国宝瑞龍寺

国宝 曹洞宗高岡山 瑞龍寺:加賀藩前田家の菩提寺。大大名にふさわしい規模で、五重塔こそ無いが正に
‘ミニ法隆寺’を思わせる威容を誇る。(富山県唯一の国宝)(富山県高岡市)

100604高岡市瑞龍寺
(上:山門/国宝)
100604高岡市瑞龍寺
(山門両脇の金剛力士。左の仁王様は‘白内障’がかなり進んでいます)
100604高岡市瑞龍寺
(上の山門をくぐると、仏殿/国宝…総檜造)
100604高岡市瑞龍寺
(選佛場…座禅修行の場。一番奥の‘法堂’の中、周囲の回廊とつながっています。禅堂/重要文化財)
(僧侶達の居住空間。枕側を頭に布団類が収納されている方に足を入れて寝ます。座禅三昧の
 日常だそうです。正に‘起きて半畳、寝て1畳’の世界。この右の方に‘かまど’がありました。)

100604高岡市瑞龍寺
(周囲の回廊…周囲の三方を巡る、法隆寺のそれによく似ています)
100604高岡市瑞龍寺
(一番奥の‘法堂’(国宝)を背にして。右は‘仏殿’。正面は回廊。雪国にふさわしく法隆寺にはない‘雨戸’が設けられている)
(次回は‘日本丸総帆展帆’)
[ 2010/06/13 07:00 ] 神社・寺院 | TB(-) | CM(-)