FC2ブログ






舞岡古道を歩く

歴史の会の散策。横浜地下鉄、舞岡駅からスタート、このコース(長福寺、水車、舞岡八幡、東光寺
薬師堂、古御堂、舞岡公園/昼食、スダ椎の大木、大原遺跡跡、鎌倉古道・山道、熊の堀など)で15ケ
所を訪ねて15時、舞岡駅着。13,600歩。普段、何げなく歩いている道には実に様々な史跡・いわれが
あるものですね。こうやって少し知識がつくと散策の楽しみが倍増します。

231526舞岡古道散策
(舞岡八幡宮…舞岡の鎮守。創建は鎌倉時代
231526舞岡古道散策

231526舞岡古道散策
(八幡宮の狛犬…この顔、迫力満点!)

舞岡の地名は江戸時代以前は‘前岡’と言われていた。戸塚側の低地から見て、‘前に見える岡’という
意味でつけられたものであろうと言われている。明治22年の市町村制施行の際、舞岡村は鎌倉郡川上村
大字舞岡となり、昭和14年横浜市に編入され舞岡町となった。この地には縄文~古墳時代の遺跡が多く
発掘されており、いにしえの人々が生活していた古い歴史を有する地域である。また横浜でも自然の里山
風景が残されている地域でもある。


231526舞岡古道散策

(東光寺薬師堂…昭和50年代の初め台風によって倒壊、その後新しく建てられたもの。脇には村人や、旅
 人の安全を祈るかのように道祖神が並んでいる)

231526舞岡古道散策

(スダ椎の見事な大木…舞岡公園脇の鎌倉中の道(古道の呼名)を小菅ヶ谷方面に歩くと右側に見えてくる)

231526舞岡古道散策

(途中にあった‘源平桃’…一際、鮮やかでした)

源平桃いいですね~!桜が一気に咲いてます。さあ、出かけましょ!!」 / Yさん。

次回:‘証人喚問’
[ 2018/03/23 07:30 ] 風景 | TB(-) | CM(-)