認知症のこと

認知症社会…今や大問題事項である。徘徊は年1万人以上。2025年には軽い認知症(MCI)を含めると1300万人、赤ちゃんを
含めた国民の9人に1人の割合になる。65歳以上だと5人に1人。一人暮らしの認知症患者は96万人、2025年には144万人に
なると予想されている。これは総理大臣であれ大会社の社長であれどんな人でもなり得るのだ。我々庶民の家庭でも夫や妻

がこの病気にとりつかれてしまったらそれこそ悲劇の始まりである。今までの生活は一変。振り回されることになる。そうなら
ないように予防することは大切であるが、どうやったら予防できるのか?またなってしまったら残念ながら現代医学をもってし
ても今の所、治す薬はない。少しでも進行を抑えることが精一杯。さて運悪く、自分や家族がなってしまったら?…こんなこと

を考えたことがあるだろうか?大方は「いや考えたこと無い」では無いだろうか?「考えたってしょうがない、なったらなった時
のことだ」…まあそうだろう。しかし、徘徊が始まったり、道路を逆走したり、事故を起こしたり、人に迷惑をかけるようになった
ら最悪だ。GPSを取り付けたり、免許を返上したり、場合によっては施設のご厄介にならなくてはならない。できるだけそうなら

ないように、毎日ウオーキングをしたり、人の輪に入って談笑したり、食事に気をつける必要がある。それでもなってしまったら
‘天命’と諦めるしか無いだろう。認知症患者への接し方は、間違いを指摘してはいけない、なじってはいけない、‘ありのまま
を認めて、その心を知る’だそうだ。こんな境地になるには相当な修行が必要だろう。悪気は無いのだ、身体の病気ではなく、
脳の病気なんだ。もし身内がそうなったら優しく接してあげましょう。(終わり)

私は認知症になりそう!すでになってるかも~主人にはなってもらいたくないな。頼りにしてるから」/ Yさん。
…いえいえYさんはならないんじゃないですか?尤も先のことは誰もわからない。

次回:5/27 御射鹿池
[ 2017/05/26 09:30 ] その他 | TB(-) | CM(-)