横浜三渓園夏の古建築公開(1)

横浜開港150周年記念‘夏の古建築全棟一挙公開’。年に一日しかないイベントが8/1~8/16まで2週間にわたり公開されています。暑い中、全15棟のスタンプラリー汗だくで回ってきました。3時スタート、公開終了時刻4時半まで所要1時間半。全部で20枚ほど出したいと思いますが今日はまず入ってすぐ右側にある原三渓と家族が住まわれていた‘鶴翔閣’(かくしょうかく)です。(日没からのライトアップ撮影は中止。大池の周りにしか入れずライトアップされた建物の側までは行けません)

室内から前庭をのぞむ(ガラスは昔のものでガラスに顔を近づけて見ると景色がひずんで見えます)
090803三渓園(鶴翔閣)
090803三渓園(鶴翔閣)

建物の中にある蔵。三渓が蒐集した美術品を保管していたもの。
090803三渓園(鶴翔閣)
[ 2009/08/03 21:47 ] 歴史建造物 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する