古民家〔Ⅰ〕 

8日のウオーキングはふじやま古民家まで。毎年、正月には行くことが恒例に。6800歩、2時間。
古民家には歴史研究会のメンバーもボランテイアされており話ができてラッキーでした。アップダウンがあるので
実際には6800歩以上のものです。10日は七草粥や羽子板、竹馬など子供たちが楽しめそうなイベントが計画され
ています。なお、七草粥の券は11時10分から発売(¥100)されあっという間になくなってしまうそうです。孫を連れて
行こうかな~。

20160108-P3740002.jpg
白梅がちらほら(ふじやま公園)。

20160108-P3740001.jpg
ふじやま公園の‘まゆみ’、今年は暖かいせいか一杯咲いています。

暖冬というか温暖化というのか、今年は梅や水仙が咲いてますよね。我が家の裏にある自然公園の水仙が八分咲きです」/ Yさん。

20160108-P3740003.jpg

20160108-P3740004.jpg

20160108-P3740006.jpg
左端の部屋は藩(川越)の武士が訪問した時に通される部屋。手前の‘式台’と呼ばれるところから入る。
左端の囲われているコーナーは馬ていの待ち所。寒い冬でも雨でもこんなところで待たされていたのであろうか?
小岩井家は江戸時代の庄屋で元々の場所はここではなくずっと下の方(現在の小岩井さんの敷地)にあったもの
がこに移設され現在は文化財として市の管理になっている。

1/10:4300歩(七草粥を頂きに孫を連れて再度、古民家へ。往きは車。Ⅱとして掲載予定)

20160108-P3740007.jpg

20160108-P3740008.jpg

  次回:1/13 古民家〔Ⅱ〕…竹馬乗りの雄姿
次々回:1/19 絵の仲間、7人展のご案内…1/22から桂台中央さくらギャラリーにて。

[2016/01/09 07:30] 歴史建造物 | コメント(-)