FC2ブログ







安保法制〔Ⅱ〕

〔Ⅰ〕の続き:

戦後70年。軍部の独走により手痛い敗戦を味わった日本。以降、政党も国民も、軍隊、戦争、自衛隊、再軍備、武器、核武装…
などの言葉を使った論争を避けてきた。一種の論争タブーなのである。この間、仮想敵国などは着々と軍拡を進めてきた。我が国
はアメリカから与えられた憲法を守っていれば侵略されることもないし国が守れるという錯覚に落ち入ってしまった。そして今、安倍
政権が提起した安保問題で再考せざるを得なくなった。しかし、悲しいかな70年も思考停止してきた頭がすぐに切り替わる訳もない

。従って、皆堂々巡りである。過去この議論から逃げないでやっていればもう少しまともな論争ができたように思う。これから真剣
に‘我が国の防衛’について議論すべきスタート台についたということである。憲法違反という部分があれば堂々と改憲を行うべき
である。国会議員の2/3、国民の1/2のハードルは高そうに思えるが、まず何よりも、政治家は政治家で、国民は国民として大いに
考え、議論すべきであろう。政治家も国民も未消化のままで多数決をとってもちゃんとした改憲が成立するとは思えない。

しかし今回の安保法制の成立で少なくとも我が国の自主防衛に関して、今までできなかったアメリカとの共同歩調が前進したこと
は間違いない。少し安心できる状態になったのは喜ばしいことだと思う。今後は時代にそぐわなくなった‘日本国憲法’の改定に
向かって準備を進めて欲しい。しかし来年の参議院選が控えているので、その前はないだろう。以上いつものHarryの‘言いたい
放題’でした。(勝手なことばかり言ってすみません。皆さんを扇動する積りは毛頭ありません)

次回:10/13 最近の陶芸作品
次々回:10/15 鎌倉散策
その次:男の料理教室(野外バーベキュー)

日記:今日(12日)は体育の日。地元の方の案内で歴史研究会の散策。天気も良いし久しぶりの散策。
[ 2015/10/12 07:30 ] 言いたい放題 | TB(-) | CM(-)