ソレイユの丘のお花達(1) 

221515ソレイユ
(菜の花満開)
221515アーモンド
(桜じゃないよ~アーモンドの花だって!初めて見ました。皆さん知ってました?)
「春らんまん ピーヒャラピーヒャラ ソレイユの丘」
221515アーモンド
(アーモンドの木は3~4月に満開→花が散る→ガクが残る→5~7月ガクがとれ実だけが残る→8~9月に木をゆすり落下させて
スイーパーという機械で実を集める/自然落下はしない…とのこと)
221515ソレイユ
(ユリオプスデイジー…というそうです)
 南アフリカ原産の常緑低木です。生長すると茎が樹のように茶色くごつごつした姿になります。葉は羽状に深く切れ込んで表面に
柔らかい毛が密生し、灰白色に見えます。冬~春の花の少ない時期に一重の黄色い花を咲かせます。花径は3cm-4cm、花茎を15cm前後
伸ばして先端に1輪をつけます。日本へは昭和40年代に渡来し、鉢花として普及しました。性質強健で、寒さにも強いので平地や暖地
では露地で低木状に茂った株もよく見られ、生垣にも利用できます。ユリオプスはギリシア語で「大きな目をもつ」の意で、花姿に由来します。
(引用)
221515ソレイユ
(西洋たんぽぽ?…これがよくわかりません。教えて~。この中にありませんか~?)
西洋たんぽぽとの違い、見分け方…西洋たんぽぽは花弁の数が多く、ガクが下に垂れ下がっているが日本たんぽぽは花弁が少なく
またガクは上に密着している。日本たんぽぽは数が少なくなって来ているとか)
[2011/04/07 08:00] | コメント(-)