トランプ旋風

連日連夜、マスコミを賑わしているアメリカ新大統領。何から何まで異例の連続だ。アメリカの大統領と云えば品格・品性・教養に
満ちたバランス感覚のとれたゼントルマンというイメージであった。ところが今回は全くの正反対。一国の指導者というより手強い
ビジネスマンという振る舞いだ。ビジネスマンは自分(達)の利益のみを追求する。当たり前のことである。しかしアメリカの大統領
ということになるとどうであろうか。感覚・直感で政策を推し進める。例えばテロリストが紛れ込んでアメリカで悪さをするかもしれな

いからシリアやオーストラリアからの難民入国を拒否する。或いはアメリカ人の職を奪うからシャッタアウトする。言っていることは
一理ありそうだが、多方面に影響を及ぼす重要政策をそれだけのことで決めてよいものだろうか、全体のバランスを考えた決定
が求められている。兎に角、やりたい放題の状況だ。この先どうなっていくか予断を許さない。翻って日本にとってどうなるかであ
るが、国防を考え直す上で正に絶好のチャンスだと思う。彼は「日本のアメリカ軍事基地の費用負担を全部持て!」などと言って


いる。今、7割の費用を負担しているがこれでも足りないというのだ。日本は世界の各国の中でも最高の負担率を負っている。
それはともかく、昨日、安倍総理大臣は首脳会談のために訪米した。そしてゴルフ外交。「近づきすぎ!」との声も出ている。
「そ~れ、見たことか」…‘腰巾着外交’にならなければいいが、お手並み拝見…と行こう。さて本題の国防についてである。
「世界の警察官は辞めた。自分のことは自分でやれ」ということを言っている。本来的には至極当然のことである。

日米安全保障条約はどんな時にも機能すると思うか、思わないか…大統領が誰になろうとも、アメリカ国民の意識の如何に
拘らずだ。ぼくはかなり危なっかしい…と感じている。特に日本の為に大事な息子・親族を戦死させることによる米国世論の
動向である。そのような戦争事態が起これば、‘安保条約’を破棄せよという世論が沸き起こってくる可能性があろう。トランプ
支持の国民が半分いる。そんなことは絶対ないか?何とも言えないだろう。政治はあらゆるリスクを考えなければならない。


中国が尖閣に上陸したら、自衛隊が出て行って一発ぶち込みますか?中国がやり返したら、
 二発目ぶち込みますか?????戦争に突入しますか??????困ったもんです。
」/ NFさん。
…一発目、槍でつついたら相手は反撃してくる。更に槍でつつく?これは戦略としては素人。一発槍で
  突いた後、日米のネットワーク防衛網を効かせ、相手がどう出てきてもグーの音も出ないように広域に
  わたって叩き潰す総合戦力が求められている。この力を明示できれば強力な抑止力になり他の仮想敵国
  に対しても十分抑えが効くことになる。下手なことをしたら倍返しどころか十倍返しになって返ってくることを
  肝に銘じさせることである。

2/11日記:今日はモツレク初練習。某混声合唱団に臨時入団。大分進んでしまっていて途中からになるが
    何とか追いつくだろう。矢男の5/13発表会も特訓中だし大丈夫かな~?
    →フォーレのレクイエムに比べ格段に難しい。1年以上はかかる長丁場になりそうだ。

日本は世界でただ一つの被爆国であるが故に国民の心に‘核アレルギー’を醸成してしまった。あの小さな仮想敵国がとうとう
アメリカまで到達する核弾頭(ICBM)を持つに至る。突然何をしでかすかわからない国である。経済ではダントツの日本でも
1対1で戦ったら負ける。核弾頭を東京、大阪、名古屋などの都市、全国に散らばる米軍基地、原子力発電所などを一斉攻撃
されたら完全に‘日本沈没’である。これから50年、100年、アメリカとの同盟がどうなろうとも、こんなことは絶対ありえないか?


‘自分のことは自分で守る’…この基本的なことを全うするには核弾頭などの最新兵器を自前で揃えなければならない。その
ためには軍事費の増額や世論の理解を得なければならない、これは至難の技である。多分永久にできない。…だとすれば
‘米軍の傘’に守って貰うしか方法はない。…ということはアメリカの言うことはほとんど何でも聞くという従属的な関係はいつま
でも続くということを認めなければならない。‘守ってくれ、だけど対等だ’などという虫の良い話は通用しないと思うのだが…。

2/12日記:息子の美容室‘8hair’の決算、確定申告、消費税算出完了。4年間やったにわか税理士今回で終了。
       以降法人化移行に伴い、税理士事務所に依頼。源泉徴収、社会・雇用保険など一寸手に負えない。
        今回から‘マイナンバー’の記入が必要。これで所得一網打尽か。

次回2/15:大船観音…日々の散策
[ 2017/02/10 07:30 ] エッセイ | TB(-) | CM(-)