九州の秋〔Ⅴ〕/光明禅寺庭園〔Ⅰ〕 

太宰府天満宮の参道の一の鳥居を右に曲がるとつきあたりに山門、鐘楼がある。別名「苔寺」とも呼ばれ、その名の
通り庭園は碧く苔むし、前庭を七・五・三、十五の石で‘光’の字に配石した石庭、裏庭の青苔は大陸と島、白砂は
水と大海を表す。見事な枯山水の庭である。(爆弾低気圧、大雪災害で紅葉どころではないですが…)

P3460030.jpg
クリックで拡大

P3460031.jpg

P3460032.jpg
クリックで拡大
P3460033.jpg

P3460036.jpg

P3460037.jpg

次回:12/24 九年庵
[2014/12/19 07:30] 風景 | コメント(-)