FC2ブログ







同盟軽視 〔Ⅰ〕

次回:思案中としたがまたまた‘超硬い’お話。多分、興味をもってくれるのは N F さん位のものか?
それでもいい。あなたは家族の安全を他人に託すことを良しとしますか?他人とは警察のことでは
ない。やはり‘自分の身は自分で守る’…というのが基本じゃないか?僕なんか以前から木刀1本

と護身用短刀(本物)を所有、木刀は枕元に置いてある。いざという時には応戦しなきゃならない。
警察もその時には間に合わない。何年か前に1回木刀を持って外へ出たことがある。この時は近所
の子供を守るためだった。幸い使わなくて済んだが。要するに自分達の身は自分達で守らなきゃな


らないということである。さて、個人の話はさておき、国家レベルではどうだろう?日米同盟のことで
ある。(短刀は守り刀としてワイフが結婚の時に親から持たされたもの。古式に則った考えか?びっ
くりした。死んだ時、掛け布団の上に鞘を頭の方に、刃を足の方に向けて置く。枕元に横に置く場合
は武家式。しかしその場を想像するとすごい!の一言だね。ワイフの時、そうしてやろうかな?)

20200203-P4440009.jpg

数年前、夜中の11時ころ2階で寝ていた時に階段をミシミシと誰かが上がってくる音がしたのでドアの
ノブを握って待っていたら音が止まったのでいきなりドアを開けて大声で「何をやっている!!」と怒鳴
ったら侵入者は驚いた様子で階段を駆け下り逃げて行った。それ以降枕元にはゴルフのパターを置い
ています。続きを楽しみにしています
」 / N F さん。

…そうですよね。物騒な世の中だからね。

2/4 日記:今日の献立。若鶏ささみ黒酢南蛮。…使用する油が多い(大さじ5杯)のが気になる。

さて本題。日米同盟。日本からしかけた無謀な戦争に負けた。そしてGHQによるお仕着せ憲法
を与えられ、全国に基地や米軍専用の飛行空間をとられた。これは仕方ないと思う。何故なら
負けたんだ。この程度で済んで良かったのかもしれない。最悪、アメリカ合衆国の一つの州に


なっていたかもしれない。その後、安保条約、地位協定を結んだ。米国とソ連が冷戦状態の時
は米国にとって日本は役に立つ存在だったと思う。冷戦が終わった今、トランプ政権下での
安保条約の存在は不安定になってきている。トランプ曰く「米国が攻撃されても日本は我々を

全く助ける必要がない。彼らができるのはソニーのテレビでその攻撃を見ることだ」。北朝鮮の
ミサイル発射に対して「短距離ミサイルは問題ない。これはシンゾーの領域だ」…と言った。米
国までは届かないからだ。要は北から日本に核弾頭ミサイルの攻撃があっても米国は関係な


い…と言っているのだ。しかし日本は核を持てない。もし北が暴走して同時に日本の各地を
同時攻撃したら日本はひとたまりもない。壊滅する。わらをもすがる思いでアメリカに頼るし
かないのだ。防衛力の強化を計り米海軍の最新空母を造るとしても一兆四千億円もかかる。

借金漬けの日本、できる訳ない。イージスアショアを日本各地に造るとしても地方都市の反
対が強い。そりゃそうだろう。こんなもの作れば真っ先に攻撃の目標になるからだ。ミサイル
を沢山用意し、核弾頭を付けるか、これもできない。一体どうすりゃいいのよ~~。


「極めて単細胞のわたしですが、日本がとる手は一つ。平和を入手するには中途半端な武器は持たない。
防衛費ゼロとし、その費用を世界で起きている災害、人命救助、自然環境改善など日本の高度な技術を
駆使しどの国よりもいち早く駆け付け支援する。<今回のコロナウィルスで中国にマスクを桁外れな数量
を送って、多数の中国人からお礼と尊敬のメッセージか来ていることを考えれば、世界の誰でも助けられ
て銃を向けてくる者はいないと思う>、中村哲さんのような日本になれば世界から尊敬される日本になる
と思うのですが????考えが甘いですか?」 / N F さん。

いや立派な考えです。…しかし。どんな国民であろうが個人間の善意は信じます。だけど国家間
  の問題になると話は別です。善意などというものは国家の野望・利益・権益の前には力を持ちま
  せん。裏切りは平気です。過去の歴史で国家間不可侵条約が突如ただの紙屑になった例は枚
  挙にいとまがありません。話し合いは通じず最終的には武力(暴力)の世界です。これがパワー
  ポリテイクスの現実でしょう。言うことを聞く可愛いやつには善意で報い、言うことを聞かな
  いやつにはいじめ・いやがらせ・報復。極めて冷徹な世界です。‘いい個人’が組織では
  ‘悪い個人’になり得ます。


国家とは何でしょうか?個人との関係は何でしょうか?難しい問題ですね」 / N F さん。

…そうですね~。いかなることがあろうとも国家は国民を守る義務と責任があるということです。
  想定外は許されません。仮想敵国に対して一刻も油断はできないと思います。憲法改正
  問題でも‘まだ国民の機が熟していないから…’なんてことを言っている場合ではないと
  思っています。ほとんどの国民は何も考えておりません。日々を享楽していたり、生活で
  一杯なのですから。(上から目線ではありません)

2/7 日記:20号 30%ほど出来。これからが大変。湖面に映る多数の樹木を正確な位置関係で。延べ13時間。
     今日の献立:牛肉とれんこんの和風甘辛炒め。

続く。2/8 〔Ⅱ〕へ

次回:2/8〔Ⅱ〕
次次回:陶芸2態
[ 2020/02/04 07:58 ] その他 | TB(-) | CM(-)