第9回すずらん絵の仲間展

221721アースプラザ全景
(芸術村、栄区を象徴する立派な‘箱もの’)

お蔭様で延511名のご来場を頂きました。まことにありがとうございました。
221721リリス入口
(この入口の奥の突き当りがギャラリー)
221717仲間展
(右から二つ目は先生の抽象画20号‘海’/ミクスト・メデイア…水彩、パステル、アクリル、鉛筆、油、?
…など少なくとも5種類以上のメデイアを使ったものをこう云うそうです)
221715絵の仲間展
(寄せ描き:タイトルは‘BIG’…中には余りビッグでないものも~~)
(いつもこのようなコラボを作っております)(入って右側より順次、作品をご紹介します)
221717仲間展
(海外旅行通の行動派です)

(上の写真の左の方にマウスのカーソルを乗せてみて下さい)
(播本 洋さんの作品)(マットはすべてカラーに。ひょっとして目立ちたがり屋?)
(‘水のいのち’…2011/2/27‘あすなろ混声合唱団に参加して歌いました。その印象をイメージして描いたものです/於:鎌倉芸術館
…クリックするとその時に録った録音音声が出ます/音質が余り良くありませんが…)

‘水のいのち’…の左部分は立ち枯れた冬のイメージ、右側は芽吹き始めた春のイメージ、共に明け方のうす暗い時刻。
真ん中から向うにはぱっと明るい陽光の世界が広がっている。この大地・大気の空間を‘水の魂’が行き交っています。


 高田三郎作曲、高野喜久雄作詞、「水のいのち」:
〔1〕雨…降りしきれよ、降りしきれ~♪すべて立ちすくむものの上に~また横たわるものの上に~♪
〔2〕水たまり…くぼみに溜まる水たまり~♪流れるすべも目当てもなくてただ黙っているほかはない、どこにでもある水たまり~♪
〔3〕川…よどむのいらだち、は山に焦がれ、切り立つ峰に焦がれるいのち~♪たかみに焦がれるいのち~♪
〔4〕…う~う~う~、すべての川はみな、そなたを指してつねに流れた~♪そこに沈むべきものは沈め~♪
〔5〕海よ…海の不可思議、くらげは海の月、ひとでは海の星、海ほたる空に焦がれ、あこやを♪
   のぼれ、のぼれ、のぼり行け、♪お~お~~♪ (5曲構成、約20分、ブルーで表示した‘キーワード’はすべて絵の中に入れました)

もしお時間ありましたら2月に行いました‘あすなろ混声合唱団発表会’の風景をご覧下さい。

221714仲間展・A・Mさん

(続く)
[ 2011/06/10 17:00 ] 個展・展覧会 | TB(-) | CM(-)