FC2ブログ






制作記録(絵画)

20190112-P4210058.jpg 20190116-P4210061.jpg
「湖愁」20号 パステル…Key Word:‘幻想的に’。(御射鹿池に行った時の写真より)
(左の湖面に写り込んでいる樹木のスケッチはすべて消し、改めて右のように)

右は大判ポリ袋に上半分の樹木などをなぞって、下にひっくり返し、樹木の輪郭を
はさみでカットし、下に反転したものをスケッチする。なお、湖面は予め、水彩で薄
いブルーを下地として塗っておく。この上からパステルで着彩して行く。(1/16)

とりあえず上半分完成。下半分が難行。湖面に映る陰影の位置関係を正確に書かなきゃいけないし
ゆらぐ水面との描写、色合いも一工夫いる。述べ9時間。下はもっとかかるだろう。これだけ沢山の
樹木があると目見当で正確に反転させることは難しい。そこで上をトレーシングペーパーでなぞり、
そこをハサミで切って、下に貼り付けて描こうと考えている。全体ではどれ位かかりそうかな?
予想:上10H + 下11 H + 仕上げ調整 3H 計24時間位か。この最後の仕上げ過程がほんと
に楽しいのです。至福の時。

…こうやって見ると、前の樹木や背の高い樹はもう少しダークにした方がいいかな。
  → 早速、手直し完了。30分。
…水彩用紙を使ったがもう少し決めの細かいパステル専用用紙(キャンソン)の方が良かったみたい。

御射鹿池一度行ってみたいな~と思っている場所です。素敵な絵ができあがりそうですね!楽しみ-!
/ マッチさん。
…御射鹿池、行ってみて、わざわざ来るほどのこともなかったかな?…と行った時感じたのを思い出しました。
 東山魁夷の絵で実体以上に有名になったのでしょう。まーちゃん、ありがとう!見に来てね~。

20190113-P4210059.jpg 湖愁


(左)手直ししたもの。→ こうやって写真でよく見ると、まだまだおかしなところが数箇所残っている。
          幻想的な雰囲気を出すためにブルーを多用した。
          このままの横でも絵になるがやはり面白くない。湖面に映る樹木の
          姿あってこその「湖愁」だ。残念なのは決めの細かいパステル専用
          紙にすればよかったこと。ズボラして買いに行かなかったこと後悔…。

(右) 1/14 再度手直し(微妙なところ): さあ、これから下半分の湖面に着手。

1/13 日記:今日は正月恒例の「遺言書」の見直し。全部書き換えた。昨年5月に書いたものだが
      ワイフの状況が変わったので大幅に変更、本文3枚。「付言事項 」2枚。
      (公正証書にする程のレベルではないので自筆遺言で。その代り、何回
      でも自由に書き直せるのがメリット。忘れてならないのは遺言執行人
      を指定しておくことだ)

1/16 日記:昼間ほとんど制作に没頭。何となく先が見えてきた。今日は週1回
      自己注射の日だ。先週は失敗して内出血してしまった。注射時間15秒
      はきっちり守らないとこんなことになる。25秒位やってしまった。長過ぎ。
      やった後、頭がぼ~っとして腕もややだるくなるので寝る直前に。寝て
      しまえばいいから。

1/17 日記:今日は久しぶりに音楽を堪能。以前第九で参加したことがある
      栄・楽友協会定期演奏会。ヘンデルのメサイア全曲。(クリックで拡大)
      ソリストも合唱も良かった。すばらしい演奏会でした。
      
       20190117-P4210064.jpg

1/18 日記:今日は絵に没頭。上半分の修正に3時間半。下半分はまだ少しだけ。今回は時間がかかる。
       今日まで延べ20時間。

次回:随想:今年の‘心のテーマ’ …何となく恰好つけてるが要は、どんなことに注意して行こうか、ということ。
[ 2019/01/12 15:20 ] 絵画作品 | TB(-) | CM(-)