FC2ブログ







「自分らしく生きる~看取りについて考えよう」

標記のタイトルで医療講演会があったので行ってみました。(湘南鎌倉総合病院 公開講座/ 鎌倉芸術館)
行こうと思ったきっかけは「自分らしく」…とは?、「看取りとは具体的に何?」…を知りたかったから。

・「自分らしく生きる」とは?…例えば絵を描くのが、本を読むのが、写真撮影が、歴史散策が、音楽鑑賞が、
  園芸が、カラオケが、陶芸が、庭仕事が、ゴルフが、散歩が、歌うことが、人との談笑が…好き。また
  何かにつけての対処の仕方、大げさに云えば‘自分流の流儀’、「あの人らしいな」人にこう言われる
  …ならこれらが‘自分らしい’ということではないか?…これについての説明はなかったが僕はそう思う。

・「看取る」とは?…一般的には‘臨終に立ち会う’ことかと。しかし本来の意味は、‘寄り添い、介護・
 世話をする’ことだそうです。だとすると、最後の最後の一点ではなくそこへ行くまでの世話をする
 プロセスのような気がします。

・こうだと分かると、看取りのことなんて聞きに行くのまだまだ先のこと、早いとは思ったが、聞いてよかっ
 たと思う。余り期待していなくても一つや二つ、何か得ることはあるものだ。暇があれば運動がてらどん
 どん出かければいいと思った。以下、講演の内容抜粋。

・「2025年問題」=4人に一人は後期高齢者、10人に1人は認知症。
・どう生きて行くかは自分の選択→自力を通すか、自宅で各種サポートを受けるか、施設へ入るか。
・「意思表示書」(リビングウイル)…どんなことをしても生きながらえたいか、ほどほどで良いか、など
 を残された家族に示しておく。ここに‘自分らしさ’が出る。

  リビング・ウイル書式-1
   (右クリックで‘画像保存’し印刷可能)
   (夫婦共々以前に作成し子供たちにも周知させています)

・統計:自宅で療養したい…60%、最後まで自宅で療養したい…10%。最後までは無理だろうと
    考える人が大多数だがそれが可能な時代になってきているとか…。各種サポートの利用で。
    昔は自宅で看取られる人が多かったが、今は逆転。病院が圧倒的に多い。介護する人の高齢化
    や一人住まいが多くなったことによる。寿命が伸びたのは喜ばしいことだが反面、昔なら出ない病
    気が高齢化に伴って出てくる。大した病気でないならいいがつらい、つらい病気なら、寿命が伸び
    たことによる恩恵も考えもの。だけどまあそうなっちゃってるんだからしようがない。

・訪問看護…体調管理、医療処置、リハビリ、日常生活支援(入浴、血圧ほか)、終末ケアなど。
        訪問看護ステーションに相談。通院できない人でもOK.。介護保険使用。

・訪問診療…通院できない場合に個別契約、7~8千円/月2回(例)。往診とは違う。まだこれをやってくれる
        クリニックは少ないが次第に増えてくるだろう。

訪問看護と訪問診療のセットで‘最後まで自宅で’の可能性は出てくるが‘寝たきり独り暮らし’の場合は難しい。

11/15 日記:・4日前に作ったビーフシチューやっと無くなった。美味しいけど多すぎる。冷凍すれば良かった。
      ・今日のレシピ(さつまいもと鶏肉の照り煮/ さつまいも160g、鶏もも肉120g、小松菜30g、人参10g、
       粉20g、タレ80g)
       ・ブログ画面左側カラムの文字色を目立たないものに変更。
        (スタイルシート編集画面 a:Link、a:visited のカラー#F0E68C→#666666へ)


11/17 日記:モーツアルト愛好会コンサート。いつもの目の前2mのかぶりつきで堪能。演奏者も讀賣日本
       交響楽団コンサートマスター、N響主席奏者、東京都交響楽団主席奏者など名手揃い。
         ・モーツアルトヴァイオリン・ソナタ ホ短調…感情の最も深い奥底から滲み出るような寂寥感。
          母の死、人生で最も真面目な失恋、就職の失敗などモーツアルトの人生のどん底で作曲さ
          れた名曲。こちらももの悲しい気持ちに…。

           
           (参考)イングリッド・ヘブラー(Pf) 、ヘンリック・シェリング(Vn)
                ピアノを楽譜で追ってみて下さい。

         ・ピアノ四重奏曲第1番 ト短調
         ・シューマン ピアノ五重奏曲 変ホ長調…シューマンの室内楽の最高傑作。ピアノと4つの
          弦(第一ヴァイオリン、第二ヴァイオリン、ビオラ、チェロ)との対峙、ピアノ協奏曲のような
          室内楽的でない迫力あるものだった。(ピアニストにとってシューマンは弾きにくいとか)

11/18 日記:今日は定期受診日。いつもの尿・血液検査(BUN、CRE、TG、LDL、IgG、ASTが基準値外)。
       7週間分の薬をわんさと抱えて帰宅。1割負担で48,807円。遺伝子組み換え免疫抑制剤
       が28000円と圧倒的に高い。指定難病受給者証を貰ってなかったら真っ青なところ。だけど
       今まで何もなしで払いに払ってきた保険料を取り戻しているだけだ。
       12/3は待ちに待ったPET検査。どう出るか。すっかり治ってることを期待しよう。

次回:女優 八千草薫の言葉
[ 2019/11/15 08:13 ] その他 | TB(-) | CM(-)