FC2ブログ







この国の奥ゆかしさ

日本は古来、余り他人にきつく当たったり、けなしたり、おとしめたりすることを
潔しとしないすばらしいDNAを有す。このことが最近いかんなく発揮されている
ことがある。今に始まったことではない。中国という国に対する政府の態度であ

る。総理大臣から国民に至るまでほとんどすべて。‘お上’がもの言わないし、
マスコミもはばかって余り大きく取り上げないから国民まで知らん顔である。
声高に叫んでいるのは一部の有識者にすぎない。内心忸怩たる思いを持って


いる政治家はいても立場上余り大きな声を出せない。なんということだろうか。
一国に対してこんなに‘遠慮’しなければならないのか?企業経営者は目先の
売上、コストばかりを考え、国の将来への洞察などどこ吹く風。嘆かわしい限り

である。このまま行くと孫の世代、その先はどうなるだろう?老い先短い老人の
義憤である。中国と書いたが正確に言うと中国共産党に対してのことである。
今日の新聞でトランプ政権が中国に対する大々的な制裁措置を打ち出した。


やった~!!拍手大喝采である。トランプはなんだかんだ問題はあるがやはり
ここは悪ガキトランプでないとできない‘おくゆかしさ’とは程遠い大技。もっとや
れ!だ。日本も少しは見習えよ!…と言いたいが逆立ちしても到底無理だろうね。

日本人は人がいい。閉ざされた列島の中で外国から侵略されたこともないので
危機感はない。そしてオモテウラがない。比べて中国はしたたか。微笑の影に
潜んでいる牙を見抜かねばならない。お人好しの政治家・外交官などイチコロ。

何千年の歴史の中で培われてきた覇権志向。彼らは何十年、百年単位でものを
考える。そしてそれが脈々と受け継がれていく怖さ、凄さ。決して信用してはなら
ない。そのことにようやく気がついてきた諸外国が出てきた。よいことだと思う。

日本も中国に大きく片寄ったアウトソーシングを揺り戻さねばならない。首根っこ
を抑えられ輸出規制をかけられればひとたまりもない。今回のことでよくわかった
と思う。喉元すぎれば…でまた忘れてしまうバカだけはやってはならない。

(中国政府および政府の役職を持った中国人に対してのことで、一般の個人に対
 するものではありません。誤解なきよう)

5/31 日記:施設へ定期訪問。まだ面会はできない、もう少し。いつもの
       手紙・写真とおやつ持参。前回はみたらし団子を持参したが
       注意された。詰まらせたり、誤嚥の心配があるとか。

Harryさんはよく頑張っておられるね!!と話し合っています。また、奥様に定期的に
 手紙を届けておられる様子、感心しています。施設で受け取られるお手紙、どんなに
 か励みになっていることでしょう。合わせて、Harryさんご自身、そうすることで穏やか  
 な気持ちになったり、平静さや安心感を得ておられるのかナとも思っています  
 "受けるより与えるほうが幸福である" と聖書にあります。与えて幸せになれるって
  …いいですね。間もなく面会ができるそうですがお二人とも、とっておきの良い笑顔
 でお会いできるといいですね。どうぞ、お体ご自愛ください
」 / KEIKOさん。

     …暖かい励ましの言葉ありがとうございます。嬉しいです。

      :以前居たあすなろ混声合唱団のToccoさんが送ってくれました。
       オンラインでの合唱の練習です。覗いてみて下さい。
       週間あすなろ通信オンライン#1

       https://youtu.be/VkYYuawjm5U

   6/1 日記:定期受診外に急遽受診。薬を減らしすぎたか?プレドニン1→5mgへ。
      →6/2は飲んだが明日以降思案中。半分にしようか。自己判断。先生は
      3でどうかと言った。5だと先が長い。‘落ち着き先’を探るのが中々難しい。

      :自粛解除でわんさと。これらを見ていると、日本人特に若い層に我慢強さ
       が欠けていることを感じる。そうだろう。今まで何も気にせず自由気ままに
       享楽してきたのだから。平時はいい。いざとなるとたちまちひ弱さを露呈する。

6/2 日記:今日は歩こうと思ってはいたが余りの暑さにやめ。熱中症にでもなったら大変。
       かなり運動不足になっていること自覚。軽いスワットを少しやっている。
      陶芸仲間のT氏がしじみの佃煮を作ってくれ、先生が持って来てくれた。感謝。
[ 2020/05/31 07:06 ] その他 | TB(-) | CM(-)