パソコンの高速化

ノートパソコンの高速化を考えている。一つは周辺機器の、もう一つは内蔵ハードデイスク。今回は前者。
まずUSBの高速化。現在USB2.0が3口、3.0が1口ついている。ExpressCardスロットが空いているのでそこ
へUSB3.0が二口付いたExpressCardを購入し、3.0を合計3口とした。USB3.0は2.0の10倍のスピード(2.0:
480メガ/秒、3.0:5ギガ/秒)が出る。通常の写真の転送位なら必要ないがCドライブ丸ごとバックアップす
る時は絶対条件だ。80ギガを外付けHDDに転送するのにUSB2.0だと3時間かかったが3.0だとその1/10
で済む。Cドライブの保存はパソコンがおかしくなりリカバリーして現状に戻す時、必要。大体半年に1回
程度実施している。

20160320-P3810050.jpg

ネット(アマゾン)で一番安いやつ(¥1500)を購入。中国製だから届くのが遅い。心配していたがちゃんと動いた。
ドライバーの選択に一寸手間取ったが難なくOK。表装の見栄えは悪いが中に入ってしまうものなので構わない。

20160322-P3820002.jpg

20160320-P3810053.jpg
USB自在アダプターはUSB2.0仕様なので3.0で使うには外す。

20160324-P3820005.jpg

使わなくなった古いパソコンや2.0仕様の外付けHDDハードデイスクから裸のHDD(C、D)を取り出してUSB3.0対応コンバ
ーター(青いランプ)に取り付けた。この状態でパソコンのエクスプローラー上では7ケのドライブ(\C、\D、F、A、B、L、M)
が表示され、ドライブ間は自由に3.0のスピードでデータ転送可能。パソコンの¥Cドライブの定期保存はパソコンの¥Dド
ライブに保存した後、念のため外付けのF(C)ドライブに保存。

20160321-P3810054.jpg

以上は外回りのスピードアップ。ソフト(WiseCare365)による高速化は実施中。問題は中のHDDだ。HDDをSSDに変えれば
相当速くなることはわかっているのだが一寸踏み切れない。今の状態を初期化して一からやり直すにはリスクがある。別
に困っている訳ではないのでやはり今は遠慮しておこう。もしHDDがいかれたら躊躇なくSSDだ。SSD(ソリッド・ステイト・ド
ライブ)はハードデイスクのように高速回転する部分がないので故障もおきない、熱ももたない、高速、いいことずくめ。

SSD.jpg
SSD。(240G、¥8000位)

以上、一般的には余りなじみのない‘おたく的’な話だったかもしれません。

次回:4/2 Give&Take
[ 2016/03/30 07:30 ] その他 | TB(-) | CM(-)