FC2ブログ







安全保障論議について思うこと〔Ⅰ〕

一寸長いがごめんなさい。(たまにはいいでしょう?何でもありのブログですから。一緒に考えてみませんか)

最近、テレビ・新聞などで集団的自衛権、個別的自衛権、ホルムス海峡機雷除去、切れ目のない防衛だの…の議論が盛んに
行われている。皆さん聞いていてわかりますか?わかりにくいのはこのように、個別の概念について、あ~だ・こ~だやってる
ことと、アメリカに守って貰う手前、アメリカの仕掛ける戦争に心ならずも加担せざるを得ない事情()を何とかカムフラージュ
するために議論をはぐらかし何とか逃げ切ろうと躍起になっている感じがする。どうして想定できるリスクについての具体論
から入って行かないのか?多分、具体論から入ると、憲法改正が必要になってくるから回避したいのであろう。(憲法改正と
なると2/3以上の国民の同意は得られそうにないから現政権が考えている構想は多分実現しない)


  …日本は敗戦国である。70年前、ポツダム宣言の無条件降伏を受諾。その結果、マッカーサー司令部草案の
     憲法を受け入れ且つ沖縄を初めとし日本各地に広大な治外法権の米軍基地を提供した。いまだにそのトラウ
     マを引きずっていると言わざるを得ない。総理大臣が代われば真っ先に挨拶に行く。国会の承認前に米国議会
     に法案成立を約束する。軍事・経済とも首根っこを押さえられているのだ。従ってドイツ、イギリス、フランス並み
     の真の独立国家とは云えないのである。要は‘戦争に負けた国’なのだ。このことを忘れて誰にも頭を下げる必

     要のない真の独立国家のような錯覚で野党も論陣を張る。政治家の皆さんは分かっていても口には出せない。
    ‘自分の家庭は自分で守る=自分の国は自分で守る’理想である。またそれが望ましい。しかしできるか?仮想
     敵国は核を持っている。日本も核を持つか、できまい。戦勝国作成の憲法によて他国を攻撃できる軍備を持つ
     ことを禁じられた。当然の処置である。これで70年、安保条約のお蔭で平和が維持されてきた。しかし近年の周
     辺の軍事的脅威は日増しに高まっている。今まで以上にしっかり守ってくれることをアメリカに求める一方、憲法

     の関係でアメリカ関連の戦争には一切加担できない…相手からすれば虫のよい話に思われているであろう。し
     かしそのような憲法を日本に与えたのはアメリカである。従属関係を解消し対等にやって行こうというなら日本も
     膨大な軍事予算を計上し、核開発にも乗り出し、軍備拡張することである。その結果、借金は更に増大し、福祉、
     教育などの予算は大幅に縮小となる。我々の年金も減らされる。世界で唯一の被爆国である日本。国民の核ア
     レルギーは強烈である。こんなことはとてもできる筈もない。

images1_20150710185936dae.jpg images2.jpg images_20150710185935f0e.jpg 3e6eeca22087123171e3982a7c792905_m.jpg

index1.jpg images_201507112226535e6.jpg index_2015071122265301f.jpg
ノドンは日本全体を完全にカバーしている。大陸間弾道ミサイル(ICBM)テポドンの射程距離はアメリカ合衆国まで届く。

      「私は以前からこんな事を考えていたのであります。「積極的平和主義とは」、軍隊で平和が勝ち取れるか?
      銃で平和が勝ち取れるか?力と力の均衡が相互平和に繋がるか?一方が力を強くすれば、他方も強くして
      均衡を保つ、果たしてこれが平和の有るべき姿か?いずれ戦争になる危険を孕んでいる。戦争で平和が勝
      ち取れるか?戦力技術力をどんなに高度化しても結局は人殺しの技術に他ならない。私は思う。我が日本
      の「積極的平和主義」とは?少し字数オーバーになりますので続きは次回でよろしいでしょうか?」
/ NFさん。

      …コメントありがとうございます。力で平和を維持する…決してあるべき姿ではない。…しかし話し合いが
        通じない国が存在することも事実。悲しいことだが、最後は‘力・武力’が物を云う。これが世界の現実。
        身近な中でも、ひ弱な口だけは達者なインテリと道理の全く通じない腕力の強い乱暴者、どちらが勝つと
        思いますか?また続編を期待しています。(20~22時、BSフジを見て下さい)

      …積極的平和主義:良いように解釈すれば、「日本も世界の大国になった。世界平和実現のためにもっと
                   積極的に打って出て世界平和に貢献しよう」。
                   悪く解釈すれば、「アメリカはまだまだ世界の警察官。アメリカの行う戦争は世界平和実現
                   のための戦争だし義理もあるので積極的に加担しよう。地球の裏側までも」。さて本心は
                   いずこに?

        
続く:7/12〔Ⅱ〕…想定される日本のリスク
次々回:軍艦島
[ 2015/07/10 07:30 ] 言いたい放題 | TB(-) | CM(-)