FC2ブログ






お知らせ(Ⅲ)

何も書くことがないので、続きを。(好みではないがプライバシーをさらけ出してしまおう)

今日(13日)は側頭動脈の生検(形成外科)。恐る恐る手術台へ。何と若い女性医師軍。20代~30代か。4人位。おいおい大丈夫
か~?始まった。局所麻酔なので会話がすべて聞こえる。執刀医が周りのサポート医師に、「メス取って貰っていい?」、相談し
ながらやっている。「そこはね、こうした方が良くない?」、「そうですよね~」。「あ!ここは何だ~?」、「それは膜だからその上

を切ればいいんじゃない?」。今までの先入観が完全に覆った。何かモルモットのような気持ち。だけど女性ならではの細かい気配り、相談しながらやってるからある意味での安心感。1時間15分で終了。動脈を2.5cm切り取った。残った血管は端っこを糸でく
くる。宙ぶらりんになった血管はそのうち引っ付くんだって。何センチ位切ったのかな?恐らく5センチは切っているだろう。傷跡が残るとのこと。まあいい、もうこの歳だ。

その後、膠原病内科へ。生検の結果は早くて20日の内科予約日に出るとか。もし間に合わなかったら又延期だ。先生に頼んで
見切り発車して貰った。先生も98%確信しているようだったのですんなり。ステロイドの薬、プレドニン15mgを1日1回服用。この薬の合併症は恐い。だから医者も簡単には出さないのだ。「これで少しは楽になるでしょう」。生検の結果が‘陽性’なら入院とのこと。‘陰性’なら逆に困ってしまう。原因が突き止められず振り出しに戻ってしまうからだ。

お疲れ様でした!!恐かったでしょう!?結果が出るまで落ち着きませんね。少しでも不快な症状が改善されると良いですね。お大事に!!」 / Yさん。…ありがとう。さてさてどういう結果が出るか、まな板の鯉だね。

昔から強運のハリーさん、今回も強運の女神が微笑むでしょう。何よりの証拠に女医さんに囲まれたこと。
結果を楽しみにしましょう
」 / NFさん。
…ありがとう!今、同じ病院内の眼科から帰ってきた。眼圧、眼底写真、視力共正常。よかった!この病気の尤も恐い
  のは失明。次回眼科は9月。やれやれ。今月は病院詣でがお仕事だ。NFさんも元気にやってる?次回の会合は残念
  だけど出られないので皆さんによろしくね。(しかし選りに選って、何でこんな珍しい病気にかかってしまったのかね~
  NF君、僕の行い悪かった?)

ハリーさん、私の知る限り職場でもどこでも正々堂々、信頼できる大先輩(上司)でした。次回の会合に参加できない
  のは残念です(楽しさ半減)
」 / NFさん。

…ありがとう!行い悪くなかった訳だ。神も仏もないものか。NFさんの励ましをバックに頑張るよ!良くなったら盛大にやろう!
しかしひとり暮らしは寂しいねえ~。食事するのも面倒くさくなるよ。慣れるまでにはまだまだ時間がかかるだろう。
  何をする気力も湧いて来ない。ただごろ寝してテレビ見てるだけ。

病院詣でご苦労様でした!何事もなく良かったですね。病名が決定して治療法があれば快方に向かうのに。
 病院って時間がかかりすねー😆
」 / Yさん。
…気にかけてくれてありがとう!感謝します。二日間、少量の薬を飲んだだけで心なしか楽になりました。
  20日までの分、貰ってるんで週末にはもう少し楽になるかも。治ったらランチでもしましょう。
  (それから、おでこの丹下左膳…になりました。そのうち消えて行くだろうけど)
[ 2018/08/13 18:55 ] その他 | TB(-) | CM(-)