FC2ブログ







あしたも晴れ「人生レシピ」

先日、テレビであしたも晴れ「人生レシピ」を見た。医師の鎌田實、逆境を乗り越える
ヒント、‘にもかかわらずで生きていく’。なるほど。一見、順風満帆に見える人でも
実は裏にいろいろ問題をかかえているのをあらためて実感。以下概要。

‘にもかかわらず’がパワーの原点。…こんなハンデイキャップをかかえている
 にもかかわらず、こんな病気をかかえているにもかかわらず、こんな生活苦を
 かかえているにもかかわらず、黙って一生懸命頑張っている人達がいる。

・しかし、何をするにも‘楽しむ’ということ。‘楽しめる’ということ。つらいことでも
 苦しいことでもそれがルーチンワークとなってしまえば苦にならない。その内、
 それをやることを通じて達成感が得られ、楽しくなってくる。人生、四住期あり。
 この年令は‘遊行期’。‘遊び’に‘行く’…という気持ち。

・‘誰のためにやるのか’…弱い人を助けるためなのか、身内を助けるためなのか。

・途中で決して投げ出さない。また頑張りすぎない。しかし悩んでもいい。

本人らしさを取り戻してほしい。…しかし小生思うに‘本人らしさ’とは何か、個性?

弱い人のことを忘れるな

・『学生期』で学び『家住期』で働き、家庭をつくり、子供を育て、人生のクライマックス『林住期』を迎える。
  「古代インドでは人生を4つの時期に区切る。
  「学生期」(がくしょうき) 0~24歳
  「家住期」(かじゅうき) 25~49歳
  「林住期」(りんじゅうき) 50~74歳
  「遊行期」(ゆぎょうき) 75~90歳
その中で「50歳から74歳までの『林住期』こそ人生のクライマックス・・・と。

おもしろ川柳。読んで思わずクスリ、ニヤニヤ、なるほど、自分に思い当たるところ相当あり。
私も川柳にはいろいろと興味があり、昔は生保のおばちゃんから、よく年ごとのサラリーマン
川柳集をもらってはよく読んでいました。今は毎週金曜日のNHKラジオ深夜便の「ボヤキ川
柳」を昼間時間が有った時、パソコンで「聞き逃し」を検索して聞いています。興味がありまし
たらご参考まで
」 / コバさん。…これは前々回の‘面白川柳’のコメントです。

…書き込みありがとうございます。以前はほんの少し俳句をスタートしましたが
 味のあるものができなくて止めてしまいました。その点、川柳はいいですね。
 やってみようかな?頭の体操になりそうですね。

5/8 日記:施設へ。定期便と差し入れ持参。5900歩。途中何年ぶりかでテニス仲間だったN夫妻に会う。
    なつかしく暫く歓談。‘犬も歩けば棒に当たる’、出かければ何かいいことがあるものだ。

5/9 日記:今日は閉じこもり(1ヶ月ぶりの掃除)。夕食献立:牛肉じゃが。

次回:読後感

[ 2020/05/08 07:03 ] その他 | TB(-) | CM(-)