お宝拝見 

若かりし頃(中学生)、採取したもの。縄文後期か弥生時代初期のものか?弥生になると農耕が
始まり狩猟の頻度はは少し減ってくるかもしれない。もう60年位経っています。今だに大事にと
ってあります。「さあ~本人評価額はいくらでしょう!」、「全部で1万円!」。果たして鑑定や如何に!。

どこで、採取?芦屋ですか?」 / Mさん。
…芦屋川の上流、会下山や西宮甲陽園の甲山の麓だったかと…「記憶の限りにおいては」。
一人ではなくサークル仲間と。中学生でこんな趣味渋いね。オジン臭さ~。そう言えばいろ
んな碑を訪ねて、拓本をとったりしてた。先生の指導でね。ますますオジンやな。縄文とか
古代史に興味があるのはこの時の経験かも

20180406-P4150001.jpg

下は裏面。黒曜石で作られている。ナイフ(細石刃)は肉切りなどにも用いたのでしょう。

20180406-P4150002.jpg

20180406-P4150004.jpg

多分、3000年位前のものでしょう。よく作っていますね。

20180406-P4150005.jpg

20180406-P4150007.jpg



20180406-P4150009.jpg

鑑定の結果は?!… ¥6000。あっちゃ~!

次回:4/13 あすなろ混声合唱団発表会のお知らせ 201804111135445bd_20180411135325df2.jpg

[2018/04/10 07:30] その他 | コメント(-)