最近の陶芸作品

20170328-P3970009.jpg

‘タンパン’…とは陶芸用語で硫酸銅を含んだ釉薬のこと。織部とまた違った淡いグリーン色が出る。胆礬と書く。

胆礬(タンパン)という用語、言葉初めて知りました。淡くて渋く美しい青ですね。ここの所、豊洲移転・森友学園・そして
昨日の雪崩の悲しい事故と、あらゆる紙面で取り上げられている時に、素敵な陶器のお湯のみを見て何故か心がほっ
としました
」/ かもめパリさん。

 …コメントどうもありがとう。‘社会現象’への文句ばかりが続く中、タイミングよく出来ました。中々満足の
  行くものになりません。本焼きしてみないとどうなるかが分からないのが陶芸。そこがまた面白いのですが…。
  左側のもの、中の底の方に少し‘ひび’が入ってしまった。素焼きの段階では出てなかったのに~、使う分
  には支障がないとは言え、プレゼント用だから一寸…。仕方ないね。

‘しのぎ’とは縦に筋を入れること。ヘラで削り取る。こうすることで軽くなることと、厚みが残るので
   持つ手が少しは熱くなりにくい。


20170330-P3980002.jpg

20170330-P3980003.jpg

上の方の縁を少し広げると持ちやすくなり、軽く持つだけで落ちない。
               今、僕のシャツの襟元に付ける三角形のピン留めブローチ(ブルー、グリーン)を作成中。
                                                その次は門柱に取り付けるシーサーを予定。

20170328-P3970010.jpg

ハリーさんらしい優しい色ですね~飲み口が朝顔のようで飲みやすそうですね!」/まっちさん。

次回:4/1高級ステーキつくりの凄技教えます(エイプリル・フールにあらず)
[ 2017/03/29 07:30 ] 陶芸 | TB(-) | CM(-)

安全と安心

最近、豊洲移転問題で急にクローズアップした言葉である。しかし、うまい言い回しだ。‘安全’とはご承知のように‘科学的
データ’で裏付けられたもので一応の安心を与えるものである。‘一応の安心’とは?あやふやな感触だとかではなく、数字
で示されているからである。では数字で示されていれば完全に安心して良いものか?問題はこれである。元東京都知事が

先日の証人喚問で豊洲移転について「科学的に安全であるというデータが出ているのに何故それを信用しないのか?!こ
れは文明の破壊である」とかなんとか言っていた。じゃあ、何故国民・庶民は100%信用しないのか?それはデータなんても
のはどうでも操作できるし、基準の置き方次第で安全、危険どちらの領域にも転んでしまうものである。さじ加減は科学者と

いう人達によって行われる。純粋に中立な人もおれば、所謂、御用学者もいる。一概に信用できない所以である。身近な例
で云えば、例えば‘高血圧の判定基準’である。最近は基準が少し緩和されて来たようだが、これらを決める審議会のメンバ
ーの中に製薬会社の委員が相当数入っている。彼らは少しでも基準を下げるべく動くことによって業界は多大な利益をあげ

ることができるのである。学者委員も製薬業界から金を貰っている。要するにこんなことが程度の差はあれ、どんな分野にも
あり得るということ。だから100%鵜呑みにできないのである。安全は理屈、安心は情緒の問題なのである。移転を決め兼ね
ている小池知事は‘人の気持ち’を大切にするからであり、移転推進派は‘金のこと’を一番に考えているからである。どちら

が正しいかは一概には言えない。場外から「不作為の責任」などと他人事みたいに言っている輩もいる。

客観的に見て、築地市場は安全・安心?豊洲とどちらが市場として優位性があるでしょうか?
                                              何がなんだかわからなくなってきました
」/ NFさん。
…築地は建物が古く、安全面で心配。補修にも相当金がかかる。また地下にも豊洲同様、問題をかかえているようだ。
  豊洲は報道の通り、地下に高濃度のベンゼン、シアンなどが存在している。地表をコンクリートで覆えば、確かに生鮮
  食品には影響はないだろう。地下水を汲んで魚を洗ったり、地面を洗ったりしなければだ。問題は‘ブランド力’と‘風評
  被害’だ。ブランドは当面は、長年培ってきた‘築地’には勝てない。それから‘風評’、これも当面は響くかもしれないが
  移ってしまえばその内、今と同じような状態に復帰するのではないか…と思う。何でもそうだ。「時が解決する」。

次回:最近の陶芸作品
[ 2017/03/26 13:43 ] その他 | TB(-) | CM(-)

森友学園問題

3/23午前、午後の証人喚問を聞いた。更にはその後の外国人記者クラブでの記者会見。まずの感想は、精神的にすごく
タフな人、という印象。あの緊張の中でこれだけの応答を繰り返し、余り疲れた様子を見せない。百戦錬磨の士である。質
問されて逆に「失礼じゃないか!」などと反撃に出る始末。周りが振り回されている感すらある。例の100万円寄付問題。理

事長室で人払いをさせ「これをどうぞ」と言われて受け取った。…と理事長は発言。一方総理夫人はFace Bookで即座に
「渡した覚えはありません」…と発言。真っ向から言い分が食い違っている。どちらかが嘘をついていることは明らか。しか
も双方真顔で言っており嘘をついているようには見えない。…世の中には‘平気で嘘をつく人種’がいる。そんな題名の本

が出ていたが正にこれだ。さてこれからどう展開して行くのか、面白くなってきた。本来なら今時、国会でこんなことばかり
議論している暇はない筈なんだが、国民の関心がピークに達しているので与野党共やめる訳にはいかない。この際、関係
者すべてを証人喚問し早急に決着を付ければいいのだが、与党の思惑で難しい。総理夫人の方が嘘だったら大変なこと

になる。白黒付けずに終わらせたいところか。痛し痒し、正に‘政局’だ。しかし結局は白黒つけられない‘水掛け論’に終
わるのではないだろうか?何故なら証拠となる記録類が一切無い(出ない)からである。民間の森友側には常に‘記録をと
る・残す’という習慣がないのは何となくわかる。…が何事にも慎重な役所側にも記録が無いまたは年限がきたので破棄

した…という説明はどう考えても嘘っぽい。自分たちに都合の悪い証拠には‘フタをする’、官僚の最も得意とするところで
ある。しかし何故‘100万円の寄付問題’が大きくクローズアップされるのか?別に寄付したところで法に触れるわけでも何
でもない。当初からあっさり「寄付した」と言ってしまったらよかったのに。「寄付して何が悪い」と開き直ればいいのだ。こん

なことより何故土地が大幅安値で払い下げたか…こちらの方が何倍も大事な話しである。多分野党にとっては100万円問
題の方が政権を揺さぶり、大打撃を与えることができるからであろう。ここ暫くはテレビを楽しめる。どうなって行くか推理す
るのも面白い。

続く:
[ 2017/03/24 12:57 ] その他 | TB(-) | CM(-)

鎌倉散策〔Ⅲ〕

20170123-P3950012.jpg

銭洗弁財天宇賀福神社:

20170123-P3950013.jpg

上のトンネルをくぐって行くとここに出る。ここの水でお札を洗うとお金が増えるとのこと。前にやってみたが一向に増えないぞ。

20170123-P3950014.jpg

20170123-P3950016.jpg

3/19日記:
20170319-DSC04000.jpg 20170319-DSC03998.jpg
‘新島の馬鹿囃子’、‘数馬の獅子舞/多摩郡檜原村’、‘佃島の盆踊り’、‘菅生歌舞伎/あきるの市’、‘奄美の八月踊り’

3/20日記:
栄区30周年記念合唱祭クロージングイベントに参加

栄区クロージングイベント(2)170320
「旅」より‘なぎさ歩めば’、‘行こうふたたび’、小学生たちと‘コスモス’、‘栄区讃歌’など。
富澤先生指揮。栄公会堂。

20170123-P3950017.jpg

20170123-P3950018.jpg

20170123-P3950019.jpg

次回:写真が切れました。考えます。今日の‘証人喚問’でも?ただ証人一人だけではねえ。
[ 2017/03/18 07:30 ] 神社・寺院 | TB(-) | CM(-)

最近の陶芸作品

20170309-P3960019.jpg

片口酒器とぐい呑(土/赤1号、鉄絵、土灰釉)。差しつ差されつ…いいねえ~。…とはいうものの、当方下戸。残念!悲し~。
プレゼントばかり。一個も残らない。そろそろ秋の陶芸展用を準備しなくては~。門柱用にシーサーなんかいいかな~?

赤1号…鉄分を多く含んだ赤色をした陶芸土
鉄絵…素焼きしたものに,鉄を含んだ顔料〈鉄絵具〉で絵文様を描くこと。
土灰釉(僕たちは‘どばいゆう’と呼んでいる)…薪を燃した後の灰を入れた釉 (うわぐすり) 。
表面に灰のブツブツ痕が出ている。

片口は失敗。注ぎ口の形状が悪くて少し尻漏り。接着剤を盛り付けて修正。注ぎ口のあるものは難しい。
もう一つは指先で挟んで持てるように側面を凹ましたが傾斜が悪くて滑って持てない。
「何回か失敗しないと満足の行くものはできないですよ~」(先生)

3/15 12,000歩。自宅~岩瀬~大船高校~六国見山~明月院~北鎌倉。

20170316-P3970007.jpg

20170316-P3970008.jpg

フリーカップ

次回:3/18 鎌倉散策〔Ⅲ〕
[ 2017/03/14 07:30 ] 陶芸 | TB(-) | CM(-)

最近呆れたこと

ご多分に漏れず‘森友学園問題’である。何に呆れたかと言うと、悪知恵にたけた1個人に政治家、省庁、大阪府、教育機関も
振り回され手玉に取られたということである。ここまでやれば‘ご立派!’と褒めてあげたい位だ。すったもんだの挙句、結果的に
は‘この悪知恵’が成就せず、計画半ばで頓挫したが。しかし何故9億の土地が1.5億までデイスカウントされたのか、産廃物

質の確認はどうなったのか…根本原因は何も解明されていない。与党は参考人招致をびびって、うんと言わない。何をしゃべり
出すかわからないから戦々恐々。仲介した政治家の名前が出たら政権にとって大変なことになる。しかしこれだけ大胆なことは
慎重で小心な役人のやれることではないように思う。なにがしかの政治力が働いた…と考えるのが自然である。退任した理事長

は「政治家の介入はない」と言っている。また「諦めた訳ではない。必ず建てる」…とも言っている。うがった見方をすれば‘復活の
為の隠し玉’と捉えることもできる。またこうなった以上、土地は原状復帰して返さないといけない。建物の撤去には数千万かかる
。理事長は「建物はそのまま残しておきたい」と記者会見で言っている。普通はこんなことはできない。‘隠し玉’の威力で我を通そ

うと目論んでいるのか?人間、窮地に落ちいれば‘窮鼠猫を噛む’で知恵はいくらでも出てくる。何の問題もなくノホホンと生きてい
る人間より、必死で生きている人間の方が知恵はものすごく回るのである。今後どのような展開になっていくのか、興味津々。傍
観者的なことしか言えなくて申し訳ないのだが…。


先日は家族揃っての記者会見。嫌な質問になると話題をすり替え、はぐらかし逃げてしまう。うまい!特定の新聞を口汚くののしる。
‘おばはん’は舞台袖でチャチを入れる。挙げ句の果てに「もうこの辺でやめましょ」。さっさと引き上げる。帰り際に、捨てゼリフ。こ
こまで好き勝手な独演会ができたらさぞかし気持ちいいだろうな。大阪人特有のがめつい個性か?久しぶりにテレビを楽しんだ。

次回:3/14 最近の陶芸作品
[ 2017/03/12 07:30 ] その他 | TB(-) | CM(-)

最近笑っちゃったこと

元・知事の記者会見。見終わって、呆れ果て、笑っちゃった。多分この男はすべてを他人のせいにして徹底的に責任回避を
はかるだろうと想像していたがやはりその通りであった。よくこんな人物が知事をやったものだ。選挙で選ばれたんだから仕方
がない。ハンコは押したが皆が決めたのだから自分だけの責任じゃない。名前まで出して部下に責任を押し付ける。後日談と

して、名前が間違っていたと訂正コメントを出す始末。名前を出された人は大迷惑だ。一体この男の精神構造はどうなっている
のであろうか?大企業の社長が赤字の連続で責任をとって引責辞任するケースがまま見られる。彼らは取締会で決めたことだ
から、株主総会で賛成を得られたから自分だけの責任じゃない…などと言うだろうか?また何故このタイミングで記者会見をや

ったのか、百条委員会に備えて関係者に予見を与え、責任回避を謀ったものと推察される。どこまでもやることがこすからい。し
かし逆効果。お可哀そうに。今までやりたい放題をやってきて周りもそれを許してきた。‘百条委員会’の厳しい追求を期待した
い。都合のいいことは目をしょぼつかせながらべらべらしゃべる。都合の悪いことになったら‘覚えておりません’ですり抜ける。

この作戦に百条委員会としてどう対応するか…これが勝負のポイント、委員のお手並み拝見と行こう。なお‘責任’について少し
言及すると、対外的にはすべての責任は組織の最高責任者にある。対内的(組織内)にはかかわった度合いに応じ担当役員、
部門長の責任は当然ある。今回の記者会見は対外的なものである。このあたりまえのことが全くわかっていないのである。


〔補足〕組織の中でもまれたことのない者は往々にして、‘責任と権限’がわかっていないことがある。
    自由業で好き勝手に一人で仕事をしてきたのだ。そうだろうな~とわからないでもない。ただ
    有名人だから選挙に出れば勝ってしまう。投票者も「この人なら悪いことはしないだろう」…と
    うわべだけで判断する。本質までは見通せない。どんな選挙でもこれは仕方のないことである。

    現知事に物申したいことを文藝春秋に投稿。また記憶違いを書いたようだ。もう老害以外の何物でもない。
    小池さんが昨日のTVで「これは小説ですね」…と笑いながら軽くいなしていた。役者が一枚も二枚も上手。

続く:3/12 最近呆れたこと…逆説的にいえば、むしろ痛快。森友さん、夫婦合い協力してよく頑張りました!

日記:モツレクを歌うために某混声合唱団に入団。1年半がかりの長丁場だ。
    矢沢男声の発表会を5月13日に控え、目下追込みMAX。
[ 2017/03/10 07:30 ] その他 | TB(-) | CM(-)

鎌倉散策〔Ⅱ〕

20170123-P3950007.jpg
海藏寺

「鎌倉散策いいですね!駅より西側ですね」、「海蔵寺は枝垂れ桜が有名でしたよね?長らくお目にかかってないな~」/まっちさん。

20170123-P3950008.jpg
やぐら。お墓です。鎌倉には沢山あります。

20170123-P3950009.jpg

20170123-P3950011.jpg

日記:合唱の練習前にフォト栄写真展へ。
    20170309-P3960022.jpg 20170309-P3960021.jpg

次回:最近笑っちゃったこと…元大物知事の人間像を考察してみた。
[ 2017/03/08 07:30 ] 風景 | TB(-) | CM(-)

鎌倉散策〔Ⅰ〕

20170123-P3950001.jpg

専ら、健康のためにせっせと近場を歩いています。今回はここから源氏山公園を経由して銭洗弁財天、佐助稲荷神社のコース。

20170123-P3950002.jpg

3/5 日記:栄区美術協会展、最終日に鑑賞。先生格の方ばかりで見ごたえのある作品多し。恩師の鈴◯先生(水彩6号雲A・B)
      や受付の青◯さん(「くつろぎ」:30号の水彩。はねるような躍動感のあるタッチですばらしい!)、陶芸家の柳◯さん(織
      部の大きな平皿他2点:渋い品のある作品)と上品な楽しい会話、暫し歓談。そこへ絵の仲間、山◯氏、来場。彼との
      ‘漫才談義’(漫才コンビ/ヒロシ・サトシ)で更にお話の品格更に‘レベルアップ’ 。今日、思い立って行かなかったら
      このような出会いもなかった…と思うと「一期一会」の妙に今更の感。

      来週3/8 13時~12日までのフォト栄写真展(リリス)、よかったら見に来て下さい。
      野辺のあぜ道(長野県)の一コマ。あらゆる色がこの小空間に詰まっています。
      (私も行きますので連絡頂ければ日を合わせます)

      20170303-P3960017.jpg
                    「秋のシンフォニー」(半切)

20170123-P3950005.jpg
海藏寺
20170123-P3950006.jpg
寿福寺

続く:3/8 〔Ⅱ〕
[ 2017/03/05 09:46 ] 風景 | TB(-) | CM(-)

金沢自然公園~

20170222-P3960005.jpg

人は誰もいない。ひっそりとした初春のたたずまい。いい雰囲気。この道はぼくのお気に入り。

20170222-P3960006.jpg

20170222-P3960007.jpg

20170222-P3960008.jpg

路傍の道祖神

20170222-P3960009.jpg

谷津関ケ谷不動尊、ここから文庫まで、更にバイクを置いてあるので自然公園まで引き返す。12600歩。

次回:鎌倉散策
[ 2017/03/02 07:30 ] 風景 | TB(-) | CM(-)