FC2ブログ







ドクター H

群れを嫌い、権力を嫌う、叩き上げのはったりと度胸で即座に診断を下す自信過剰な一匹狼。
ドクター H。( H なドクターにあらず )

患者:後期高齢者、男性。
最近、いつも心臓がドキドキしていて何となく気になる。痛みはない。動いた後は特に。
静かに座っていても、横になってもする。おかしい。5年位前、歩行中に発作性上室性頻拍
で倒れ、救急車のお世話に。心臓のカテーテルアブレーション手術を受ける。


その時の脈拍は180位、通常の2倍半近く。それ以来出ていないがもしかしてその関連の症状か?
そこでドクター Hが診断した。幸いその時に購入した携帯型心電計がある。早速50秒間測定。
そのうちの一部を。

20191030Hの心拍図(家庭測定)-1
  (以下、同じような波形が続いている)(波形はP波に始まり、T波で終わる)(P波は心房の興奮の始ま
   りから終わりまでを表す。QRS波は心室の心筋が興奮する波形、T波は心室の興奮の回復過程を表す)

QRSの一連の波の間隔が一定ではない。波形が上室性期外収縮のようでもある。これは高齢者に多い。
またQRS波が立ち上がる部分にデルタ波のようなものも少し見られ、WPW症候群のようでもある。これは
発作性上室性頻拍と深い繋がりがある。心房細動、心房粗動、心室頻拍、心室細動、洞機能不全、房室
ブロック、脚ブロック…ではなさそう。上室性期外収縮の可能性が高い。これは過労、睡眠不足、ストレス、


飲酒、過度の喫煙、コーヒー紅茶の飲みすぎ…などが原因と言われているが該当しないように思う。
4年半前にやったアブレーション手術は大体5年位はもつそうだが、 ちょうど5年経過、刺激伝導系
がおかしくなってきたかな?期外収縮は一般的に治療の必要のないものが多い。正直言うとドクタ
ー H はあてにならない。近々、本物のDr X に診て貰おうかな…。1000万取られると困るが。
(これ以上、薬を増やしたくない!現在10種類、異常だな。ドクター Hの判断で2種類やめている)

11/8 日記:庭の剪定に業者入る。今年は少し遅くなってしまった。
     今日の夕食献立:ビスク鍋(鶏もも肉150g、キャベツ200g、玉ねぎ100g、しめじ50g、
                      ブロッコリー50g、牛乳400cc、ビスク鍋の元/無印)

11/9 日記:睡眠の質100%初達成。いつもと違って寝入りばな1時間後の覚醒がない、
     この時間帯の睡眠が最も大事らしい。6時頃トイレに起きている。
     (就寝11時半、起床8時。この歳で8時間以上寝てるんだ~これって寝過ぎ?)
      Screenshot_20191109-085006.png

次回:11/10 ‘いでたち川コンサート’

[ 2019/11/08 08:10 ] その他 | TB(-) | CM(-)