第10回浅野美帆子音楽教室 発表会 

出演者約30名。内、男性三名。
(Oさん、Kさんと行けなかったお友達のために)
(広告が出たら ☓ をクリックして消して下さい)



OさんとKさん。ドリーブのオペラ「ラクメ」より‘花の二重唱’。



Kさん。「霧と話した」(中田喜直)/前半3分25秒。
オペラ「マダム・バタフライ」より、「ある晴れた日に」
/後半4分25秒。(4/28横浜美術館レクチャーホール)
(Kさん、一寸風邪気味の模様、最後が惜しかった)

あれからまだ調子が悪く、 こんなに長引くのは初めてです。前日に耳鼻科に行ったら気管支
がただれて声帯がブヨブヨしている、と言われました。当日も薬を飲んで吸引してもらってから
会場入りしたのですがすぐには効く訳ありませんね
」/ Kさん。

最後の‘ブラボー’について:対象が男性、女性などで言い方が違うようです。(以下引用)
‘ブラボーおじさん’が言う、「ブラボー」は間違いで正しくは「ブラーヴォ」。アクセントも‘ラ’を強調する。

イタリア語の形容詞は、形容する名詞の性や数に従って語形変化します。bravo のように最後が o で終わるのは、
男性単数にかかる時。女性単数なら o ではなく a。男性複数なら i で、女性複数は e。「あなた(がた)は上手い」
と言うときも、形容詞を主語に合わせて変化させます。ですから、正確には:

男性ソリストに対して                    Bravo! ブラーヴォ!
女性ソリストに対して                    Brava! ブラーヴァ!
複数の男性奏者に対して(たとえば男性4人の弦楽四重奏団)  Bravi! ブラーヴィ!
複数の女性奏者に対して(たとえば女性4人の弦楽四重奏団)  Brave! ブラーヴェ!


次回:5/3 迎賓館

[2017/05/01 07:30] 演奏会 | コメント(-)