FC2ブログ






陶芸展

今日(2/28 13時~)から3/4までさかえ陶芸協会主催の陶芸展が始まります。場所は同じく本郷台栄区民センター
リリスギャラリー。フォトさかえ写真展とのコラボ。今回、写真は出しません。陶芸は各自1点出品。栄美展と同様、
お時間ありましたらお越し下さい。小生受付担当は3/1: 13時半~からです。それ以外でも結構行っています。
どうぞよろしく。

20180228-P4130017.jpg

20180228-P4130016.jpg

仲間の作品。‘土の会’の向うのは先生の作品。‘花絵 蓋物’

20180228-P4130015.jpg

柿絵四方皿:もう少し赤を強く出したかった。

20180301-P4130018.jpg

20180302-P4130021-1.jpg

3/4日記:NFさんへ。「明治維新という過ち」やっと読み終えました。感想→なるほどそういう見方もあるんだ。
      歴史というものは巷に言われている‘既定の事実’のようなものだけに振り回されてはいけない。
      その裏を想像し洞察しなければならない。…と思いました。テレビドラマなんかになるとあたかも

      それは事実であるかのような錯覚になってしまうが怖いことだ。ただこの作者の若干の思い込み
      のようなものも感じるが全体によく書けていると思いました。例えば‘会津戦争’なんかの官軍の傍
      若無人振り(金品略奪、婦女子凛辱)に憤り狂っている。それはそうだが、古今東西、戦争にそれ

      は付き物で何も会津の場合に限った話ではない。ナチス・ドイツを占領したソ連軍によるそれは
      酷いものだったらしい。苦にして自殺した女性が多くいた。兵士は教育を受けた武士・士官だけ
      ではない。ならず者、無頼の輩、などが多く含まれている。外人部隊など特にそうだ。指揮官が

      それを厳しく禁じることは多分しない、見て見ぬ振りをしている筈だ。だって彼ら兵士の楽しみは
      勝利の後の‘やりたい放題’にあるのだから。それを絶対禁止にしたら味方に後ろから撃たれる
      ことになるかも知れない。いずれにしても官軍長州のやりたい放題は現在の政治でも遺憾なく

      発揮されている。現総理の出身は長州だ。明治維新からの権力構造が脈々と続いている。これ
      が歴史というものか。

3/4 日記:モーツアルト愛好会。佐藤久成のVn、杉谷 昭子のPf。モーツアルト ヴァイオリンソナタ、
                    ブラームスのヴァイオリンソナタなどいつものように最前列で堪能。

次回:釈迦堂切り通し


[ 2018/02/28 07:38 ] 個展・展覧会 | TB(-) | CM(-)

男の料理教室

20180216-P4120007.jpg

‘穴子チラシ’が一番大変だった。皆で分担して作る。僕は、合わせ酢、具の戻し汁、調味料、かんぴょうの出し汁、レンコン
などを担当。穴子の量が少し少なかった。他にほうれん草の和え、すまし汁などを担当しました。桜餅は皮が少し固かった
ようだ。まあ全体的には上出来。

今までは家で料理をやることはほとんどなかったが最近は必要に迫られてやるようになってきた。やりだすと結構面白い!
材料をスーパーで物色するのも結構楽しい。へえ~こんなのがあるんだ!今までは何だか恥ずかしかったけど…。

あなご、大好きです。是非作ってみたい!料理教室ではそんなにたくさんは用意できないけど、
自分で作るときはたくさん買えば良いわね。おひな祭りに私の為に作りましょ
!」 / Yさん。
…穴子は高いんだ~自分で買ったことないんで。

180216料理教室レシピ1 180216料理教室レシピ2

2/26 日記:24Hホルダー心電計取付。今まで何回か付けたが再現しない!今度も??→ 診断結果:問題なし。一安心。

次回:ネタが切れた!前に出した‘釈迦堂切通’でも出そうかな?最近どこも行ってないし、どうしよう。
    前のものでも許してくれるかな?
以前の写真で大丈夫です。忘れているので・・」/ Yさん。…ありがとう!何年も前のならそうだよね。 
[ 2018/02/26 07:30 ] 料理 | TB(-) | CM(-)

栄美展風景

栄区民センターリリスで栄区美術家協会展(2/20~25)が開催されています。
春季展の絵は昨年秋の栄美展に比べると30号までの比較的小品の催しです。

第8回栄美展ハガキ

20180221-P4130008.jpg

20180221-P4130006.jpg

20180222-P4130010.jpg

20180221-P4130001_201802241934071cc.jpg

絵と陶芸、両方出品したのでこのようなスペースを作って下さいました。(自分で言うのも何ですが、
この陶芸、結構評判良かったです、格式の高い作品に混じって一寸躊躇していたんですが…)
古民家の絵も成功です。…と言うのは出来栄えはともかく、「油絵ですね?」…と何人かに聞かれ
「いえいえ水彩ですよ」。「え~」っと言われ思わず、「やった~」、目論見通り。だまし絵?。

陶芸:左/ 縄文火焔土器 (以前歌った混声合唱組曲‘水のいのち’からのモチーフをイメージ)   
     右/ 縄文の貴公子(‘人面把手’栄区公田町の畑から出土したもの。そっくりさんに作ってみた。
                  本物は神奈川歴史博物館に展示中。中央の写真)

20180221-P4130002.jpg

2/23 日記:これが終わったら28日~3/4日まで‘土の会’陶芸展。場所は同じリリス。
        今回は各自1点出品。柿絵四方皿を出します。写真展とのコラボ。
        今回、写真の出品は止めました。

20180221-P4130004.jpg

今日、上郷森の家まで山を歩き後バスで本郷台の展示を見に行こうと思ったら道を間違え天園まで行ってしまった。
 明日、行けたら・・と思っています。
」/マッチさん。
…それはそれはどうも~~。明日は14時半頃から行っております。できたらその頃に…。(無理しないで)
…マッチさん、今日はわざわざ有難う!ございました。来てくれると思っていました。今日はカメラ持って
  行かなかったので記念撮影できなかった。残念!

20180224-P4130014-1.jpg ( I さんに撮って貰いました)

お迎えくださって有難うございました!とっても素敵な作品で堪能させていただきました。
 私には声を張り上げる趣味(楽しみ)しかありませんがいろんなことに挑戦されているの
 を拝見して羨ましい限りです。又何かありましたら是非お知らせください!!!
」 / Sさん。

展覧会 本当に素晴らしかったですよ。お元気そうで何よりです。
 写真もありがとうございました。良い舞台になる様頑張ります
」 / Aさん。

  …ご来展頂きありがとうございました。

展覧会の期間中には見に行くつもりでしたが、あの翌日から再度の風邪に罹り止まらぬ鼻水に
 3日間悩まされ外出できない状態となり、貴兄の作品を見る機会を逃してしまいました。重なる
 失礼をお詫びします。またの機会のご案内をお待ちします
」 / Tさん。

  …いえいえとんでもない。お大事に!ご丁寧にどうも。

メールをありがとうございました。ブログ拝見いたしました。さまざまな事をしておられるのに感心致しました。
お料理まですごいですね。絵のキャプションは16年間住んでいたシンガポールで何回か個展をしたときに、
色々聞かれることに英語で答えるのが大変で、日本語と英語でキャプションを付けたら好評で、帰国してから
も、出来る所でしています。珍しい作品を出しておられますから付けられたらいいですよ。今回は版画家のK
さんに版木を置くだけでなく説明文を付けたらいいですよと話しましたら、さっそくつけられて、それが好評だっ
たとお礼を言われました。良いアイデアは実施して、展覧会を盛り上げていきたいですね。ガーデンアソシエ
では夏と年末に展覧会をしています。娘さんご夫婦が観ていて下さるとうれしいですが。どうぞ観にいらして
ください
」 / Tさん。…ありがとうございます。前に何回か拝見した覚えがあります。どうぞよろしく。


2/25 日記 :16時に無事終了。来て頂いた方、どうもありがとうございました。また秋の展示会にご来展よろしく。
       次回は自分的には大きな絵(20号)を2枚描く予定です。1枚は水彩、1枚はデザイナーズカラーで。

次回:2/26 男の料理教室 …メインは穴子チラシ
[ 2018/02/22 07:30 ] 個展・展覧会 | TB(-) | CM(-)

縄文の貴公子〔Ⅱ〕

〔Ⅰ〕の続き:

DSCF7051.jpg
人面把手付土器…例えばこんな具合です。これはせいぜい40cm位の小さなもの。
‘把手’の形、耳の具合や顔が良く似ていますね。神奈川県立歴史博物館にて撮影。

公田から出たものは頭の中が空洞で首の下が丸くなっているため、この写真の土
器のようには取付られない。土器の縁に丸みを付けて取り付けたのでしょう。しか
しほんとにこんなに大きなものが縁に取り付けられていたのか??…となると
本体の土器は高さが1m近い大きなものになる。本体の土器は出土していない。
果たしてほんとうに‘人面把手(とって)’なのか少し疑問が湧く。正直なところ。

P3170081.jpg
目の下、鼻の横の模様は刺青ではないかと考えられます。またはお祭りの時に顔に彩色を施したものかも
しれません。いずれにしてもこのような風習があったのでしょう。これからするとやはり男児なのか?

P3170082.jpg

P3170083.jpg

作陶の記録、長々と恐縮でした。

次回:2/22 栄美展風景
次々回:男の料理教室
[ 2018/02/21 08:50 ] 陶芸 | TB(-) | CM(-)

縄文の貴公子〔Ⅰ〕

P3180001.jpg

左は公田団地のバス停から少し下ったところ。左へ折れ真っ直ぐ進むと真中の写真の階段に出る。

突き当りが畑。右端の写真が出土した場所(畑)。今は野菜が一杯ですが当時は植物はほとんど無かったです。

横浜市栄区公田町、ジョウロ塚遺跡から出土。人面把手(じんめんとって)と言われています。把手とは
大きな壺の口の周辺についているものを言います。もしそうなら壺の大きさは高さだけでも1mを超す大
きなものでしょう。しかし確証はなく、土偶の頭かもしれません。いずれにしても4000年前に作られた

ものできわめて芸術性の高い作品です。古代人の感性に脱帽。…ということでそっくりさん造りに挑戦し
てみました。敢えて素焼(800度)のままとし本焼(1200度)はしません。1200度になると土の中の酸素が
還元されてもっと焦げ茶色になってしまうからです。古代の炉は野焼で1200度までは行かないこともあ

ります。幅:約20cm、高さ:18cm、奥行:15cmあります。2回ほど現地を訪問し、発見した状況を
おばあさんから聞かせてもらいました。しかし不思議なことに、人面把手なら土台になる筈の壺
が一緒に出る筈なんですがね。どうしたんでしょう?きちんとした出土の記録がとられていない
のが残念です。本物は神奈川県立歴史博物館に展示されています。制作:延12時間。

人面把手-1

(これは本物)

P3170084.jpg

(そっくりさん/ 別名:‘縄文のさぶちゃん’。時代色を出すため少し土で汚してあります)
(本物の方が、ややつり目、こちらの方が何となく可愛い~と思いませんか?)

2/19 日記:明日はリリスへの搬入日。‘さぶちゃん’も出しますので暇があったら見に来て下さい。

P3170085.jpg

(だけどほんとに男の子?髪をアップにして束ねている)

P3170080.jpg

続く:

次回:栄美展風景
次々回:男の料理教室


[ 2018/02/19 07:30 ] 陶芸 | TB(-) | CM(-)

縄文火焔土器

以前に掲載したものですが改めて細部をご紹介します。(2018/2/20~栄美展に出品)
(縄文土器は縄目のあるものが一般的ですがそうでないものも存在します)

焼成前の段階ですが一応完成。延工数約45時間(土台15H、飾り30H)。これから1ケ月ほど自然乾燥させた後、
まず7~800度で仮焼きし、更に1200度位で本焼きします。ギザギザの炎のイメージ、どうでしょう?本物には
こんなにゴテゴテしたものはありません。創作です。(高さ40cm、上部直径37cm)

→その後気に入らないところを少し修正。
→焼成後は水分がなくなるので寸法が約1割縮みます。下の方がやや色が濃くなっているのは水分は下へ下
へと落ちているからです。(本焼前の記録写真を残すため沢山撮りました)、(土は赤7号)

221516縄文土器

(左:上部/魅力的な巨乳シンボル、下部/歌いながら楽しそうに踊る縄文時代のバレリーナ、切り立つ峰/混声
   組曲‘水のいのち’からのイメージ)
(右:上部左/長い尻尾を持った硬い甲羅に覆われた古代一角獣。下部/逃げる鹿、喰われてはたまらぬ。あこや
   貝ならぬ巻貝アンモナイト)

221516縄文土器

(左:上部の右/‘あ~あ~川の流れのように~ゆるやかに~時代は過ぎて、~あ~あ~川の流れのように~♪’)
(右:上部の右/魚人間、一寸わかりにくいかな?上が顔・頭(左側面)、下が脚。下部:‘クラゲは海の月、
   ヒトデは海の星…♪’/以前鎌倉芸術館で歌った混声合唱組曲‘水のいのちから’のイメージ)

221516縄文土器

(下部:古代のお花)
(上部:飾りはもう少し丸くカーブを持たせれば良かった!乾いてしまってからは変えられず残念!
 また飾り同志を部分的に連結すればデザイン的にも、強度的にもよかったな~と思います/反省)

221523縄文土器
(左):古代鮫、ジョーズ?。
(右):上部右、魚人間、こちらの方がよくわかるでしょう?(上の方を一部連結すれば良かった~)
 …これで終了。

次回:2/19 縄文の貴公子
[ 2018/02/16 07:30 ] 陶芸 | TB(-) | CM(-)

最近の絵画作品

20180212-P4120002.jpg

三渓園内の古民家(白川郷から移築されたもの)…ふじやま古民家、舞岡古民家に続き3作目。
90%完成。透明水彩で油絵風に。独自の手法。マットジェルで盛り上げ。グロスバーニッシュ
で艶出し。2/20~25の‘栄美展’(リリス)に出品予定。(小生22日13時半~受付当番)。今回は

小品6号2点と陶芸2点(縄文火焔土器、縄文の貴公子)。以前別のところに出した再出品もあ
りますが何よりも会員諸氏のすばらしい作品多数あり。アースプラザ3Fでは先に紹介した
‘天野 尚写真展’も開催されています。お時間あればどうぞお寄り下さい。

(制作時間:2/2~10。実質6日間。1日1~2時間。延10時間位。森、樹木は難しい。油絵
 では余り細かく描くのはそぐわないし、大雑把に描くのも程度問題。その後、手直しが
 進んでおります。特に背景の森、少しのっぺりと、やや明るく、手前の道路に紫を少し
  左の三本の樹にゴールド色を…写真がうまく撮れません)

味のある古民家になりましたね。都合付けて、観に行きたいと思います」/ Mさん。
…ありがとうございます。都合のいい日を連絡頂ければ22日以外でも出向きますよ。
  今回の栄美展は比較的小さい絵が多いと思いますがそれでも30号、もっと大きい
  のもあるかもしれません。元日展審査員の方を始め大家揃い。小生などは片隅に
  小さく飾ってもらう程度です。

2/15日記:my cooking、今日は‘りんごのコンポート’を。リンゴ2ケ、赤ワイン、グラニュー糖
       レモン汁、シナモン。出来上がった。超甘い。余り沢山は食べられない。少しづつ。

次回:2/16 縄文火焔土器…前に作ったものですが2月の栄美展に出品します。事前の紹介を。
次々回:縄文の貴公子…これも出品。
[ 2018/02/14 08:30 ] 絵画作品 | TB(-) | CM(-)

天野 尚 写真展のご紹介

写真撮影OKということで何枚か撮影し、紹介します。早逝(2015年没、62歳)されましたが真似しようにもできないすご
い生き方です。賑わっていました。お近くの方は是非。客数が少しでも増えたらブログで紹介した甲斐があるというも
の。写真の質・大きさ共桁違い。横幅3m或いはそれ以上。(JR本郷台、あーすぷらざ3F、無料、3/25まで)

20180208-P4110030.jpg

20180208-P4110023.jpg

新潟県上越市大月の棚田/ 夏の終わり、早朝。横幅3mはあるのでは?(フィルムの大きさ、8×20インチという
 ものすごいもの。これだけのものでないと3mには引き伸ばせないです)

2/9 日記:友人夫妻と‘運慶展’へ。県立金沢文庫。3/11まで。

20180209-P4110032.jpg 20180209-P4110033.jpg

我が相棒もきょう、運慶展に行ってきたみたいですよ。私は映画「羊の木」を嫁の母といってきました。
 ムビチケなるものがJcomの抽選で当たりました
」 / Yさん。
…‘ムビチケ’→ムービーチケット?たまには相棒と一緒に出かけて下さい。

だって、観たいって言わないもん」 / Yさん。…その時はぼくを誘って下さいませ。

2/10 日記:今日は満を持して‘ビーフシチュー’つくり。16時半スタート。レシピに従ってフライパンで加熱した後、
        材料一式、圧力鍋に入れた。うっかりして肉に塩コショウするの忘れ、圧力鍋の中に適当にふりか
        けた。どうなるか~。→ very、very、very good!!上出来~うまい!高級レストランの味。
        ‘男の料理教室’17年のキャリアーだね~~。(自画自賛)
        材料:牛肉200g、玉ねぎ、じゃがいも、にんじん、マッシュルーム、赤ワイン、固形ブイヨン、
            、デミグラスソース、トマトケチャップ、塩コショウ、バター。

そうですね、次回はハリーを誘ってあげましょう!!ビーフシチュー美味しくできて良かったですね-。
         17年のキャリアというより、市販のデミグラソースと圧力鍋のお陰じゃない?
」 / Yさん。
         …トホホ~、ずばり言われちゃった~。あたり!

20180208-P4110025.jpg

どこの写真か記録しなかった。上は国内のどこか、上越かも。下は外国、多分スコットランドかその当たりの風景。

20180208-P4110026.jpg

2/11日記:今日は賞味期限切れ(と言っても密封されている)の材料で杏仁豆腐 杏雲(聘珍樓)を作った。
       一般的なものではなくて出来上がりがヨーグルトみたいなゼリー状のもの。これにシロップを
       かけて食す。夕食後のデザートに。味はまあまあ。次回はポトフに挑戦。

20180208-P4110027.jpg

天空の棚田:中国広西チワン族自治区…縞馬の模様?横幅3m以上あるかな?これで紹介は終了。

2/12 日記:歴史研究会はサボリ。洗濯機修理。大分前から洗濯終了後、槽の中に水がポタポタ落ちる。
     洗濯機給水部のゴムパッキンを交換してみたが駄目。後は洗濯機本体の‘給水バルブ’の問題
     だろう。この部品はメーカーでないと無理。しかしもう古いものだから交換部品もないだろうし買
     い替えた方がよいと思い機種も選定しリサイクル券と共に正にクリック直前。思い立ち、よし!

     分解して見て見ようと上蓋を外し、給水バルブを取り出す。部品そのものが駄目ならお手上げだ
     が長年の注水でゴミなどが溜まって開閉部がゆるくなっている可能性もある。注水経路を念入り
     に細いブラシ、ピンセットで清掃。復元するのに中々、入らずに手こずったが何とか元通りに。テ
     ストしてみる。お~!何と直ったではないか~、万歳!嬉しい。普通ならあきらめてしまうのをし

     つこくいじって直してしまえたことの喜び。しばらくは持つであろう。何となく得した感じ。皆さん、
     こういう時は諦めないでご主人にやって貰いましょう!最後に家族曰く「これで旅行にでも行き
     ましょう」。

     「ハリーの粘り勝ち!!天晴れ!」 / Mさん。
      …根が貧乏性なもんで~。まあ、こういうのが好きなんだね。

次回:2/14 最近の絵画作品…‘三渓園の古民家’(6号、油絵風)/古民家シリーズ

[ 2018/02/10 07:30 ] 個展・展覧会 | TB(-) | CM(-)

人形町七福神巡り

1/27 14時 銀座線 三越前出発。寒風の中、地図とナビ片手に2時間半ほど友人と散策。ご苦労様なことです。
この写真見ても何にも面白くないです。単なる記録。

確かに!!(笑)」 / Mさん。…もうちょっと我慢してね。日記の方が参考になるんじゃない?

20180127-P4110001.jpg 20180127-P4110003.jpg

福森神社(恵比寿)     

20180127-P4110004.jpg 20180127-P4110005.jpg

福森神社                                 小伝馬町牢屋敷跡

20180127-P4110007.jpg20180127-P4110008.jpg

20180127-P4110010.jpg 20180127-P4110012.jpg

笠間稲荷神社(寿老人)                          末廣神社(毘沙門天)

20180127-P4110013.jpg 20180127-P4110014.jpg

松島神社(大黒様)                              水天宮(弁財天)

20180127-P4110015.jpg 20180127-P4110017.jpg

茶の木神社(布袋尊)                             小網神社(福禄寿)

2/7 日記: 
今日10時半~NTTフレッツ光からAU光に切り替え。(電話はまだNTT。10日後位に自動的に切り替わる)
3年前AU光だったので屋内まで光ケーブルは来ている。30分位で完了。屋外の切り替えは事前に工事
完了していた。プロバイダーは変更(DTI→OCN→SO-NET)したがメールはずっと前のプロバイダー(DTI)
のメールアドレスを継続使用(DTI Ubic)。変更通知が面倒なので。SO-NETのメルアドは使わない。NTT
より速い!。それにNTTは高いよ(毎月\9700位/光テレビ¥2200入れて。NTT光回線、電話代とOCNで
¥7500)。AUにすると¥2000近く安くなる。‘ずっとギガ得プラン’3年契約。3年後にまた見直そう。

(追記) :「NTT光ですが…」という勧誘電話がかかってくることがある。「安くなりますよ」…と言う。
       NTT本体からかかってくることはまずない。大抵、NTTから回線を借りているコラボレ
       ーション業者だ。これにうっかり乗って契約してしまうと困ることが出てくる。次回どこ
       かに変える時、固定電話の番号を変えざるを得なくなる。電話番号ポータビリテイー
        (同じ番号を継続して使う)ができなくなるのだ。これは困る。要注意。「コラボですか?」
        …と聞いて確かめてみることだ。相手は都合の悪いことは言わない。聞くと「そうです」…
        と言う。入れてしまえばこっちのものだ。客のことなんか知らねえ。

2/8日記:NFさんへ。‘明治維新という過ち’今日、近くの図書館で借りてきました。読み始めたが
      面白そう。文章がうまい。読み終えたら感想書きます。

Harryさん、京都(天皇)の安全を必死で守った会津藩が何故賊軍になって、京都御所に大砲を撃ち込んだ
長州藩が何故官軍になったか、その事実(真実)が浮かび上がって来ると思います。読後の感想を楽しみに
しております
」 / N Fさん。
…岩倉具視の(側近の?)悪知恵で錦の御旗を作らせ、幕府軍との戦いにそれを掲げて臨んだ。
 錦旗に弓引くものは賊軍ということで幕府軍は鳥羽・伏見の戦いも総崩れになったのだと思い
   ますが…。勿論、装備の違い(方や鉄砲、方や刀)はあったが、戦意を喪失してしまった。


20日から始まる‘栄美展’用の6号「古民家」独自の新手法で制作中。さあどんな感じになるか
楽しみだ。半分くらいできた。まだ日があるので大丈夫だろう。(春は6号。秋は20号)

おっしゃるとおり、日記にコメント。どうも通信の事はわからない!!ハリーは得意分野だから、
 楽しいでしょうね!20日までに絵を仕上げるってできるの~??がんばれ!
」 / マッチさん
 …ありがとうございます。ちょこちょこ書いてはいつも眺めてチョコチョコ手直ししてます。

次回:天野 尚(たかし) 写真展のご紹介…一見の価値あり。我々の写真展とは桁違いのスケール。
    3/25までJR本郷台あーすぷらざ3F.。無料。(大型カメラ、リバーサルフイルム)

  
[ 2018/02/07 07:30 ] 神社・寺院 | TB(-) | CM(-)

最近の陶芸作品

20180203-P4110018.jpg

左右の色が薄かった。もう少し塗ればよかった。しかしそれは結果論。(真ん中は少し前に作ったもの)

20180203-P4110019.jpg

素敵な作品ができましたね。売り物になりそう!!」 / Yさん。
 …ありがとうございます。売れるかどうかは値段次第ですね。陶芸展に1品だけ出す予定です。2/28~3/4 リリス。

次回:人形町七福神巡り
[ 2018/02/05 07:30 ] 陶芸 | TB(-) | CM(-)

生麦事件の報道新聞〔Ⅱ〕

生麦事件現場:
(現在の国道15号線‘事件碑’のある辺り)(人物は無関係…事件後日ベアト撮影)
(最初に事件が起こったところなのか、リチャードソンが止めを刺されたところなのか
はっきりしないがどうも後者のようである)

(着彩者:前回と同じ)
生麦事件

生麦事件碑
(生麦事件の碑…上の現場写真と同じ場所なのかどうか?右に京急線のガードが見えます)

リチャードソンは初太刀を受けた後、騎馬のまま逃走、途中、鉄砲組久木村利休に二の太刀を浴びせられ、
落馬。数名の武士が畑に引きづり込み、とどめを刺す。とどめを刺したのは海江田信義(*)。苦しむのが忍
びなかったのであろう。(現場前の質屋兼豆腐屋、村田屋勘左衛門、大工徳兵衛女房よしのの目撃談)

*…以降、慶応4年(1868)新政府軍参謀として西郷隆盛を補佐し江戸城無血開城に立ち会う。官軍参謀
長州の大村益次郎との確執は有名。維新後は奈良県知事,貴族院議員。明治39年10月27日死去。75歳。
有村家からの養子。弟、有村次左衛門は水戸藩士等と桜田門外にて大老井伊直介を襲撃、切腹している。

リチャードソン以外の3名はアメリカ領事館、本覚寺 /(Ⅰ)の地図参照、に逃げ込み、医師ヘボン博士(ヘ
ボン式ローマ字考案者)の治療を受ける。マーシャル、クラークは日本でそれぞれの人生を全うし横浜外国人
墓地
で眠っている。マーガレットはイギリスに帰国後も事件のトラウマに悩み、1年後に子供をもうけ、
翌年に死去している。


その後、イギリスは幕府から11万ポンドの賠償金を獲得。更に公使ニールを通じて薩摩に対し謝罪・賠償
金を要求。薩摩は拒否。イギリスは艦隊7隻を率い鹿児島を砲撃/薩英戦争。その後の交渉にて25000ポ
ンド(6万両、60億)を支払、和解。以降、イギリスは薩摩・長州と親密となり、武器供与などで討幕を支
援するようになる。(幕府側にはフランスがつき、互いに討幕、佐幕をbackupすることとなる)。

幕末から明治初期の激動期は歴史ものとして大変興味があります、以前読んだ「明治維新という過ち」
 は別の角度から見た明治維新の歴史で、大変興味深いですよ
」 / N F さん。
 …そうですか、読んでみましょう。

次回:2/5 最近の陶芸作品
次々回:人形町七福神巡り
[ 2018/02/03 07:30 ] 歴史 | TB(-) | CM(-)