26~5/1、リリスBギャラリー)

秋の陶芸展は11/9~13までフオト栄写真展と同時併行、リリスで開催します。
又その直前、11/3~8まで「絵の仲間7人展」をさくらギャラリーで開催します。

20160428-P3840044.jpg

20160428-P3840046.jpg

20160428-P3840045.jpg
小生のコーナー。

私は、特に曼珠沙華(ひがん花)の絵がとても気に入りました。これからも素敵な作品を作り続けてください」/ Mさん。
 …ありがとうございます。また秋にやりますので良かったら来てください。

本日は陶器展ご案内いただきありがとうございました。特に2点の縄文式土器は見ごたえがあり、
感服しました。今後とも、ますます幅広く、陶器製作に腕を励んで下さい。お土産の陶器もありがと
うございました。先生にもよろしくお伝え下さい
」/ T君

20160428-P3840048.jpg
入ってすぐ右側:

5/6日記:秋の‘7人展’向けの絵、やっと1枚完。「東御苑 百人番所」 6号水彩。一寸今までと違った雰囲気に仕上げた。
    午後から約束していた写真展に出かける。皆さんそれぞれに思い入れの名作ぞろい。構図いまいちかな~?
    とか画質調整のやり過ぎじゃあない?…とか勝手な独り言を。すみません。

     ・「春の雪」/ Hさん…早春の雰囲気がよく出ていてすばらしかったです。
     ・「秋色のパレット」/ Fさん…美しい、特に水面の写り込みが出色。ネーミングもgood。
     ・「影と雪のバラード」(起・承・転・結)/ Iさん…いつもながら、さすが、です。芸術写真。
     ・「夢の横浜」/ Iさん…構図抜群。船の甲板越しのみなとみらい風景、面白い!
     ・「サンピラー」/ Iさん…へえ~こんなのがあるんですね。決定的瞬間を見事に捉えられました。


写真展: 「写真を楽しむ会」5/3~8日まで。於:リリスA,Bギャラリー。

20160429-P3840060.jpg
先生の作品:

今、カレー皿を作っていますが次回はこの先生の作品、手前左側の白いお皿を作りたいと思っています。品がありますね。

20160501-P3840069.jpg
となりのトトロ…可愛いね。これも作ってみたい。

5/8日記: Cさん出演で混声CANTUS ANIMAEのコンサートへ。すごい!我々の合唱団とは桁違い。
      今までに全日本合唱コンクール金賞13回、世界合唱オリンピック1位金賞。曲も三善晃ほか玄人好み。
20160508-P3850005.jpg


雨森文也指揮:三善晃編曲「混声合唱のための黒人霊歌集より」

5/9日記:Web BrowserとしてI.EとFireFoxを使っていたが今日からグーグルChromeを使いはじめる。
まだ何ともいえないがストレスは感じない。フオントの設定ほか若干調整を要する点はあるが…。

次回:5/10 〔Ⅱ〕訪問者との記念写真
[2016/05/06 07:30] 個展・展覧会 | コメント(-)

第9回 帆の歌 

‘帆の歌’とは、ソプラノ歌手 浅野美帆子さんの門下生(30数名)によるソロ発表会。於:横浜美術館レクチャーホール。
仲間Kさんの独唱をUP。浅野美帆子さんのオペラ「ラ・ボエーム」より‘ムゼッタのワルツ’も紹介。



タイトルは砂山ではなく“初恋”で良いのです。石川啄木の詩に越谷達之助が作曲した曲です。
         兄が学生のころから好きだった曲でいつか歌いたいと思っていましたが、あまりにも
                いろいろな人が歌うので気後れしていましたが、勇気を出して自分なりに歌ってみました






浅野先生のムゼッタのワルツ、UPしてくださりありがとうございました。
         来年はこれを歌いたい、なんておこがましくも思ってしまいました


…楽しみにしていますよ。ぼくも一回でいいからソロ(ドニゼッテイ‘愛の妙薬’から‘人知れぬ涙’)
  を歌いたくて、1月にテノール歌手Sさんの教室を覗き、入会寸前まで行ったのですがある理由
  でやめました。男声だとやはり男性に指導を受けた方がいいかな~~。チャンスを待ちましょう。

オペラ「ヘンゼルとグレーテル」メドレー、‘眠くなると~お菓子の家’


次回:5/6 陶芸展〔Ⅰ〕…会場風景
次々回:5/10 陶芸展〔Ⅱ〕…お客様との記念写真集(18枚)
[2016/05/02 07:30] 演奏会 | コメント(-)