FC2ブログ







びっくり仰天!

健康診断結果の数値に驚いた。特に‘中性脂肪’と‘コレステロール’。

中性脂肪、昨秋は77で以前より下がって、喜んでいたが今回は178。何で~?!EPA・DHAのサプリもず~っと飲んでるし、
バターもやめたのに。思い当たるとすれば、朝食の野菜・果物ジュースと蜂蜜の糖分か?運動不足は確かにある。原因は食
物30%、ストレス70%なんだって。すぐに100%野菜ジュースに切り替えた。ストレスなんかないと思っているが「緊張状態」が

いけないとのこと。緊張してるのかなあ~?自分ではよくわからない。また首の頸動脈のエコー検査でコレステロールの沈着
(プラーク)が基準値の4倍。「これは怖いですよ」、「剥がれて血栓が脳や心臓に行くと大変なことになる」…と脅かされ、早速
薬(クレストロールとプラビックス)の処方。ここは元々、薬を出したがるところだが、まあ仕方ないか。いつ起こるとも限らない

から予防処置として受け入れた。現在、薬の類は一切飲んでいないのを自慢していたのだが残念。これから週4日位は歩く
ことにし早速実行中。

気をつけていらっしゃるようなのに、ちょっとショックでしょうね!でも私が見た感じではやはりおいしい物を摂りすぎでしょうか。
 野菜をあまりお好きでないような・・・。食べる速度が速いですね。毎日5000歩くらいは歩きましょう。30分でいいから。頑張
って!!
」/ Mさん。
…野菜は最近食べるようになりました。おいしい物は食べておりません。速いのは治っていませんね。
 アドバイスありがとう!Mさんは毎日歩いているようですね。すごい!だからそんなにスマートなんだ~。

20160913首頸動脈エコー像

首の頸動脈エコー。動脈の状態がわかる唯一の場所。沈着したコレステロール(プラーク)が剥がれ血栓となり流れて行って
心臓に行くと心筋梗塞、脳に行くと脳梗塞。これが怖い。こういう真っ直ぐな血管で剥がれることは滅多にないようだが血管の
曲がった部分などに溜まったプラークは剥がれやすい。またこういう場所は真っ直ぐなところに比べるとプラークが出来やすい

。真っ直ぐなところでできているということは曲がったところは当然出来ていると考えるのが自然。はがれた血栓(どろどろした
血の塊)が詰まりを起こさないように‘血液サラサラ’にする薬が抗血小板薬プラビックスである。出血すると血が止まりにくくな
るから要注意。皆さんへのアドバイスはこの頸動脈エコーをやってみたらということ。自分がどの程度のものかわかっておいた

方がいいと思います。血中コレステロール(悪玉、善玉)は血液検査でわかるけど沈着したプラークはエコー検査でしかわから
ないからです。因みに悪玉LDLはプラークを作り、善玉HDLはプラークを除去する。悪玉値が低くても今までの蓄積でプラーク
が沈着している可能性がある。怖いのはプラークの溜まりです。ついでに血中コレステロールを抑える薬がクレストール。コレ

ステロールは肝臓で作られている。その作成を担っている酵素の働きを抑えてコレステロールの生成スピードを抑えます。
従ってこの二つの薬が血中とプラークに働きかけ血液・血管の状態を改善している。人によっては多少の副作用がでるこ
ともあるとか。薬はできるだけ飲みたくないので生活習慣を改善することによってクレストールは早くやめたいものだ。

動脈エコープラーク
引用資料。横軸は首の頸動脈プラーク(Cmax)、縦軸は右鎖骨下動脈(Smax)、大腿動脈(Fmax)、腹部大動脈(Amax)
の内、一番大きい数値。自分の状況を調べるためには‘8ヶ所の血管エコー検査’を実施する必要あり。僕の場合は
C-maxの数値から推定して多分‘危険区域’だろうと思う。頸動脈のエコー検査C-maxを違う病院でやってみる積り。
一つの病院の数値だけでは信用できないから。

次回:9/23 シャンソンコンサート
次々回:男の料理教室

[ 2016/09/22 07:30 ] その他 | TB(-) | CM(-)