FC2ブログ







家族信託の話

「家族信託」…最近よく耳にします。ご存知でしたか?投資信託の一種かな?…と思われたかもしれませんね。
親が夫が妻が認知症(に限らず判断能力がなくなった時)になったことを銀行が知ると銀行口座は凍結され家族
でもまとまったお金を引き出して使うことができません。また、土地の売買などの契約行為もできなくなります。

ただキャッシュカードを使って家族がATMから現金を引き出すことはいまのところはできます。ただ1日1回、
49万円までですが。また以前から「成年後見人制度」というのがあります。しかしこれは評判いまいち。余り
浸透していないように思います。それは他人(弁護士や司法書士)にすべてを託すため家族としての自由度


がない上にかかる費用も高い。契約金と年間24万~100万程度の報酬。監督機関は家庭裁判所。(極めて
稀なケースだが弁護士や司法書士などの後見人が勝手にお金を引き出して着服したという新聞記事もあり
ました)どういうものか以前法務局に聞きに行きましたが一寸躊躇します。争族中の家族、兄弟のケースな

ら合ってると思いますが円満な家族、仲のいい兄弟なら必要ないと思います。お金がかかりすぎるし、親・
配偶者の財産であっても自分の意思が通らないのは困ります。


一方、家族信託は、信託口座を開設すれば、病院・施設の費用も介護者が引き出せる。家の売却、リフォーム
、賃貸も可能。空き家になった場合も売却できる。月々の費用はかからないが最初には手続きなど諸費用が
80万前後かかる。結構な額だがもしこのようなリスクが考えられるのなら経費だと割り切ってやるしかない。

要は配偶者や親が判断能力がなくなる認知症の兆しがあるとか、なる可能性が大いにある場合は考えて
良いかもしれない。または今のうちに現金化して家か貸し金庫に入れておく。預金はこれでもいいが、
不動産の売却はこれでは解決できない。近所の家でも空き家が結構目立ってきた。親が施設などに入り


空き家になってしまったケースもある。名義人が生きている間は処分できず、相続まで待つしかない。
空き家の管理も大変だ。すぐ近くの家の庭の雑草とりをワイフがしてあげてた時期もある。お互い、
こんなことを考えなきゃいけない年齢になってきた。後で後悔しないよう考えておく必要がありそうだ。

家族信託-1

6/2 日記:今日も「訪問」。顔の湿疹がまだ治っていない。塗り薬(テルモゾ~ル軟膏/ ステロイド系)が出て
     いた。暫く様子をみましょうとのこと。しかし段々、会話ができるようになってきたのは嬉しい。
     足繁く行ってることがいいのかも?今日はブログのカウンターが110を超えた。普段は40~60位
     だがたまに200とか150とかの数字が出る。どうしたんだろう?嬉しいことは嬉しいが~。

6/3 日記:お墓の花 制作 続き。今日は7個作る。今、お墓にあるのは5個。計12個、左右6個づつとなる。
       これから素焼き→着彩→本焼き。生花が枯れ、次の墓参までのつなぎ。いつもカラフルに。
20190603-P4310020.jpg P4250005.jpg

      :陶芸後、「訪問」。湿疹ほとんど治癒。テレビ‘相棒’が好きなので見せた。

次回:‘引きこもり’
次次回:思い出の風景
[ 2019/06/02 07:34 ] その他 | TB(-) | CM(-)