奥多摩の秋〔Ⅰ〕 

奥多摩駅から奥多摩湖まで、むかし道を歩いてきました(途中からバス)。この道は、旧青梅街道で氷川から小河内まで。
小菅から大菩薩峠を越えて甲府に至る甲州裏街道で甲州街道より八キロほど近道であったそうです。氷川渓谷辺りの
紅葉は今少しといったところ。奥多摩湖の紅葉は最盛期でした。11/5~6、追浜会。鶴の湯温泉の古檜風呂 very good でした。
20151105-DSCF5028.jpg

20151105-DSCF5030.jpg
この道は甲州街道へ通じ、上州新田郷(ごおり)三日月村、木枯し紋二郎が歩いた道でもあります。
index_20151127111307145.jpg ブログに適当なことを書いていなさるが、「あっしには かかわりのねえこと でござんす」 


中村敦夫大好きでズーッと観てましたわ。主題歌も大好き!」/ Yさん。
 …僕もこういうの好みですよ。その後、菅原文太がやってましたね。亡くなりましたが。

「川留めの水は濁った」(48分)…たっぷりお時間ある方どうぞ。


20151105-DSCF5032.jpg
羽黒坂の廃トンネル…昔、木炭運搬で使われていた。

20151105-DSCF5035.jpg
路傍の石碑…行き倒れの旅人の供養であろうか?街道のあちこちにあったものを一か所にまとめたのであろう。

20151105-DSCF5037.jpg

20151105-DSCF5039.jpg

次回:奥多摩の秋〔Ⅱ〕
[2015/11/28 07:30] 風景 | コメント(-)