FC2ブログ






1日10品目食べよう!

3/31 背景色を春らしいグリーンに変更しました。

人間、年齢に関係なく、健康に勝るものはない。お金も大事だがいくら沢山あったって、病気がちじゃしようがな
い。Aさんからのご示唆があり改めて毎日の食事について考えてみた。‘1日10品目’肉、魚・貝、卵、油・バター、
牛乳・乳製品、豆腐・大豆類、海藻、野菜、根菜、果物…を食べなさいとのこと。これだけある。ほぼ毎日OKのも

のは卵、バター(ガーリック)、乳製品(自家製ヨーグルト)、納豆、野菜(野菜ジュースとして)、約半分だ。肉は冷凍
庫に沢山あるが毎日はしない、せいぜい3日に1回位か、魚もそうだ。豆腐は時々麻婆豆腐として作る位。海藻
は全く駄目だ。インスタントの味噌汁に入っている程度。根菜(さつまいも・じゃがいも・人参)これも毎日なんてと

てもとても、精々週に1回位か、果物もそんな程度か、何となく糖分のことが気になってつい敬遠。その代わりと
言っては何だがサプリは何種類も飲んでいる。勘定してみたら6種類、家族は8種類。それに整腸剤を。加齢と
共に腸からの吸収力が衰えてきてるのでいくらいいもの食べても腸が吸収しないらしい。これは娘からの話。

…ということで不足しているものを意識して摂るように心がけよう。Aさんどうもありがとう。

3/31日記:…海藻として‘椎茸入りワカメ煮’というのを買ってきた。結構おいしい。それとポテトサラダや
         野菜サラダも作った。今日4/1は麻婆豆腐をつくろう。主夫は何かと忙しい。

20180329-p1.jpg
(Aさん作成)

4/1日記:今日は‘桂台カフェ’に参加。いろいろ知らないこと教えて頂きました。このようなコミュニケーション
       の場があるということはすばらしいことだと思っております。スタッフ・参加者の皆さんに感謝。

      「家にいる時はテレビ、ラジオ、ネットや書籍から、情報を取り入れることはできます。が、直接体験談
       など聞くのは、でかけていかないと聞けないですよね。がんばって、でかけてくださいね。ベテラン主
       婦は色んな食材を使い、10品目に近い食事を毎日普通に作っています。それは何十年続けてきた
       苦労のたまものなのです。プロといっても過言ではありません。私も40年専業主婦ですが、少しは、
       夫に感謝してもらってるのかな~?
」 Mさん。

       …はいはい、世の亭主族は奥様方に感謝していますよ。口には出せなくてもね。
         愛する妻無くしては生きて行けません。ありがとう!(亭主代表)

次回:4/2 桜満開
次次回:葉山古道を歩く
[ 2018/03/31 07:30 ] その他 | TB(-) | CM(-)

真葛焼風花瓶

京都真葛ケ原を源流とする‘真葛焼’(まくずやき)は宮川香山が輸出向けの陶磁器を作るため横浜の太田村に
真葛窯を開く。以降、輸出に精を出し数多くの万国博覧会で受賞を重ね一躍世界的な評価を得る。日本では余
り知られていなかったがその作品の出来栄え、技術は驚くべきものがある。今回それ風に作ってみた。

横浜真葛焼(1)

P3330030.jpg

20180326-P4130040.jpg 20180326-P4130041.jpg

成形ができた段階。これから素焼き→着色→釉薬→本焼と進みます。本体は白。周りに取り付けた葉っぱは緑
(濃淡色合い変えて)や枯れ葉色も少し。茎は濃い茶色、木の実は薄い茶色~黄色に着色しようと思う。花瓶に
指した花の茎が倒れないように真ん中に木の枝でブリッジを作ってみた。

20180326-P4130042.jpg 20180326-P4130043.jpg

さあ完成はどんな感じになるだろう?お楽しみに~!この次は30cm位の四方皿に鳥、魚、蟹などの動物を貼り付けた
ものをつくる予定。今回の貼り付けものは大雑把なものだったが次回は精緻に仕上げる積り。

次回:3/31 1日10品目食べよう…とは言ってもちょっと無理みたい。
[ 2018/03/28 07:30 ] 陶芸 | TB(-) | CM(-)

証人喚問

いよいよ明日、‘森友問題’の証人喚問だ。さて新しい事実が出てくるかどうか?ぼくの予想では何も出てこない
と思っている。嘘をつけば偽証罪に問われるというがそもそも嘘をついた…ということがわかるのか、‘ほんとは
知っているのに、嘘をついて全く違ったことを言う’…という場合である。‘真実’と違ったことを言った…ということ
ではない。今までの証人喚問をみればわかることだ。与党の質問は当たらず障らずの優しい質問ばかり。野党も

沢山の質問者が入れ替わり立ち替わりの質問だ。検事のようなプロではない。しかも極めて短時間。痛いところ
を突いても、「刑事訴追を受ける可能性があるのでお応えできません」…と逃げられたらおしまい。証人喚問では
まず新事実は出てこないと見るべき。尤も政治家の関与があった場合、佐川氏が自分一人に罪を着せられること


に我慢ならず、前川氏のように反旗を翻しぶちまけてしまう勇気のある人であれば別だが。受ける印象からは程
遠い。自分の個人としての名誉、奥さん、子供の苦しい立場と財務省という組織と政権との関係を維持しようとす
る使命感・美意識、すなわち自分一人で責任をかぶったとしても多くの国民、政治家、役人は微妙に政治家の影

を感じ取っているのでむしろ彼ら政治家から見たら‘けなげな男気・悲劇のヒーロー’として評価されることであろ
う。守り通してくれたらほとぼりが冷めてからおいしいおいしいご褒美をあげるよ!早い話がそういうことであ
ろう、利害渦巻く実態はきれいごとではない、ドロドロした人間社会だ。さあ蓋をあけてのお楽しみ~。


続く:→ 3/27午前・午後の証人喚問すべて聴いた。見た。やはり想定範囲内の結果だった。「刑事訴追を受ける」
      …の連発だ。大阪地検も今日のテレビをじっと見ている。うかつなことはしゃべれない。証人喚問の限界。
      まあ一種のセレモニーみたいなものだ。刑事事件については司法・検察が徹底的に調べる。しかしそう
      でない灰色の案件について調査する専門のプロ機関が日本にはない。証人喚問と言ってもご承知の通

      り尋問の素人が極めて短時間に同じような質問を入れ替わり立ち代わりやる。今後どうなって行くか?
      こんなことばかりやっている時ではない。国内外問題山積。かと言ってこのまま素通りする訳にも行かな
      い。ここは別の機関を設けて予算委員会とは切り離してじっくりやるべきではないか?…と思う。今頃、
      総理、官邸関係者はほっとしていることであろう。今夜は祝杯だ!佐川君ご苦労さま。良くやった。


次回:陶芸/真葛焼風花瓶
[ 2018/03/26 10:00 ] その他 | TB(-) | CM(-)

舞岡古道を歩く

歴史の会の散策。横浜地下鉄、舞岡駅からスタート、このコース(長福寺、水車、舞岡八幡、東光寺
薬師堂、古御堂、舞岡公園/昼食、スダ椎の大木、大原遺跡跡、鎌倉古道・山道、熊の堀など)で15ケ
所を訪ねて15時、舞岡駅着。13,600歩。普段、何げなく歩いている道には実に様々な史跡・いわれが
あるものですね。こうやって少し知識がつくと散策の楽しみが倍増します。

231526舞岡古道散策
(舞岡八幡宮…舞岡の鎮守。創建は鎌倉時代
231526舞岡古道散策

231526舞岡古道散策
(八幡宮の狛犬…この顔、迫力満点!)

舞岡の地名は江戸時代以前は‘前岡’と言われていた。戸塚側の低地から見て、‘前に見える岡’という
意味でつけられたものであろうと言われている。明治22年の市町村制施行の際、舞岡村は鎌倉郡川上村
大字舞岡となり、昭和14年横浜市に編入され舞岡町となった。この地には縄文~古墳時代の遺跡が多く
発掘されており、いにしえの人々が生活していた古い歴史を有する地域である。また横浜でも自然の里山
風景が残されている地域でもある。


231526舞岡古道散策

(東光寺薬師堂…昭和50年代の初め台風によって倒壊、その後新しく建てられたもの。脇には村人や、旅
 人の安全を祈るかのように道祖神が並んでいる)

231526舞岡古道散策

(スダ椎の見事な大木…舞岡公園脇の鎌倉中の道(古道の呼名)を小菅ヶ谷方面に歩くと右側に見えてくる)

231526舞岡古道散策

(途中にあった‘源平桃’…一際、鮮やかでした)

源平桃いいですね~!桜が一気に咲いてます。さあ、出かけましょ!!」 / Yさん。

次回:‘証人喚問’
[ 2018/03/23 07:30 ] 風景 | TB(-) | CM(-)

男の料理教室

20180316-P4130024.jpg

マカロニグラタンをF氏と分担しながら作る。後から来たS氏はサラダを。後、コーヒーゼリーはほとんど自分がやったかな?
味はすべてgood!グラタンは少し味が濃い過ぎたか。

昔からグラタンを作らない、駄目主婦です。グラタンは外食で食べるか、冷凍をチンするだけと決めています。
 いつか、食べさせてくださいね
」 / Mさん。
…家ではこんなややこしいことはできないです。やはり‘冷凍チン’が一番。

3/21日記:寒い、季節外れの雪だ!出かけることもない、そこで夕飯用に2つ作ってみた。
       ポテトサラダと麻婆豆腐。サラダ作りは初めて。じゃがいもと人参を圧力鍋で
       やわらかくしてマッシャーで潰すんだが一寸やり過ぎた。全部すり潰さないで
       少し原形を残しておいた方がおいしそうだ。酢と塩コショウも少し多すぎた。

180316料理教室レシピ1 180316料理教室レシピ2

次回:舞岡古道を歩く
[ 2018/03/21 07:30 ] 料理 | TB(-) | CM(-)

平均余命

・平均余命(後何年生きられるか)…https://seniorguide.jp/article/1047113.html

・‘残りの人生、夫婦どちらが先に亡くなるか’… http://www.heikinyomei.info/index_fufu.php

如何ですか?あなたは後何年生きられますか?…だけどこれはあくまで‘平均’の話であってあなたがそこまで生きられる
ということではない。明日、交通事故で死ぬかもしれないし、病気持ちの人は半年先に心筋梗塞で死ぬかも知れない。一方
薬も服用していない、病気は何もない…というような元気な人は後15年、20年生きるかもしれない。その平均値だ。元気な
人は+5年程度、病弱な人は¥ー5年程度と考えたらどうだろう?

そこで僕の場合、平均余命を足すと88と出た。割と元気な方なので欲張って90少し超えたあたりまで大丈夫か?また夫婦
どちらが先に死ぬか…は平均余命ではワイフの方が2歳ほど長生きすると出たが持病があるのでその分を差し引いて考え
ると主人の方が少しだけ長生きするかもしれない。どうだろうか?こればかりはわからない。

いずれにしても後10年一寸、光陰矢の如し、あっと言う間であろう。これからどう生きれば良いか、‘断捨離’はいつまでに
やるべきか、遺言書は?…など真剣に考えないといけない。ずるずると先延ばしはNGだ!きちんと準備しておけばいつお
迎えが来ても後顧の憂いなしだ。寂しい話になったが超現実的なことだと思う。

命がなくなるまでのこと、計画的に考えることが必要ですか?どのくらいあるかわからないのにー。やりたいことを、
少しずつ、やってればいいでしょ。ハリーさんの几帳面な性格ですかね。何をやりたいのか考えることは必要だとは
思いますがね。長く続けるには、お金をあまりかけず、近場で人間関係にストレスを感じないで楽しんでやれること
がよいですね
」 / Mさん。
…コメントありがとう。そんなに計画的に考えてる訳ではないです。おっしゃる通り、後やりたいことを考える程度
  のこと。要は‘後残りはそんなにない’…という意識だけ持ってればいいかな?という感じ。

3/19 日記:バイクのブレーキスイッチがおかしい。左側のセルスターターが効かない。自分で直してみようと
       ネットでスイッチを購入。バイクの箇所を外してみたがハーネスが短くて引っ張り出せない。どこか
       のカバーを外さないと駄目。わからない。無理にやっておかしくしてもいけないのでバイク屋へ。
       ブレーキスイッチ本体は問題なかったがハーネス(通電ワイヤー)に電気が来ていない。こりゃ大
       事か?。明日改めて持込み。幸い、右側のセルでエンジンはかかる。更に右が駄目になっても
       キックでかかるので一応安心なんだが…。

(クリックで拡大)
20180319-P4130026_20180319123218eaf.jpg 20180320-P4130028_201803210933018d0.jpg

       → 3/20 修理完了。ブレーキスイッチに直接つなげるケーブル導線以外に奥の方にもう一箇所
          中継のカプラーがありそこが接触不良を起こしていたことが判明。重症でなくて良かった。
          6000キロにして初めてのトラブル。車と違ってバイクは繊細だから急におかしくなる。

・健康余命…一応健康な日常生活が送れる期間。余命、仮に後12年としてこの期間がどれだけありそうか?
        予想するのは難しいが‘あちこち痛くて動けない’や‘寝たきり期間’が3~4年としたら約10年が
         健康余命か?後10年だよ~。

次回:男の料理教室
[ 2018/03/19 07:30 ] その他 | TB(-) | CM(-)

まんだら堂やぐら群〔Ⅲ〕

〔Ⅱ〕からの続き:

20151122-P3700031.jpg
猿畠山 法性寺(えんばくさん ほっしょうじ):逗子市久木の地に建立された日蓮宗の寺院。松葉ヶ谷法難の際、
日蓮が白猿に導かれ難を逃れた岩窟の地に建立されたと伝えられ、日蓮六老僧の一人である日朗の墓所がある。
左の鳥居を登って行くと逗子市が展望できる場所に出る。

20151122-P3700034.jpg
名越切通しの道…ここから安国論寺を経て鎌倉駅へ。

20151122-P3700035.jpg

逗子まで電車で行って、そこからバスで‘まんだら堂やぐら’へ、更に鎌倉までハイキング、良いですよ。
(公開日に要注意:〔Ⅰ〕参照)

日記:金沢自然公園のコブシ満開(Yさんから) 金沢自然公園のコブシ


次回:平均余命…あなたは後何年生きられますか?
[ 2018/03/18 08:54 ] 風景 | TB(-) | CM(-)

まんだら堂やぐら群〔Ⅱ〕

20151122-P3700014.jpg

20151122-P3700016.jpg

20151122-P3700026.jpg
法性寺(ほっそうじ)へ向かう途中の石碑。誰かがちゃんとお花を添えているんですね。

20151122-P3700027.jpg

20151122-P3700028.jpg
こんな高いところにも。
[ 2018/03/17 07:30 ] 風景 | TB(-) | CM(-)

まんだら堂やぐら群〔Ⅰ〕

鎌倉時代の横穴墓(逗子)。中世の武士や僧侶が眠る立体墓地。異世界の風景。
現代の‘マンション墓’のようで壮観!(公開日限定:年3回。土日月祝日のみ)
JR逗子バス乗り場6番から、亀ヶ岡団地循環、亀ヶ岡団地北下車5分。

今年の公開日:4/22~5/29までの土・日・月・祝日、10時~16時。
          10/21~12/11までの 同上  計60日間。無料。

芝生、ベンチもあり。お弁当持参で如何?浮遊霊と仲良くしましょう。

20151122-P3700025-2.jpg

20151122-P3700006.jpg

ちょっと気持ち悪い雰囲気ですね。恐いの出てきませんでしたか?」/ Mさん。
…夜なら怖いだろうね。肝試しにどう?尤も4時までだから無理か。
             
20151122-P3700008-2.jpg
クリックで拡大。

20151122-P3700009.jpg

仮供養の墓だったのではないか。いずれはちゃんとした故郷の墓に行くのでしょう。分骨的な意味もあった
のかもしれない。このような地に葬られたのは多分に山岳信仰の影響もあったのかと推察されます。この
あたりは山が多く、戦さで死んだ武士達を平地に葬ることができずにやむなくこのような場所になったとい
う説もあります。

20151122-P3700010.jpg

逗子まんだら堂やぐらMAP
クリックで拡大:

帰路、鎌倉まで歩いてもよし。約4キロほど。鎌倉でおいしいものでも食べましょう。

続く:〔Ⅱ〕

次回:平均余命
[ 2018/03/14 07:30 ] 風景 | TB(-) | CM(-)

金沢自然公園〔Ⅱ〕

20180307-DSC04124.jpg

菜の花畑で。「あ~あ、眠くなってきた~」。(少し草刈りをすれば良かった~)

20180307-DSC04126.jpg

20180308-P4130023.jpg

我が家での居場所。「また行きたいなあ」。

次回:まんだら堂やぐら群
[ 2018/03/12 07:30 ] 風景 | TB(-) | CM(-)

金沢自然公園〔Ⅰ〕

梅と菜の花が満開です。

20180309-20180309-20100101-SDIM0499.jpg

お気に入りのみち。

20100101-SDIM0495.jpg

20180307-20180307-DSC04123.jpg

我が家の‘おチビさん’達も連れて行きました。久しぶりの遠足、「わ~い、気持ちいいな~」、梅の小枝に登って超ご満悦。

子供達もなかなか、決まってますね!」/ Mさん。

20100101-SDIM0395.jpg

全体的に‘ほんわか’した雰囲気。

20100101-SDIM0500.jpg


続く:〔Ⅱ〕へ

次回:まんだら堂やぐら群
[ 2018/03/09 07:30 ] 風景 | TB(-) | CM(-)

釈迦堂切通〔Ⅱ〕

鎌倉切通し

鎌倉市大町の切通し。危険なため二重にバリケードが張られていて通行禁止。だけど僕たちは
何のその。初志貫徹、強行突破。3回目(2016/3)の訪問です。以前よりだいぶ草が生い茂り汚
くなっていた。

20160210-SDIM0403.jpg

少し進んだ辺りから前方を。今は通行止めになっているが、二階堂・浄妙寺地区から南の大町・名越地区へ行く近道として
生活道路になっていたようだ。ここを通らないと大変な遠回りになる。

20160210-SDIM0404.jpg

北側(雪ノ下から大町方向)から撮影。上の開口部から下へ下へと掘り下げているのがわかる。ある程度
掘ったら今度は横へ横へと鉄ちょうなで削って行く。この繰り返しを行った模様。気の遠くなる作業だ。

ぼくの推定だが、ここは鎌倉石の石切場で大量の石をこの道で運び材木座の海岸から船で、または
雪ノ下方面へ馬車で運び出したのではないか~結果として雪ノ下から大町へ抜ける‘生活道路’が
できた。‘鎌倉七口’と云われているのは‘極楽寺坂、大仏、化粧坂、亀が谷、巨福呂、朝比奈、名越
切通し’を云う。

いずれも鎌倉から、又は、鎌倉へ…出入りする道路で所謂「口」になっている。釈迦堂切通しは鎌倉
市内を行き来するだけの道路であるため「鎌倉七口(切通し)」には入っていない。私見ではあるが
‘七口’いや‘八口’とは言えないまでも、鎌倉八切通し…と言ってもいいのではないか?…。古文書
には‘七口’となっているので後世、七口切通しと言っているに過ぎない…と思う。(終了)

次回:3/10 金沢自然公園

[ 2018/03/08 07:30 ] 風景 | TB(-) | CM(-)

釈迦堂切通

鎌倉切通し

随分前(2008年)の写真です。この時はまだ通れていました。危険覚悟で。
今は通行止めになっています。
鎌倉釈迦堂口切通しの風景。昔の人は苦労して人力で削ったのですね。

鎌倉釈迦堂口切通し

上の切り込みはどうやらやぐら(横穴墓)の跡らしい。
この上にはやぐらが一杯あるがそこから地下(底)へ掘り進んだのであろう。
写真を撮ったところで女性画家がスケッチをされていました。

釈迦堂口切通し

この横に開いている穴はこの切り通し道路ができてから作ったものと思われる。
この工事で亡くなった人達の小さな供養塔などを入れたものか?縦に2ケある
のは掘り下げていく途中で1ケ作り、更に進んでもう1ケ作ったものと思われる。
(この大きさでは通常の横穴墓とは考えられない)

釈迦堂口切通し

陶芸展、今回は行けませんでした。ごめんなさい!」 / Yさん。
…とんでもない!栄美展に来てくれたことだけで十分です。ありがとう。

釈迦堂口切通しの崖

落石の危険があるということで通行止めの看板が立っているが皆平気で歩いています。
(2008年当時) ひんやりしていて気持ちいいです。しかしこの崖、すごい迫力ですね。
上から掘下げて行って横に広げて行ったのでしょう。削った後の横筋がはっきりと見えます。

釈迦堂口切通し

この上には沢山の横穴墓が散在しています。誰もいない企業の私有地で本来は入って
は行けないのですが…。

続く:〔Ⅱ〕
[ 2018/03/05 07:30 ] 風景 | TB(-) | CM(-)