ステーキのすご技 

4月1日、背景色を春らしい色に、またフォントサイズを大きくし、太字に変更しました。(旧:wide blac2)

先日(3/28)テレビ東京‘ありえへん…’で紹介されていたので早速トライしてみた。写真も撮ろうと思ったがやめた。
まずはステーキ。安いステーキ肉が国産高級黒毛和牛の肉に変身するとか。口の肥えた街行くセレブ達のほとん
どがこちらの安い肉の方が黒毛和牛の肉と間違えていた。ほんとか~と思い半信半疑やってみた。使用肉はアメ
リカ産アンガスビーフ肩ロースステーキ用263g・¥560。やり方は下記。

・まずはバットに解凍した肉を適当な大きさに切って並べる。
・サラダ油を浸るまでたっぷりふりかける。(サラダ油の代わりにコレステロールゼロ日清ピュアグレープシードオイルを使用)
・肉の上にスライスした玉ねぎを乗せる。
・(料理するまでの間、また玉ねぎの匂いが移るまで)冷蔵庫に入れる。(冷蔵庫には入れなかった)
・キッチンペーパでサラダ油を拭き取る。
・この後、焼く。

食べてみた。ほんとうは通常のやり方で焼いたものとの食べ比べをしたかったのだが間違って全部オイルに浸して
しまった。しかし柔らかくておいしかった。さすがに黒毛和牛のあのやわらかい感触には及ばないが、結構おいしいと
思った。もう一回肉を変えてやってみようと思う。皆さんもやってみたら?

バックの色が素敵です!おかげで文字が大変見やすくなりました。ステーキ一度試してみます」/ まっちさん。
黒は強い色なので、私には柔らかなバックの色の方が目に優しい気がします
…そうですか~?字は前の黒に比べて見にくくなったかな?と思っていましたが…。→なので字を大きくし、太字にしました。

この次はうなぎをやってみよう。中国産の安いうなぎが国産最高級うなぎに変身するのだとか…。乞うご期待。

先に‘レシピ’を紹介しておきましょう。簡単です。
・お茶を入れたバットの中に鰻を入れて茹でる。(カテキンの濃いものがいいと思う)
・その後、ペーパータオルで水気をとる。
・それから焼く。(または電子レンジ?焼いたほうがおいしいのかな?)


日記:4/2陶芸仲間 I さん邸で‘お花見の会’。
20170402-P3980004.jpg 20170402-P3980006-1.jpg

次回:ウオーキング・六国見山
[2017/04/01 07:30] 料理 | コメント(-)