最近呆れたこと

ご多分に漏れず‘森友学園問題’である。何に呆れたかと言うと、悪知恵にたけた1個人に政治家、省庁、大阪府、教育機関も
振り回され手玉に取られたということである。ここまでやれば‘ご立派!’と褒めてあげたい位だ。すったもんだの挙句、結果的に
は‘この悪知恵’が成就せず、計画半ばで頓挫したが。しかし何故9億の土地が1.5億までデイスカウントされたのか、産廃物

質の確認はどうなったのか…根本原因は何も解明されていない。与党は参考人招致をびびって、うんと言わない。何をしゃべり
出すかわからないから戦々恐々。仲介した政治家の名前が出たら政権にとって大変なことになる。しかしこれだけ大胆なことは
慎重で小心な役人のやれることではないように思う。なにがしかの政治力が働いた…と考えるのが自然である。退任した理事長

は「政治家の介入はない」と言っている。また「諦めた訳ではない。必ず建てる」…とも言っている。うがった見方をすれば‘復活の
為の隠し玉’と捉えることもできる。またこうなった以上、土地は原状復帰して返さないといけない。建物の撤去には数千万かかる
。理事長は「建物はそのまま残しておきたい」と記者会見で言っている。普通はこんなことはできない。‘隠し玉’の威力で我を通そ

うと目論んでいるのか?人間、窮地に落ちいれば‘窮鼠猫を噛む’で知恵はいくらでも出てくる。何の問題もなくノホホンと生きてい
る人間より、必死で生きている人間の方が知恵はものすごく回るのである。今後どのような展開になっていくのか、興味津々。傍
観者的なことしか言えなくて申し訳ないのだが…。


先日は家族揃っての記者会見。嫌な質問になると話題をすり替え、はぐらかし逃げてしまう。うまい!特定の新聞を口汚くののしる。
‘おばはん’は舞台袖でチャチを入れる。挙げ句の果てに「もうこの辺でやめましょ」。さっさと引き上げる。帰り際に、捨てゼリフ。こ
こまで好き勝手な独演会ができたらさぞかし気持ちいいだろうな。大阪人特有のがめつい個性か?久しぶりにテレビを楽しんだ。

次回:3/14 最近の陶芸作品
[ 2017/03/12 07:30 ] その他 | TB(-) | CM(-)