地域史跡めぐり(2) 

7/29の(1)の続き。今回も余り興味がわかない
テーマに付きご勘弁。2~3日の辛抱。
100716小菅ヶ谷散策
(小菅ヶ谷の名主、梅沢家の墓地入口を守る地蔵尊、光のスポットライトを浴び一寸いい感じでした)
100716小菅ヶ谷散策
(同じく、石仏群…手入れがされてなく草ぼうぼう。一寸淋しいね。)
100716小菅ヶ谷散策
(享保10年頃の木曽石仏、力石など…工事により元の場所からここへ集められたもの。
 こういう小さな石仏は元の場所が中々わからなくなってきているのが実情)
(力石で昔、近所の男達が力自慢を競い合った)
100716小菅ヶ谷散策
(‘いぼとり地蔵’…昔、いぼができると石を借りてきて治ると石を倍にして
  返したと伝えられている。横浜市で最も古い地蔵と言われている)
(次回は‘等々力渓谷(2)’)
[2010/08/07 23:00] 石造物 | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する