陶芸 

作品2体。土は赤7号。いびつなところが~また?…釉薬のつき具合は?~。10年ほど前にロクロを備え少しやったの
ですが長らく中断していました。やっと再開。1年後(11月)の目標は高さ45cmの ‘縄文火焔土器’です。4,5千年も前に
こんなすばらしい芸術的なものを作っていたなんてほんとに驚きです。
101212湯呑
正月や 利九碗茶の 旨さかな …馬笑)
(一服のお茶が格段においしいです。‘利九茶碗’○○○年後、‘お宝拝見’?)
(解説:あやかりて‘利九碗’と命名、ようやるよねえ~。孫に‘おじいちゃん!おふざけはやめなさい’…といつもいわれ
ています)(偉そうにタイトル陶芸としましたがまだ‘芸’の内に入ってません)

次回:古民家…栄区の本郷ふじやまにあり、江戸時代の庄屋の家。あたりは静かな雰囲気でgood。第一水曜日が休み。
[2011/01/04 10:00] 陶芸 | コメント(-)