血管のはなし〔Ⅰ〕

最近、健康のこと、気になっています。…で素人なりにいろいろと~。どうも人間の身体は血管がものすごく大事だ
ということが今更ですが納得できるようになってきました。…で勉強した‘血管学’を少しだけ披露いたしましょう。

・血管には動脈と静脈がある。(あたりまえ)
・動脈は心臓から、大動脈→細動脈→全身の毛細血管と流れる。道路に例えれば下り路線である。
・大動脈は水撒き用のホース位の太さがありゴムのように弾力性がある。動脈硬化になっていなければ。

・静脈は全身の毛細血管→細静脈→大静脈と流れ、心臓に戻る。上り路線である。
・動脈の毛細血管と静脈の毛細血管は‘物質’をやりとりする為に、つながっており動脈と静脈をつなぐ役目を果たしている。
・毛細血管は血液と細胞の間の物質(酸素、栄養物、老廃物)のやり取りをしている。加齢により毛細血管も減ってくる。高齢
 者になると3~40%位なくなってしまうらしい。だから皮膚に血液や栄養素が届かなくなって皺ができたり、みずみずしさが失
 われるのである。

 
z3-16.png


・動脈の毛細血管は全身の細胞に酸素と栄養素を届ける役目をしている。(荷降ろし)。
・静脈の毛細血管は身体の細胞が出したゴミや老廃物を受取り、細静脈→大静脈を経て心臓に戻る。

・静脈には血液が逆流しないように逆止弁が備わっており、身体を動かすことによって血管が押されて生じる小さな圧力
 によって血液は心臓まで順次送り届けられる。送るための心臓のようなポンプはない。云わば筋肉がポンプである。
 特にふくらはぎの筋肉は‘第二の心臓’と呼ばれる。ふくらはぎを動かさないと静脈が脚に溜まってしまい所謂エコノミ
 ークラス・症候群と言われる症状が出る。

動脈の毛細血管には多くの小さな穴があいていてそこから酸素と栄養を含んだ血漿が染み出し細胞の中へ取り込まれる。
 一方静脈の毛細血管にも同様に小さな穴があいていてそこから細胞の老廃物が取り込まれている。→これは全く知らな
 かった!動脈と静脈の浸透圧の違いでこういうことが起こる。すごいメカニズムだ。


次回:10/12 ハイキング〔Ⅰ〕
次々回:血管のはなし〔Ⅱ〕
その次:ハイキング〔Ⅱ〕
[ 2016/10/10 07:30 ] その他 | TB(-) | CM(-)