FC2ブログ







麗筆書遊会

3/5から1週間、桂台さくらギャラリーでN洋子先生主催の仲間展が開かれています。数点紹介します。
231416麗筆書道会
231416麗筆書道会
(コーラス仲間、鳴島氏の作品、中々見事なものですね。何かあると書いて貰っています)
(字がきれいというのは得ですね。特に女性の字の場合、どんな素敵な人だろう、…と思いが巡ります)

(下の写真の上にマウスのカーソルを乗せてみて下さい。全部読むのはなかなか難しい~~)

(先生の作品。左は‘游心翰墨’(ゆうしんかんぼく)と書いてあります。‘游心’の意味は「俗世間から
 離れ、何ものにも束縛されることなく、おのが欲するままに心静かに生活する」(広辞苑)ということ
 。それと、‘翰墨’は‘筆で心を遊ばせる’という意味だと伺いました)
(簡単に云えば、‘筆三昧で心静か’…ということでしょうか?)

(右は若山牧水の‘酒のうた’。右より、春、夏、秋、冬)

231416麗筆書道会
(賛助出品)
231416麗筆書道会
(これは以前、小生病気退院後、麗光先生から頂いたもの。年輪を重ねた身体と心にはいろんな‘塵’が
 溜まっている。それを払いなさい…ということでしょう)
‘塵’とは?:
  ①心に溜まったちり…人間関係のしがらみ、思い込み、とらわれ、恨み、怖れ、ねたみ 
  ②身体に溜まったちり…メタボ、血管にこびりついたコレステロール?
  ③身辺に溜まったチリ…家庭内の不要品
  …などであろうか?これらのことを追い払うには相当思い切ってやらねば…。特に①
   は一番難しい。
   
次回:3/9いたち川の雪景色
[ 2012/03/08 08:00 ] 個展・展覧会 | TB(-) | CM(-)