FC2ブログ







‘許す’ということ。〔Ⅱ〕

高校時代からの親友。家族ぐるみの付き合いだった。それが‘ひょんなこと’から断絶状態になって6~7年。
同じ高校の友人達4人夫婦と定期的に会合を持っていた。僕が幹事の時、日程調整のやりとりで余りの身
勝手さに頭にきてその会を退会。必然的に彼とも疎遠になっていった。来る年賀状も奥さんの代筆。こちら

から出さなくなった。来たら出そうと思っていたが来なくなったのでそれっきり。それほど深刻な理由ではな
い。まさに‘ひょんなこと’からである。相手もそう思っていたみたい。‘許す・許さない’…というほど大げさな
話ではないのだがいまだにどちらからも接触しようとしない。互いに意地っ張りなのである。何か大勢集まっ

た時にたまたま会うようなことがあれば「水に流そう」と言えそうだが、わざわざ表明するのは一寸…。他の
二人の友だちとは年賀状のやりとりは続けている。前にその一人の友だちから「もういいじゃないか」…と
仲裁の電話があったが断ってしまった。その時はまだ余程腹にすえかねていたのだろう。どうしたものか~。

以前にその話は聞いてますが、まだ気にしてるのですね。気にならないのだったら、そのままでよいと思うし
(他に友が居ないわけではないから)気になるなら、折れて連絡するのも良いと思います。ハリーさんがその
人を好きか嫌いかに掛かってると思います。そのことで、気に掛かるなら死ぬまでにご連絡をどーぞ!反対
の立場にたって、怒ってる友が連絡くれると嬉しいでしょ!?私なら、即刻連絡しますがね(笑)

/…こだわらない人より。

…なるほど、‘好きか嫌いか’…か~。半世紀以上の付き合いだから‘嫌い’って訳はない。‘好き’か?
 って言われても相手が女性じゃないし~そういう感覚ではないな。青春時代から57年間の付き合い
 、それがこんなことで‘ボツ’になってしまっていいのか…という思い。考えてみよ。ありがとう。

4/29 日記:昨日、今日(29日)と2日続けて訪問。今日は一寸ご機嫌斜め。‘触らぬ神に祟りなし’。
      今日もすりいちご、プリン、トマト野菜ジュース持参。その後すぐに出たおやつも含めて
      ぺろっと。食欲があるので安心。45分左腕の低周波マッサージを行う。帰り際、Sさん
      (ケアマネ)に今後3ヶ月のケアプランを頂く。また管理栄養士のTさんに介護食品につ
      いて教えて頂き、パンフを貰う。皆様、ありがとうございました。今後ともよろしく。

4/30 日記:平成最後の日。今日こそはと久しぶりに部屋の掃除をと意気込んでいたが、身体が
      だるくて延期。食欲もいまいち。ぐだ~っとしてこたつでビデオ三昧。情けない!
      誰かさんに「無理をしないで」と言われているんでまあ~いいか。

天皇陛下退位の儀式:

20190430-P4280006.jpg 20190430-P4280008.jpg 20190430-P4280009.jpg

‘深い信頼’と‘敬愛’を…のお言葉。今日で平成終わりか。感無量。平成元年に日産から転籍になった
仲間と‘元年会’を結成。創設者である僕が25年位幹事をやってきた。今は若手に交代。年2回集まって
31年。よく続いたものだ。その時はまさかもう一回、元年がくるとは想定外。

続く:もう一つ。5/1 〔Ⅲ〕

次回:闘病記(親しい方々への近況報告、…と、自分としてのまとめ、治療中の方への参考に)
次次回:相変わらずネタなし。考えます。
[ 2019/04/29 07:06 ] エッセイ | TB(-) | CM(-)

‘許す’ということ。〔Ⅰ〕

先日の新聞にこんな投稿があった。「人の言動に厳しい私はことあるごとに、この言葉に出会い、ハッと
させられることが多い。ある映画の場面で老父の「許すことを覚えよ」という息子への遺言、‘鏡の法則’
という書物には‘人を許すことが人生を好転させる’と説かれていた」。「また瀬戸内寂聴さんの談話で

健康の秘訣として挙げられた3つのうちの一つが「許すこと」だった。…「許す」は私の後半生を左右
する大切な言葉になると思う」。………… 自分の場合はどうか?!‘つまらないこと’で
仲違いしてしまったことなどないか、…振り返ってみよう。

許す」深い意味のある良い言葉ですね!努力したいと思います。自分に甘く人には厳しい私なので(笑)
 ハリーさんは何でもできるように努力する方なので、自分にも人にもきびしいと思いますが、まずは、
 自分を許してあげればいかがですか?
/ マッチさん。

 …‘自分を許す’という発想はなかったなあ、‘家族のこと’で言ってくれてる
  のだと思いますが…。じ~んと来ます、ありがとう!。まずは他を許した
  後、自分かな?(…と言ってもその他人は気持ちの中では許しては
  いるんだが…)
  
4/27 日記:昨日も今日も行かず。体調いまいち。無理して行ってこじらせても困るし。
      明日は行こう、お天気みたいだから。おみやげは盛り沢山。いつもの野菜
      トマトジュース+リンゴ酢、レモンヨーグルト、プリン、いちごのすりつぶし
      +練乳。いっぺんには食べ過ぎかな?

続く:4/29 〔Ⅱ〕
[ 2019/04/27 07:54 ] エッセイ | TB(-) | CM(-)

「第12回 帆の歌」発表会

20190419-P4260017.jpg
(左から4番目:高良さん)

友人、高良 三佐子さんの独唱:4/19 14時~リリス大ホール。



‘カタリカタリ’(サルヴァトーレ・カルデイロ)…初めての弾き語り。横を向いて歌っているのでどうしても
会場の方への声の通りは厳しくなりますね。ピアノを弾きながら、大ホールでのマイクなしの発声はや
はり大変だと思います。それにしてもこの曲をピアノを弾きながら歌うってすごいです。余程、練習に練
習を重ねたことが伺えます。



オペラ‘運命の力’(ヴェルデイ)

お忙しいところありがとうございました。いつもながら高い音が上がりきらずお恥ずかしい限りです。
 ありがとうございました


…いつもながらきれいな澄み切ったお声ですよ。高音の伸びは誰でも加齢で出にくくなりますからね。

(当日陶芸展受付担当、30分抜け出して大急ぎで撮影・録音。1曲目 フイガロの結婚は出来ず)
(‘帆の歌’とは浅野美帆子先生に因んでつけられたもの)

4/24 日記:年1回の日産座間工場OB会の日。2~3日前から調子が悪く急遽キャンセル。
      風邪のようだ。免疫力が低下しているため、かからないように神経質なほどに気を
      付けていたが昨年の入院から8ヶ月目にしてやられた。最近はインフルエンザも収
      まったし余程の人混みでなければマスクを外していたがまずかったのかも。先生か
      らも「やっていた方がいいよ」と言われた。暫くはおとなしくしていよう。

     :将来認知症になるかならないかの検査があるそうだ。テレビでやっていた。
      ‘MCIスクリーニング検査’。保険外なので¥2万円。アルツハイマー型認知症
      はタンパク質アミロイドβの蓄積が脳内に起こるために発症する。このアミロ
      イドβを攻撃する3種のタンパク質の量を血液検査で判定する。この段階で
      わかれば予防できるとのこと。なってしまってからでは治すことはできない。
      さてさて~僕はならない自信はあるのだが…やった方がいいのかな?。

4/25 日記:火曜日に長男家族が孫を連れていったので1日置き3日振りに訪問。今日は
       世界遺産のDVDを見せた。以前に行った旅行のことを思い出して貰うために。
       白川郷、五家荘(パッチワークの作品)、厳島神社、原爆ドーム、石見銀山など。
       さて思いだしてくれたかどうか~?体調さえ良ければ明日も行こうかな?

次回 4/27 :「人を許す」ということ。
次次回:‘ネタ’がありません。どうしましょう~。前のものでもいいですか?
[ 2019/04/24 07:33 ] 演奏会 | TB(-) | CM(-)

陶芸展

20190417-P4260001.jpg

20190417-P4260002.jpg

今回はこの壁面全部を当方が占拠してしまいました。左2つがワイフの、右側6つはぼくの作品。
下の陶芸、左2つはぼくの骨壷作品。吊るし飾りと派手派手絵画はワイフの部屋に飾る予定。

20190417-P4260003.jpg

トトロとムーミン、可愛いですね。

20190417-P4260004.jpg

‘終の棲家’。皆さんこれが骨壷だということに中々気が付かれないので今日(18日)「終の棲家」と名札を置いてきました。
いつ入居するか?5年?7年?9年後?。いくら何でも3年ということはないでしょう~…。

20190417-P4260006-1.jpg 20190417-P4260007-1.jpg 20190417-P4260008-1.jpg

お客さんとの記念撮影:

左より上西さん、田村さん、高桑さん。
この前後にも武林さん、青木さん、水越さんと撮って貰ったのだが写っていなかった。
また話に夢中になり撮るのを忘れてしまったのも何人か(竹田津ご夫妻ほか)。残念。

20190417-P4260009-1.jpg 20190417-P4260010-1.jpg 20190419-P4260013-1.jpg

左から柳下さん。谷口夫妻、中山さん、小西さん。鳴島さん、野田さん、石川さん、田中さん。

20190419-P4260014-1.jpg 20190419-P4260015-1.jpg 20190419-P4260016-1.jpg

左から、鳴島さん、山戸さん、武藤さん。斉藤さん、三本さん。青木さん。

20190419-P4270014-1.jpg 20190420-P4280002-1.jpg

左から、高良さん:‘帆の歌’出演後。志田さん。

20190421-P4280003-1.jpg 20190421-P4280004-1.jpg 20190421-P4280005-1.jpg

左から井上さんご夫妻。青木さん。さなえさん、閃君。
会場でお会いできませんでしたが、岩瀬さん、松崎ご夫妻、福島さん、金井さん、横田さん
…どうもありがとうございました。

20190420-P4280001.jpg

川井先生の作品(左):

20190416-IMG_20190416_133207-1.jpg

今回は忙しくて、拝見できませんでした-!ごめんなさい!」 / マッチさん。
…はいはい、また次回にね~。

こんばんは。暑い夜ですね。写真お送りいただきましてありがとうございます。
 楽しげな皆さんがいいですね。また、お会いしましょう
」 / 川○さん。
…大変お世話になりました。感謝します。

いつもの爽やかな笑顔になっていて良かったです。良い作品展でしたよ。写真有難う」 / 青○さん。

先日はしばらくぶりの再会でした。お元気を取り戻し安心しました。陶芸展の出品おめでとうございます。
 いつも感じていますが、陶芸。水彩、写真等、見事な才能を発揮されておられることに敬服しております。
 この度は、奥様の作品を展示され、五箇荘を暖かく仕上げておられること、きっと心優しい方と拝察いた
 しました。安心して看護できますね。くれぐれもお大事をお祈りいたします。大変充実した鑑賞の時間で
 した。お招きに感謝いたします
」 / 谷○さん。

こんばんは。わざわざメールありがとうございます。作品を見るたびに刺激を受け勉強になります。
 健康にご留意しつつき続き頑張って下さい。ではまた
」 / 志○さん。

貴兄の素晴らしい陶芸作品、楽しく見させて頂きました。お会い出来なかったのは残念ですが、
 ご健闘をお祈り致します
」 / 岩○さん。

おはようございます!昨日は素敵な作品を色々拝見させて戴きありがとうございました。
 お忙しい中、写真も送って下さり済みません!いつか落ち着いた頃にお食事会をしたいですね!
」/ なる○さん。

昨日は陶芸展見学させていただきありがとうございました。作品類は貴殿のものがメーンで、輝いていました。
 骨壺はなかなか味があり、いい出来栄えでした。今後もよろしくお願いいたします
」 / 高○さん。

ハリーさん素敵な陶器・絵画の品々見せて戴き有難うございます。奥さまの作品も展示されていて、
 展示のあのあたりがとても温かく感じました。ハリーさんの独占華やかな舞台の様でした。
 奥様も少しずつ良くなられている様子で良かったですね。お元気なころは、展示の素晴らしい作品
 を作られていられたのと思うと・・・感慨深く作品を見させていただきました
」 / 福○さん。

 ご返事は省略。すみません、ほかのは割愛させて頂きます。これで陶芸展は終了。

○○さん。ご苦労様です。本文を読んで、お袋が老人ホームに入所した時の事を思い出しました。
その施設は完成したばかりでしたのでなにもかも新しく、本人は何も感じないようでしたが終の棲家
に適した場所に運よく入居できたのを何となく安心した記憶があります。施設の方がとても親切な方
々でしたので色々とアドバイスをいただき、その都度要望があったものを買い集めました。何といっ
てもいつも面倒を見てくれているスタッフの指示を素直に聞くことが必要だと思いました
」 / コバさん。

…どうもありがとうございます。こちらの方も運良く入居でき親切な方ばかりでよかったと思っています。
 また夏に皆でお会いしましょう。

次回 4/24:第12回 帆の歌(リリスホール)…Kさんの熱唱。
次次回:エッセイ / 許すということ。
[ 2019/04/17 21:19 ] 個展・展覧会 | TB(-) | CM(-)

今日のお散歩

いつも家の近くじゃつまらない。今日(9日)はバスと地下鉄を乗り継いで関内まで遠足。開港資料館
で明治~大正の横浜風景の浮世絵展をやっていたので見てきた。4時間の散歩。
‘敬老パス’をフルに活用して‘路線バスぶらり遊覧’というのをやってみようかな。

途中、気が向いた停留所で降りてぶらぶら歩き、初めての町並みに触れる、気の利いた
お店があればコーヒーでちょっと一息。遅くなったらその辺で食事でも。目的地のない散策。
下調べしない、地図だけ持って行く。現地で聞く。新しい出会い、発見あるかも。面白そうだ
と思わない?

新しい出会い…ほとんどすべては「ありがとうございました」その場で終わり、これでいい。
…がたまにはこんなのもある。横浜市内のとあるバス停、バス待ちの人が一人、御婦人。
なんかのキッカケで話すようになりその後もメール交歓、その方はオペラのソリを

練習中。プロではない。お互いの発表会や展覧会に行き来するようになった。
こんなのも楽しい。きっかけは勿論こちらから話しかけたからだ。別に下心が
あった訳ではない。気楽に声をかけられるかどうかがポイント。黙っていたら
何も生まれない。さて今でも気軽に話しかけができるかな~?

20190409-P4250008.jpg

横浜公園:

20190409-P4250009.jpg

20190409-P4250010.jpg

20190409-P4250010-2.jpg

20190409-P4250011.jpg

20190409-P4250012.jpg

大桟橋の付け根付近から山下公園方向を見た絵。明治4年。

4/15 日記:上郷苑訪問。一日置きに行くようにしている。さすがに毎日は無理。ヨーグルト、野菜トマトジュース
      リンゴ酢を入れて、バナナのすりつぶし(蜂蜜)持参。ぺろっと平らげる。それに続いて出た3時のおや
      つもペロリ。食欲はあるので助かる。左腕が動かず固まってしまっているので低周波治療器でマッサ
      ージを1時間。脚のむくみ解消のエアマッサージを45分。

      驚いたのは帰り際、玄関でバッタリ。見たことのある人だなあと思ったら料理教室で一緒だったN氏。
      長年奥さんの介護をされてきたが3月にここへ入居されたとか。彼には以前明後日から始まる陶芸
      展に出すワイフの吊るし飾りの棒に漆を塗って貰ったことがある。漆工芸のベテラン。家も近所だ。
      毎日行っているとか、上手がいる。奇遇に驚いた。

       追記:パーキンソンで7年自宅で介護された。料理教室はある時を境に来られなくなった。
           車椅子、トイレにも行けない、話ができない、自分でたべられない…など。さぞ大変
           だったことだろうと思う。よく頑張られた。僕だったらできたか?多分無理。世の中
           にはもっともっと大変な思いで頑張っておられる方々がいるということを身近に知る。
           ぼくも大いに頑張らなくちゃ。

       明日は陶芸展の搬入日。明後日からの期間中いろんな人に会えるのが楽しみだ。見に来てね。
       もし僕の存じ上げない方だったら一言、声をかけて下さい。

20190409-P4250013.jpg

帰路、横浜公園にて。

次回:陶芸展
[ 2019/04/13 08:08 ] その他 | TB(-) | CM(-)

陶芸展のご案内

201904陶芸展ハガキ-2

陶芸は‘終の棲家’(私と妻が入る派手派手骨壷、究極の終活)2点。他に絵画20号3点(以前出したもの)、
写真半切3点(以前出したもの)、パッチワーク作品/五箇山合掌集落・吊るし飾り(ワイフの作品)、
を出品します。是非いらして下さい。お待ちしております。
(陶芸展に絵画・写真等を出すのは壁面を有効活用し、賑わい感を付けるため)


20190408-IMG_20190408_173441_4CS.jpg 20190408-IMG_20190408_173522_1CS.jpg

100606五箇山集落
(何年か前に行った時の写真)

221617合掌集落パッチワーク

何年か前にはこういうことができたんだ~。

100120自家製吊るし飾り
[ 2019/04/11 07:30 ] 個展・展覧会 | TB(-) | CM(-)

春うらら

20190402-P4250003.jpg

いたち川 (栄区役所裏)

20190403-P4250004.jpg

桂台第一公園

桜綺麗ですね!今年は開花が早かったですが、寒の戻りで長持ちしてますよね」 / マッチさん。
 …今日は寒いねえ、体調おかしくしちゃうよ。

20190405-P4250006.jpg

三浦霊園

次回:陶芸展のご案内
次次回:今日のお散歩
[ 2019/04/09 07:30 ] 風景 | TB(-) | CM(-)

昭和ノスタルジー〔Ⅱ〕

20190327-P4230013.jpg 20190327-P4230014.jpg
(クリックで拡大)

なつかしい駄菓子の数々。当時、芦屋(貴景勝)の下町にいた。近くに貸し自転車と駄菓子屋が一緒になった店があって
ガキ仲間とよく行ったものだ。いくらだったか忘れたが自転車は30分10円位か?試験管みたいなガラスの細い筒に寒天
ゼリーが入っていて蓋もなし。これを口にあてて吸って食べる。表面にほこりが溜まっているものもある。1本5円位だ
ったか。5円払ってすきをみて2~3本わしづかみにし素早く口に入れ一気に飲み込む。こんなワルをガキ共とやって喜
んでいた時期もあった。こんな単純なわるさはするが今のような陰湿な‘いじめ’はなかったなあ。小学校3~4年の頃。

20190405-P4250005-1.jpg 20190405-P4250007-1.jpg 20160406-P3820082_2019040518003648e.jpg

4/5 日記:4/4母の命日・墓参り(三浦霊園、平成3年につくる。実家の墓は神戸。両親の遺骨こちらにも分骨)
     すぐ近くの桜、満開
生花は当然枯れて無くなっていたが前に陶芸で作った花が結構きれいで存在感ありだった。もう少し追加でつくる予定。
今日、入れ物の寸法を細かく測って来た。枯れた花だけになってしまうのは寂しいだろうから。

20190327-P4230016.jpg 20190327-P4230017.jpg

バナナボート「デエ~オ、デエエオ~♪」…思い出すなあ~。カリプソの女王 浜村美智子、現在81歳で健在。

    https://youtu.be/TVhTPwIlT40

20190327-P4230018.jpg 20190327-P4230019.jpg
(クリックで拡大)

紙芝居:僕たちの小さいときは時間になると紙芝居のおじさんが自転車で現れてましたよね。お母さんに小遣いもらって
     見に行く。「おっちゃん、すこぶちょうだい~」。おっちゃん「ただ見あかんでえ~!なんかこ~て~」などと。
     お金貰えない時は人が集まり始まってから一番後ろでこっそりただ見。なつかし~い!

やっぱし大川栄策の「昭和浪漫」の歌詞にある ~貧しかったけどみんな幸せだった~ ですね。少し遅れましたけど、
「砂の器」はやっぱり丹波哲郎、森田健作のが良いと思います、「宿命」は素直に受け入れ「運命」前向きに希望に満ち
 て替えていくもの(年齢に関係なく)と私は思います。大先輩の前で生意気言ってすみません
」 / N Fさん。

 …コメントありがとう!大先輩も小先輩もありません。その通りですね。この先、希望があるかどうか
  わかりませんがよい運になるように心がけたいと思います。できるだけ‘明るいこと・楽しいこと’を
  思うようにすればいいことが起こるかもしれませんね。

20190327-P4230020.jpg

あの時のタバコ屋のねえちゃん、どうしてるかなあ~。まだ生きてるかな?

以上で終了、新横浜、ラーメン博物館でした。

4/8 日記:午後から‘地域史研究会’の総会、施設には午前中にと思っていたが生憎の雨。午後から
     やめば帰りに寄ろう。毎回、アイスクリーム、プリン、ヨーグルトなど楽しみにしてるんで。そ
     れに野菜不足にならないよう野菜トマトミックスジュースにリンゴ酢を入れて一日置きに持参。
     そういう僕自身が野菜不足。補うために野菜トマトジュース。その他にビタミン剤(NOWのB-50、
     C-1000、マルチビタミン・ミネラル)。野菜を買ってきても中々しないのですぐ腐らせてしまう。

次回:春らんまん。
次次回:陶芸展のご案内
[ 2019/04/05 07:30 ] その他 | TB(-) | CM(-)

雑感

先日(3/28)、フジテレビで松本清張の「砂の器」を見た。何回か見ているが今回のは最後の今西刑事(東山紀之)
が語る30分が印象的だった。天才作曲家に上り詰めた暗い過去を背負った和賀英了が昔の汚点を知る人間を
殺し、次第に追い詰められるストーリー。最後のコンサートに渾身の作、「宿命」を指揮。相棒の刑事が「運命で
すかね」と言うと今西刑事がすかさず「運命と宿命は違う」…と。「運命・宿命」という言葉がちょっと気になった。

運命…‘運ぶ命(めい)’と書く=命を運ぶ。ここで云う‘命’はいのちではなく‘めい’=天から与えられるものの意。
    運ぶだから自分の意思や行動によって変えることができる。その結果が‘天から与えられたもの’である。
    例えば、どんな学校に入り、どんな仕事に着き、どんな出会いがあり、どんな人と結婚するのかなどは努
    力や行動・アクションで変わってくるもの。‘運を切り拓く’などと言うではないか。 一方、


宿命は…‘宿る命(めい)’と書く=生まれつき宿っているもので変えようがないもの。例えば、端的な例としては
    男として生まれた、長男として生まれた、日本人として生まれた、障害を持って生まれた、顔の美醜など
    は自分の意思や行動では変えることができない。

…だからどうなの?と言うことだが。物事上手くいかないから、困ったことになったからと言って安易に「運命だ
から仕方がないや」、「運が悪かった」…などと言うのは安易な逃げかも。自分の能力や努力、認識が足りなか
ったのかもしれない。運が悪かった…で済ませば気は楽にはなるが。まあそれがストレスを貯めないい方法かも。

一方「これは宿命みたいなものだからどうしようもない」…というのは確かにあるだろう。この主人公の場合、父親
のハンセン病のせいで村を追われ転々とした悲惨な子供時代を送る。これは確かに宿命と云える。自分の力では
どうにもできないものだ。


テレビでの話が硬い、難しい話になってしまってすみません。次回はまた‘昭和ノスタルジーⅡ’
へ戻ります。もう少しだけ、写真があるので。

[ 2019/04/04 07:30 ] その他 | TB(-) | CM(-)