FC2ブログ







血管のはなし〔Ⅱ〕

〔Ⅰ〕の続き。〔Ⅰ〕で血管の流れを勉強しました。〔Ⅱ〕では最も怖い血栓について勉強しましょう。まず健康診断の血液検査で
善玉・悪玉コレステロール値というのがある。コレステロールは人間の身体にとって必要な要素だ。問題は善玉と悪玉のバラン
スの問題である。悪玉といういかにも悪者そうな名前がついているがそのものが悪い訳ではない。肝臓で作られたコレステロ

ールは血管の中を巡回している。善玉はコレステロールのバランスを維持すべく必要以上に余ったコレステロールを肝臓に
戻して処理している。戻しても戻しても供給量が多すぎる場合、コレステロール過多となってしまう。LDL値が高くなるということ
だ。それで悪玉という名前がつけられている。多すぎると血管の壁に垢のようにこびりついたり、血管の壁が固くなり、所謂、
動脈硬化となるのである。

さていよいよ血栓の話になるが、血管の薄い内壁が何らかの原因で傷つき微小な穴があくことがある。すると当然血管の外へ
出血する。出血すると血小板が集まって血を固まらせようとした結果、どろどろした血の塊ができる。これが血栓である。血液
の速度は約時速200キロの新幹線並みのスピードで流れている。その中で血栓が流れに持っていかれたらこれは怖い。動脈

硬化で細くなっている血管に引っかかったら流れを止めてしまう。心筋梗塞や脳梗塞である。動脈硬化の人が血液サラサラ
の薬を服用するのは血栓ができにくくするためである。即ち、血小板同士がひっつかないようにするのだ。だから鼻血や怪我
で出血した場合、血が止まらなくなって困ることになる。場合によっては病院で止血剤の処方が必要になる。

ここからが対策編であるが、動脈硬化を防ぐには単純に云えば、適正な食事、適度な運動、過度なストレスを貯めない…
この3点につきる。自分のことで恐縮だが、先月からクレストール(コレステロール対策)、プラビックス(血栓予防)を服用
するようになった。また食事も脂肪は極力控える、糖分も同様。野菜不足を補うため‘旬の野菜ジュース’(糖分・塩分ゼロ)

、それからほぼ毎日のウオーキング(6~8000歩)。別に長生きしなくても構わないが、寝たきりや半身不随になるのはごめ
んだから。しかし一方、この年になって好きなものも食べない…というのは行き過ぎ。まあ適度に~というところだろう。‘血
管のはなし’も落ちはこんなところだが、皆さんはどんなことに気をつけていますか?お互いに健康で行きましょう!

健康についてTVでも色んな情報が飛び交っていてどれを実行すればよいかなかなか決められないですね。良いと言われ
る物すべてを摂取するのも無理だし、どれも信じないのも不安です。それぞれの症状や健康状態、タイプにより違うので自
分で選ばなければ仕方ないですね。私もお菓子類が好きなので、止めることができません。困った物です。血管の為に量
を減らしましょう。そして毎日ウオーキング。そして「今日も楽しかった!」と一日を終える努力!ですかね!?
」/ Yさん。

…僕も菓子類は好きでいつもおいてあったのですが最近は殆ど買わないようにしています。あるとついつい手が出て
  しまうのでね。だけど一寸口が寂しい時がありますね。

書き忘れました。追記です。
・心臓から出ているのは動脈だとしたが例外は心臓から肺へ行くのは静脈。酸素を受け取りに行ってまた心臓へ戻る。
・血管の壁にプラークがつくのではなく、血管の一番内側にある内皮細胞が何らかの原因で傷がつきそこからLDLコレステ
 ロールや白血球が入り込みプラークとなる。従ってプラークそのものが剥がれて飛んで行くことはない(…と思います)。
 飛んで行くのはあくまでも血栓(血の塊)である。
・心臓は1分間に5リットルの血液を送り出している。スピードは時速200キロ。新幹線並み。
・脳は3分30秒血流がとまると駄目になる。だから脳梗塞は速い手当が必要。
・服用し始めたクレストロールとプロビックス。薬はできたらやめたい。別の病院に相談。エコー検査も前の病院の
 結果どうも信用できない。再度実施。多少の問題はあるが飲むほどではないとの診断を得て、服用10/20から中止。
 良かった!やはり疑問をもってしつこく当たることだ。3ヶ月後に血液検査で判断しましょう…ということになった。
 せっせとウオーキングしてLH比を改善しよう。

次回:10/20 時計職人
次々回:ハイキング〔Ⅱ〕
その次:上行寺東遺跡
[ 2016/10/17 07:30 ] その他 | TB(-) | CM(-)